html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

介護士の僕が経験した副業(Wワーク含む)6つ!


スポンサードリンク

スポンサーリンク



f:id:yubayashi88:20190318211446p:plain

介護職は副業なしで生活を維持するのが難しい

介護士のお金の悩み

  • 介護士だけど給料が少なすぎる…
  • 昇給少ないから副業始めようかな…

「なんでこんなに大変なのに給料が少ないんだろう」」というのは介護士のほとんどの人が思うことではないでしょうか。


全産業に比べて10万円ほど月収が少ないというデータがある介護士は生活するのもやっと。


かく言う僕も9年ほど介護業界にいるので低収入です。なので生活費や一時的にお金が足りなくなった時は副業をして凌いできました。


今回は31歳介護士の僕が今まで経験してきた副業を紹介します。介護士という仕事を踏まえながらオススメできるものも挙げていくので、本業以外で収入を得ようと思っている人は参考にしてみてください。


ちなみにここで言う副業は、Wikipediaさんに載っている通り事業所得や雑所得以外のアルバイトも含んでいます。いわゆるWワークってやつですね。


「アルバイトを本業にしている人もいるんだから、アルバイトは副業ではない!」という方はすみません。


では行ってみましょう!

放課後デイサービス

f:id:yubayashi88:20190319065210p:plain

放課後デイサービスのバイトは福祉大学時代からやっていて、社会人になって少しだけ勤務していました。障害分野に興味を持つきっかけになったので非常に思い出深いバイトです。


介護と似ているので非常にやり易いですし、子どもと遊ぶのは単純に楽しいです。ここで放課後デイサービスを知らない方のためにちょっと説明しますね。

  • 放課後デイサービスとは

6歳〜18歳までの障害(身体、知的、発達)を抱えた子どもが、学校終了後や休みの日に療育や居場所機能を備えた福祉のサービスを受けることを言います。


障害児の学童保育とも言われており、個別療育や集団活動を通じて家や学校以外で居場所や友達を作る目的があります。


働く職員はサービスを利用する子どもと同じ時間を過ごします。基本的には楽しく遊びますが、同年代との子供との接し方を教えてあげたり音楽療法や個別療育をすることもあります。

  • 子どもが好きならオススメ!

