html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

【介護】転職祝い金制度のあるエージェントサイトを紹介します

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20190306180034p:plain

転職祝い金って?

疑問

  • そもそも転職祝い金って何?どこから支給されるの?
  • なんかお金で釣ってるからサービスが雑な気がする

就職するだけでお金がもらえるっていかにも怪しそうですよね。「祝い金がある代わりに何かのサービスが不足しているんじゃない?」と思うのは当然かもしれません。


そんな疑問に答えるべく、というか答える為に利用したわけではないのですが、祝い金制度のある介護エージェントを利用してみました。


結論から言うと、怪しい要素はない為、単純に利用したほうが得だなと思いました。

ブラックな要素は見当たりませんでした!

条件を満たさなけれは支給されないなどのハードルはありますが、なんら他のエージェントサイトと変わりはありません。ただ、エージェンサイトに対しての向き不向きもあるとは思うので、誰しもに「使うべき!」とオススメできるものではないです。


リスクは全くないので、エージェントサイトに抵抗のない人は利用してみる価値はあると思います。


それでは、上に書いた疑問に答えつつ、現在ある介護のエージェントサイトを紹介していきます。


ちなみに筆者は福祉大学卒業後、26歳の時点で既に介護業界で2回の転職を経験しました。2回目の転職でエージェントサイトを利用し、割と良い施設で働くことが出来ています。


祝い金制度がないサイトだったので、今思えばちょっと後悔しています笑。


介護業界への就職を考えている人の参考になるかと思うので、興味のある方は読み進めてみてくださいね。

そもそも祝い金制度って何?

祝い金制度とは、求職者が祝い金制度のあるエージェントサイトを利用して就職すると提示された金額がもらえるという仕組みのことを言います。


祝い金は誰が支払うのかというと、エージェントサイトです。


正確にいうと、サイトは企業から多めに掲載費用をもらい、その一部を祝い金に当てているという内容になります。


企業が祝い金のあるサイトに自社を紹介してもらう場合の掲載費用は高めに設定されています。サイト側からすれば「祝い金があって利用者数が多いから企業さんはその分お金払ってね」みたいな感じです。

企業も間接的に祝い金を出していることになるね1

支給の条件は?

  • 基本は働き始めてから数ヶ月後に支給される

  • 支給の時期

就職が決まった段階ではなく新しい職場で働き始めてから数ヶ月後が基本です。


数ヶ月後に設定している理由は、就職が決まった段階で支給してしまうと「祝い金もらったから働くの辞めよう」と、祝い金目当ての人が続出するからですね。


なので支給の時期を働き始めてから数ヶ月後に設定しているわけですね。当然と言えば当然でしょう。

  • 支給金額

最大で20万円と設定している場合が多く、段階的に支給されます。新しい職場の年収によって金額が上下するところもあります。

  • 支給条件

就職した職場についてのアンケートに答えるだけという非常に簡単なもの。3ヶ月後、6ヶ月後にアンケートがあるので、仕事が続いているのであれば支給されるということになります。

支給条件まとめ

  • 祝い金をもらうには、就職した施設で最低3ヶ月の勤務が必要
  • 金額は最大20万円で、支給される金額はサイトによって異なる
  • やることはアンケートのみ

こういうキャンペーン的なものって途中で解約したら違約金とか払わなくてはいけないことが多かったりするんですが、転職祝い金に関しては縛りがありません。


支給条件をみたさなければ金額をもらえないというだけで、祝い金をもらう上でのリスクはないと言えますね。

転職祝い金の注意点

リスクはないとお話ししましたが、一応注意すべき点を挙げておきます。それは、祝い金があることにより本来の目的を忘れてしまうことです。

POINT

  • 祝い金中心の就職活動は失敗する!

恐らく就職活動をする際は複数のエージェントサイトを利用するとは思いますが、その中に祝い金制度のサイトがあると「祝い金のあるサイトで就職を決めなきゃ」という心理になりがち。


本当はさほど働きたくもない職場でも「祝い金があるから」となってしまっては本末転倒です。本来の目的は就職を成功させることなのですから。


祝い金が目当ての就職活動では、祝い金をもらった後に残るものは何もありません。あるとしたら空虚感、悲しさでしょう。


祝い金制度があるサイトを利用する時の心構えとしては「祝い金はラッキーなもの」と、補足的なものであることを理解した上で利用しましょう。


少しでもお金のことがちらついたのであれば途中でも利用を辞めることをオススメします。

祝い金制度のある介護転職エージェントを紹介

介護転職エージェントサイトで祝い金制度があるのは、僕が知る限り2つのみです。

  • 介護JJ
  • リッチマン介護

僕は介護のお仕事というエージェントサイトで転職を決めたので祝い金はもらえませんでしたが、2つのサイトとも利用したことがあります。


たまたま当たりだったのか相性が良かったのかわかりませんが、担当の人とのやり取りもうまく進みました。


エージェントサイトは今流行っていてどれが良いかわからない!という人も多いと思いますが、結局は担当者とウマが合うかどうかなんですよね。


口コミで評価が良いサイトでもハズレの時もあれば、知名度が低かったり評価が良くないサイトでも「あれ、良いぞ」なんて事はザラです。


結局はインターネットの口コミですから、自分で利用して確かめるというのが一番手っ取り早いです。


利用も無料ですしメールや電話のやりとりが面倒に感じることがありますが、合わなかったら利用をやめれば良いだけのことですからね。


とりあえず登録だけしてみて「エージェントサイト合わないな」というのも一つの収穫です。違うサイトを利用するのでも良いし、自分で求人を探す方向にシフトチェンジしても良いです。


と、長くなってしまいましたが、祝い金制度のあるエージェントサイトを紹介していきますね!

