html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

【保存版】グアムへ持っていきたいクレジットカード3選!

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20190228222513p:plain

グアムにクレジットカードは必須アイテム

f:id:yubayashi88:20190301114831p:plain

「クレジットカードって海外で無くしたら悪用されそう」こんな風に思う方も多いかと思います。僕も最初はそうでした。


日本では使用を控えている人も多いとは思いますが、海外、特にグアムは別と考えた方がいいかもしれません。


それはなぜかと言うと、グアムではクレジットカードを持っていないと困る場合があるからです。


まず、グアムではホテルのチェックインやレンタカーを借りる際に提示を求められることがあり、クレジットカードを持っていないと高額のデポジットを徴収される可能性があります。


また、アメリカはカード社会であり、クレジットカードが社会的な信用を表す身分証となるので、所持していないことで不利益を被る可能性がありますので注意が必要です。


普段そんなにクレジットカードについて深く考えることはないでしょうが、グアムへの旅行では必須アイテムであり、持って行くメリットも多すぎるので記事にさせていただきました。


この記事では

POINT

  • クレジットカードを持っていく5つのメリット
  • グアムでオススメなクレジットカード3選

を紹介していきます。


これからグアム旅行を考えている、既に行くことが決まっているけどクレジットカードを持っていない、そんな人は必見です。


「メリットは良いからオススメのクレジットカードだけ知りたい!」という人は目次から飛んじゃってくださいね。

クレジットカードを持って行くメリット

メリット

  • ポイントが貯まる
  • 現金にはない保険がある
  • 飲食店の10%前後の割引
  • 買い物、食事の支払いが楽
  • 現金が足りなくなったらキャッシングが使える

思いつくだけでもこれだけあります。デメリットを挙げるとすれば、使いすぎてしまう可能性があることくらいでしょう。これは自身の注意でなんとかなる問題なので、ほぼメリットしかないと思って良いですね。


では一つずつ見ていきましょう。

ポイントが貯まる

f:id:yubayashi88:20190301121418p:plain

クレジットカードといえばポイント。


人生の中でも海外旅行は多くのお金を使うタイミングの一つですから、ポイントも多く溜まっていきます。


例えば、航空券+ホテル代や食事、買い物をクレジットカードで支払ったとしましょう。


総額200,000万円と仮定しポイント還元率が1%だとすると、2,000円分のポイントがつく事になります。


現金で払うかクレジットカードで払うかの違いで2,000円分のポイントが発生すると考えれば、メリットは大きいですよね。

現金にはない盗難や傷害の保険がある

f:id:yubayashi88:20190301122159p:plain

「クレジットカードって無くしたら怖いよね」と言われるように案外知られていないのがこの盗難保険です。


日本では盗まれなかったシチュエーションでもグアムでは簡単に盗まれてしまいます。平和な日本に慣れているからこそですね。


現金が盗まれてしまったら泣き寝入りしかありませんが、全てのクレジットカードには盗難保険が付いています。


盗難保険は手続きが必要なく、カードが発行された時点で付与されているのでグアムへ持って行くだけでOKです。


カードを無くしたり盗まれた事に気づいたらクレジットカードへ電話し、日本へ帰ったら警察へ届け出ましょう。そうすれば紛失、盗難に気付いた後に不正利用された金額は払わずに済みます。


「無くしたら大変」という思考になりがちなクレジットカードですが、現金を持ち運ぶより安全なので、持っていかない理由はないですね。


また、怪我や病気になった際も保険で対応出来るカードがあります。海外での医療費は数百万になることがあるのをご存知でしょうか?