福祉大学時代から今も続いているくらい楽しいですね。


勤務時間は平日は大体13:00〜17:00で、休日や夏休みなどの長期休みの日は朝から夕方まで勤務することが多いです。


本業が日中勤務の時はシフトに入れないので、休みの日と、平日は夜勤明けで少し寝て午後から出勤というパターンでした。


時給は1,200円とやはり福祉系バイトの時給は高いですね。他の求人を見ても1,000円前後なので平日の短い勤務時間でも結構稼げると思います。


僕はある程度の休みが欲しいのでせいぜい5万円くらいでしたね。

1ヶ月で5万円でも増えると世界が変わります。

平日は民間の多目的室などを借りて音楽を演奏したり、ダンスしたり、公園で遊んだり。工作などのもの作りも積極的にやっています。


定期的にダンスの発表会があったのでその時の練習には力が入りましたねー。メインは子どもなのですがめっちゃ緊張しました笑。


休日は外出支援が多く、車や電車、バスを使ってガイドブックに載っているような観光施設やレジャー施設で1日遊びます。


基本は楽しいので大変だと思うことはあまりないのですが、大変なことを挙げてみます。

大変なこと

  • 子どもの体力が底なしなので体がついていかない時がある
  • 子どもがパニックになると突発的な行動に出るので緊張する
  • 親からのクレームがたまにある

こんなところでしょうか。子どもな元気に付くと体がヘトヘトになりますね。発達障害の子は多動であることが多いので余計かもしれません。


ただ、基本的には子どもとマンツーマン対応ですし多くても2、3人なので危険とかそういうのは滅多にないですね。


あとはたまーに親からのクレームがあります。本当に稀なのですが、お子さんを大切に思っている証拠だと思って真摯に受け止めるようにしています。

  • シフト制の介護士には◯

介護士は平日休みが多いのでバイトに入り易いかと思います。休日休みであれば終日の勤務でガッツリ稼ぐ事が出来ますね。


また、相談員やデイサービス職員など月〜金で仕事をしている人は土日に勤務が出来るので都合がつけ易いでしょう。


春休み、夏休み、冬休みの他、お盆やゴールデンウィークなどはさらに仕事が増えるのでシフトに入れないことはないと思います。


介護職、介護職以外にもオススメできるバイトなので興味を持った方はぜひ。

引っ越し

f:id:yubayashi88:20190319080945p:plain

力仕事でキツイというイメージのある引っ越しバイト。短期間でガッツリ稼げるというのでやってみました。

blog.tsumoriwww.com

詳細は上の記事に書いてあるのですが、繁忙期だった3月にトライしたもののメチャ楽だったっていう笑。たまたまでしょうね。


その後も何度かやってみましたがそれなりにキツかったですね。引っ越しバイトはすぐにお金が必要な時だったので、すぐに辞めちゃいました。


求人媒体は色々悩んだ挙句、ショットワークスという1日単位で出勤できる所にしました。


シフト制のところもいいのですが、本業で疲れた時とか予定が入った時に対応できないので、その点ショットワークスは便利。


仕事前日の夜までシフトに入るか迷う事が出来るのはかなりありがたいです。本業でもシフト表見てるのに、副業でもシフト表見ると「「うわっ仕事入ってるよ」って思うんですよね。自分で入れたにもかかわらず笑。


でも1日単位で前日だからシフトに入れないということはなかったですよ。引っ越し会社曰く「人手が多くて困ることはない」だそうです。


引っ越しは時間に囚われず、体を動かす人が好きならオススメできるアルバイトですね。

倉庫作業

f:id:yubayashi88:20190319155059p:plain

またもや力仕事です。倉庫内にレーンがあって大手衣料品会社の服が入った段ボールを店ごとに分けていくものです。


時期によって量や入っているものが違うのでダンボールの大きさや重さはバラバラです。繁忙期は冬で派遣の人が大量に来るほど人手が足りないみたいでした。


なので冬は毎日のようにシフトに入れるけど、夏はあまり入れないといった感じでした。でも多分毎日でも働けたと思いますね。


このバイトはキツい時はめっちゃきついですが、楽な時はめっちゃ楽でした。日によって倉庫に運ばれてくるダンボールの量はまちまちで、運ばれてくる時間もまちまちです。


つまり、トラックが到着しなければ待機という名の休憩になりますし、トラックが途切れなければ機械のように段ボールを運びまくります。


出勤した日が当たりかハズレかによってだいぶ疲労度が違いましたね。たまにフォークリフトの運転をする事があるのである意味その時間は休憩でした。


なんだかんだシフトに入れる日が多くて長時間勤務ができるという理由で2年くらい続きましたね。


働いている人は変わった人が多かったですが、力仕事特有のドロッとした人間関係はなかったので楽でしたね。テキトーですし笑。


単純作業が苦手な人にはお勧めできませんが、接客をあまりしたくない人にとっては精神的に楽なバイトでしょう。

居酒屋のキッチン

f:id:yubayashi88:20190319161119p:plain

アルバイトの王道、飲食店。


賄いとか食べられるから好きなんですよね笑。大学生の頃はバーミヤンのキッチンでチャーハン作ってましたから笑。


ということで学生の名残で居酒屋のキッチンに入ってみたんです。しかもオープニングスタッフで。


当時は27歳くらいだったでしょうか。周りは高校生や大学生ばかりで若干ノリについていけなかったですが、若い頃を思い出すようで楽しかったです。


ただ、居酒屋ということで勤務終わりが深夜2時とかになってしまって体的にはキツかったです。


次の日が休みだといいのですが、次の日に本業があってもシフト入れちゃってたのでそれがダメでしたね。しっかりシフト管理できれば時給も良いのでありだとと思います。

ブログ・アフィリエイト

f:id:yubayashi88:20190201074910p:plain

ここからはアルバイトというより個人事業主の働き方です。時給ではなく成果報酬といったイメージで構わないですね。


ブログ、アフィリエイトとは何かというと、まさにこの記事のことです。この記事を読んでくれた人が広告をクリックしたり、クリックした商品の購入やサービスの会員登録をしてくれると収入になるという仕組み。