介護JJ



介護、医療業界で10年以上人材の紹介をしてきた実績のあるサイトです。女性求職者をメインとしているだけあって対応は丁寧です。


僕も担当とのやりとりは苦痛がなかったですし、介護のお仕事で就職が決まらなかったらここで就職を決めていたと思います。


求人も全国対応なので、どの地域の方でも気軽に利用できる点はいいですね。


その中でもハローワークの求人は多数取り扱っており、ハローワークの求人を介護JJから応募すると祝い金をもらえる仕組みとなっています。ハローワークを利用するなら介護JJを利用した方が単純に良いということになりますね。


知名度の低さはテレビCMやweb広告などに費用をかけず、転職祝い金として求職者に還元しているから。


介護JJ自ら中小企業とも謳っており、介護業界での老舗といったイメージがあります。大手の営業トークにうんざりしてる方には相性のいいサイトでしょう。

  • 支給金額
転職後の想定年収 支給額
500万円〜 最大20万円
450万円〜 最大10万円
400万円〜 最大7.5万円
350万円〜 最大5万円
300万円〜 最大3.5万円
200万円〜 最大2.5万円

就職先の想定年収によって支給額が変わるという仕組みです。介護業界での500万円〜は役職者や経営者レベルであれば受け取れる額ではありますが、介護職は現実的ではありません。年収400万円〜であれば多くの方が狙える金額でしょう。


ただ、今は介護業界の給料も上がっていますから500万円を目指して就職活動をしてみるというのも大いにアリです。支給の条件は就職した施設で3ヶ月、6ヶ月働らけばアンケートを答えるのみで支給されます。


恐らく数あるエージェントサイトの中でも、最も利益より求職者を優先している企業なのではないでしょうか。押し付けがましくないのがそれを物語っていますね。


気になる方は公式サイトを覗いてみてください。
『介護JJ』

リッチマン介護

リッチマン介護

いかにもお金に強そうな名前ですよね笑。その名の通り高収入の求人に強いエージェントサイトです。「転職したことで給料が上がった」と、9割以上の利用者が経験している為、年収アップには適しています。


何も年収がアップするのは経験者や有資格者だけではなく、無資格未経験の人も実感しているという結果があります。完全非公開の求人を取り扱っているからこそ出来ることなのかもしれません。


僕も利用してみたのですが本当に給与の高い求人を紹介してもらえました。社会福祉士で割と経験年数が長いこともあったのでしょうが、年収500万円に近い求人をいくつか挙げてもらえましたね。


ただ、それは給与の交渉をすればその金額までは引き上げられるとの事でした。リッチマン介護の強みはその給与交渉力にあり、僕も強さを実感させられたうちの一人です。


自分ではしづらい給与交渉を積極的にしてくれるのはありがたいですね。

僕は自分で給与交渉をするなんて無理笑

さほど転職の意思はなかったのでその先へは進みませんでしたが、高給与の職場へ就職できる確率は高いと思います。


これは大げさではなく、介護業界は給料が低いのが当たり前という価値観が覆されると思います。利用してみたら違う世界が見えるかもしれませんね。


転職祝い金については最大20万円で、介護JJ同様に3ヶ月後と6ヶ月後に就職した職場についてのアンケートに答えるのみで支給が決定します。


とは言え、高給与の職場へ就職できる確率は高いですから、転職祝い金を上回るほどの年収アップも狙えます。


何やらリッチマン介護で転職をして、祝い金をもらえる事を忘れていた人がいるらしいですからね笑。それほど満足した結果だったのでしょう。


ただ「高収入の職場を無料で紹介してもらえるなんて怪しい」と考える人は数多くいるでしょう。これは介護職へ興味を持った人なら普通に湧き上がってくる疑問ですが、個人的にはさほど不思議ではないと思っています。


高収入の職場へ割と普通に就職できることが可能な理由について触れた記事を貼りますので、気になる方は見てもらえればと思います。
blog.tsumoriwww.com


「うまい話なんてない!」という人にはオススメできませんが、一歩踏み出して見たい方には是非オススメしたいですね、
【リッチマン介護】介護士の求人件数日本最大級。高給与で安心のお仕事探し!


まとめ

いかがだったでしょうか?利用の仕方によっては力を何倍にも発揮するエージェントサイトの中でも転職祝い金のあるサイトを紹介してきました。


ぼくら日本人はうまい話に抵抗がありますが、リスクやデメリットが見当たらないので一度利用してみるのはアリでしょう。


ただ、就職先を見つける方法はエージェントサイトだけには限らないので、一つの情報収集ツールとして捉えて利用すれば、過度な期待をせずに就職活動が進められるかと思います。


就職活動の中心は自分ですから、あくまでサポート的な役割で利用できるようにしましょうね。


では良い就職活動ライフを!

スポンサーリンク