事故に遭う確率も50人に1人、カップルであれば25組に1組が事故に遭っているというデータもあるので、決して他人事ではないことがわかりますね。


クレジットカードがあればツアーなどで付ける保険料も浮かすことが出来るというメリットがあります。

飲食店で10%前後の割引になる

f:id:yubayashi88:20190301123643p:plain

食費が高くなりがちなグアム旅行では、特定のクレジットカードを使う事で割引が受けられます。


クレジットカードは海外での使用を見越して作っている会社が多く、クーポンや優待を充実させているんですね。


これを知っているのと知らないとでは使う金額に結構な差が出ます。


グアムで割引が受けられるクレジットカードは後々紹介しますね。

買い物、食事の支払いが楽

f:id:yubayashi88:20190228222712p:plain

グアムでは薄着で過ごすことが多いため、かさばる現金よりクレジットカードを携帯する方が圧倒的に楽です。先ほど紹介した「万が一の盗難」があった時も安心です。


現金での支払いは「これは日本円にすると何円なんだ?」と、レジでの会計では焦りますし、グアムのお札は日本と違ってザラザラしていて扱いづらいので余計に焦っちゃいます。


僕はよくレジに小銭をぶちまけて「チョイス?」と言ってちょどの会計になるよう店員さんにお願いしちゃいます。


でもここで危険なのが現金をちょろまかされてしまう可能性があるということ。グアムのドルに慣れない僕らは、硬貨やお札を出してもいくらになったのかすぐには判断できません。


僕らがわからないのを良い事にして、会計以上のお金をチョイスされてしまうことがあるんですね。海外って怖いです。


でもクレジットカードであればそんな心配はありません。見えないところへ持っていかれない限り、機械で正確な額を支払うことができるのですから。


クレジットカードであれば、会計での楽さと安全性ともに現金を上回りますね。

現金が欲しくなったらキャッシングできる

f:id:yubayashi88:20190301125211p:plain

海外旅行あるあるの一つが、現地で現金が足りなくなること。


「これぐらいで足りるよね?」と、日本での両替をすませたものは良いものの、旅行という開放感やブランド品の安さに釣られてついつい財布の紐は緩くなりがち。


「現金がなくなったらクレジットカードを使えば良いんじゃない?」と考えがですが、グアムはチップの習慣がある為現金は必須です。


ホテルのベッドメイキングやレストランでの会計、送迎バスへの運転手などにチップを渡すのは常識となっています。使う頻度は少ないですがタクシーも現金が必要になります。


つまり、現金が必要なシチュエーションは日常に転がっているということですね。


現金が必要になったらクレジットカードのキャッシングを使えばOKです。両替という手もありますが、キャッシングの方が手数料が安く設定されているので断然オススメになります。


利息が高くなるので日本へ帰ったらすぐに返済する必要がありますが、安く現金を調達できるのはメリットであると言えるでしょう。

グアムへ持っていくべきクレジットカードは?

f:id:yubayashi88:20190301130337p:plain

グアムでクレジットカードを使うメリットに触れてきたので、これからグアムに特化したクレジットカードを紹介します。


グアムでしか使わないとなると勿体無いので、日本での仕様にも便利なものを3つ選びました。


グアムは世界各国から観光客が訪れる為、世界シェアNo1のVISAとNo2のMasterCardの加盟店が多いのが特徴です。


なので、VISAかMasterCardのどちらかは持って行って、2枚目としてJCBかアメックスなどのカードを持って行くのが鉄板と言えるでしょう。


また、ICのクレジットカードは暗証番号入力によって不正利用を防ぐ役割がある為、ICタイプのクレジットカードを持って行くとより安心に旅行が出来ると思います。

エポスカード



  • 保証内容
保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)


エポスカード=マルイのイメージが強い方もいるとは思いますが、以外にも海外旅行で大きな効果を発揮してくれるカードです。


何と言ってもエポスカードの強さは、年会費無料に関わらず疾病治療補償と傷害治療補償額が自動付帯となること。その他のサービスも多く、年会費無料のカードの中ではダントツの使い勝手だと言えます。


「グアムで怪我や病気なんてするはずない」と、誰もが思いながらグアムへ行く中で、万が一の時を保証してくれるのは本当にありがたいです。これ一枚あるだけで旅行の安心感はグッと上がります。


24時間、日本語でのサポードデスクが稼働しているのも大きな強みですね。


審査についてですが、18歳以上で仕事をしていない人でなければ通ると思って良いです。


大学生やフリーター、収入が低い社会人でも落ちる可能性は低い為「審査が通らない」と悩んでいる方にもハードルの低いカードとなっています。


国際ブランドはVISAで即日発行ですからグアム旅行を間近に控えている人でも間に合うという強みがありますし、日本でのサービスも充実しているので持っておいて損はないカードだと言えるでしょう。