「広告をクリックして貰えばお金もらえるなんて簡単じゃん」と思うかもしれませんが、これが難しいのなんのって。


ブログやサイトを見てもらうのにはSEOというGoogleで上位表示させる技術が必要だったり、オリジナルの集客方法が必須です。芸能人でもない素人が真面目に記事を書いたとしても誰一人として読まれない世界です。


そして、時給制のバイトと違いいくら作業しても最低でも3ヶ月くらいは収入がゼロです。すぐに結果が出る働き方ではないので始めた9割の方が脱落していく世界。


と、前置きが長くなりましたが、僕の収入はというと…


ほぼゼロです。

こんだけ引っ張っておいてゼロかよ笑!

それはなぜかというと、広告をほとんど貼り付けていないからですね。もう少しアクセスが伸びたら広告を貼っていきたいと思っています。


いまの段階で貼り付けても、月に牛丼が何十杯か食べられるくらいにしかならないので。


でも、牛丼が食べられる金額は働かなくても得ることのできるお金です。こうやって記事を書いていない時に、誰かが僕の記事を読んでくれて広告をクリックしてくれると収入が発生する仕組みなのですから。


仕組みが出来てしまえば働かなくても生活できるレベルは達するでしょう。僕は介護の情報を発信することが目的なのでそこまで行こうとは考えていません。

合わせて読みたい

blog.tsumoriwww.com

ただ、世の中にはブログだけで食っている人がいるのは事実です。


ブログ・アフィリエイトは短期的にお金を作りたい人には向きませんが、コツコツと作業ができる人にはオススメできる副業ですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)

f:id:yubayashi88:20190319163938j:plain

ウーバーイーツとは、マクドナルドや松屋などの、自社で宅配サービスを実施していない店舗で商品を受け取り、依頼人に届けるという比較的新しいビジネスモデルです。


米国発祥のサービスで日本は2016年にサービスを開始しました。


仕事内容は単純で、自分のいる近くの対象店舗からデリバリーの依頼があった店舗で商品を受け取り、依頼人の自宅やオフィスに商品を届けるというものです。


勤務時間は自由で働きたい時にボタン1つで出勤と退勤が操作できます。今まで紹介したアルバイトのように出勤して一定時間働くというものではないので、自由度は抜群です。


上司に怒られるわけでもないし面倒な人と一緒に仕事するわけではないので、ストレスは皆無。ただ、成果報酬型なので、働けばその分稼げるし、働かなければ給料はゼロです。


ちょうど昨日ウーバーイーツの初出勤をしてきたので、詳細は後ほど記事にしようと思います。

介護士の副業まとめ

  • Wワークは短期間で十分!

短期間で十分!と書きましたが、これは短期間しか出来ないという意味ですね。現在31歳で色々な副業を経験してきましたがやはり本業の合間にアルバイトをするのは身体的、精神的に疲れます。


時給制の労働はお金が必要になった時などの一時的に留めておくのがイイというのが感想です。アルバイトは結局は労働ですし、いくら働いてもその時限りの収入にしかなりませんから。


介護士で副業を考えている人には息の長い資産になるような副業をオススメしたいですね。ブログでもいいですしYouTubeだっていいです。不動産投資やFXでも良いでしょう。


その中でもやはりブログを推します。基本的にインターネットビジネスは初期投資費用が圧倒的に少ないですし、死ななければ勝てる世界です。


最初は全くもって稼げませんが、自分の資産を持てることは非常に大きいです。働いている企業がもし倒産になった時には強いですしね。


低収入の介護士が給料を増やすには副業か転職の2択ですからね!

blog.tsumoriwww.com

ではまた!

スポンサーリンク