今ならネット入会で最大5,000円分ポイントなので、後で入るなら今の方が良いですね。



年会費永年無料のエポスカード

JCB CARD W(plus L)
  • 保証内容
保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 100万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 100万円(1疾病の限度額)
賠償責任 2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行)100万円(保険期間中)

JCB CARD WのブランドはJCBですが、先ほど紹介した飲食店の割引が受けられるので2枚目として持っておくべきカードに適しています。


年会費無料で高還元と言われる基本還元率が1%なのが強みです。海外旅行保険や海外ショッピング保険も付帯しているので安心感は高め。

POINT

  • BEACHIN’ SHRIMP
  • ISLANDER TERRACE
  • Roy’s
  • Fisherman’s Cove

一部抜粋ですが、上記の有名店では10%OFFのサービスが受けられますし、GAPで$70以上購入で30%OFFになります。


JCBカードは旅行に関係したサービスが多いので、一枚持っておくと何かと便利になりますね。


余談ですが、BEACHIN’ SHRIMPは個人的にも大好きな店で土日は並ばないと入れないほどの人気店です。


とにかくシュリンプが美味しくて二人で80ドルという結構な額を使った記憶があります。そんな店で割引が効くのは良いですね。

f:id:yubayashi88:20190301191010j:plain


大切な恋人や友人、家族で食事した時にサッとJCB CARD Wを出して割引になったら「オーッ」って驚かれること間違いなしでしょう。
高いポイント還元率、年会費無料のJCB CARD W!|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード


dカードゴールド
  • 保証内容
保険の種類 本人会員・家族会員 本人の家族
傷害死亡 最高1億円 2,000万円
後遺障害 最高1億円 2,000万円
傷害・疾病治療費用 300万円(1事故の限度額) 50万円
賠償責任 5,000万円(1事故の限度額) 1,000万円
救援者費用 500万円(1旅行・保険期間中) 50万円
携行品損害 50万円(1旅行) 15万円

ドコモユーザーを始め、家族にも保険が適用されるカード。ブランドがMasterCardであり基本還元率も1%と高い数値を誇っています。


年会費がかかることもあり、先に紹介した2つのカードよりも保証金額が全体的に高めです。それに加え、航空便や手荷物の遅延による保険金が1〜2万円設定されています。


さらに強みとなるのが、日本のある空港のうち28のラウンジを無料で楽しむことが出来ること。


これはカードを保有しているだけで受けられるサービスなので、普段の旅行にもう一つ楽しさを加えることができます。


年会費は10,000万円掛かりますが、ドコモの料金が10%還元されるのでドコモユーザーであれば実質年会費無料となります。


海外で使える無料クーポンを紹介は以下です。

POINT

  • Cold Stone Yogurt Bar:一部の商品が10%OFF
  • Hard Rock Cafeレストラン:30ドル以上で10%OFF
  • Hard Rock Cafeロゴショップ:50ドル以上で10%OFF

他にも無料で使えるクーポンがありますので、気になった方は公式サイトで調べてみてくださいね。
dカード | ドコモのクレジットカード


グアムのクレジットカードまとめ

f:id:yubayashi88:20190214215946j:plain

いかがだったでしょうか?クレジットカードに抵抗があった人も、この記事を読んで「持って行こう」と思っていていただけたら嬉しいです。


個人的にはVISAのエポスカードとJCBのJCB CARD W(plus L)を持っていけば安心という結論です。


ドコモユーザーであればプラスしてdカードゴールドして持っていくとより良いでしょうね。


枚数が多すぎるのもリスクですが、1枚だと使えなくなった時に困るので2、3枚がベストだと思っています。


グアムを始めとするアメリカ圏では日本以上にカード社会が進んでいるので、日本では使用を控えていた方もグアム旅行を機に使用を始めてはいかがでしょうか?


ではグアムで良い旅を!

スポンサーリンク