html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

現介護士が介護の夜勤でつらいと感じる瞬間を5つ挙げてみた!

スポンサーリンク

良くも悪くも夜勤

f:id:yubayashi88:20190217195257j:plain

「夜勤めっちゃ好きなんだけど」という人もいれば「夜勤は出来ればやりたくない」という人もいます。


介護業界で夜勤に対する気持ちは真っ二つに割れる傾向にありますね。夜勤にはメリットとデメリットが渦巻いているので捉え方に違いが出るんでしょう。


blog.tsumoriwww.com


個人的にはまだ好きな方ですが、いわゆる外れの日に出勤すると「もうやりたくないな」なって思う時もあります笑。


今回は夜勤9年目を迎えた僕が夜勤でつらいと感じる瞬間を挙げてみようと思います。


夜勤をやろうか迷っている方の参考に、今夜勤の業務でつらいと感じている方には共感を得られるような記事を書ければと。


ではいってみましょう!

パートナーが苦手な人の時

f:id:yubayashi88:20190214172642p:plain

これは介護の仕事あるあるですね。シフトが出た瞬間、休みではなく夜勤を組む相手を真っ先に確認するっていう笑。


苦手な人と組むのがわかった時はかなりテンションが下がりますよね。それほどまでに組む相手っていうのは大切なんです。


これはつらいというより、憂鬱という表現が正しいかもしれません。その夜勤までの日を「嫌だなぁ」と思いながら過ごすわけですから。


介護職の辞める原因第1位が人間関係なので、夜勤を苦手な人と組む方のが一番嫌という人もいるかもしれませんね。


夜勤が一人体制であったり、相手のことを全く気にしない人であればこのつらさは上位には上がってこないことでしょう。


ちなみに僕もシフトが出たら休みよりも夜勤を組む人だったりフロアリーダーを真っ先に確認しますが、そこまで嫌だと思いませんね。

負の連鎖が続いた時

f:id:yubayashi88:20190218163939p:plain

何事も負の連鎖ってあると思うんですけど、介護の世界でも負の連鎖は存在します。しかも結構えげつないです。


例えばインフルエンザが流行するとどんどん広まりますし、利用者さん同士のトラブルがあるとその周りの人も嫌な気持ちになって不安定になったり。転倒などもなぜか続いちゃったりするんですよね。


そんな時はつらいです。夜勤は職員の人数が限られてくるのでヘルプもいませんし、責任者もいないので更につらいです。


16時間という勤務も長いですから、勤務開始直後の出来事だったりするともう絶望しかありません。

めちゃ眠い時

f:id:yubayashi88:20190218165141p:plain

夜に眠くなるのは人間ですからしょうがないですね。いくら眠気対策をしていても眠くなる時はあります。


夜勤をしたことのない人は夜に眠れないことをさほどつらいとは思わないはず。だって僕も夜勤をする前は「夜勤なんて楽だよ」なんて思ってましたから。


それはなぜかと言うと、遊びでしか徹夜をしたことがなかったからです。


当然といえば当然かもしれませんが、遊びと仕事では寝てないことの感じる辛さに天と地ほどの差が出ます。


遊びであれば楽しいですし最悪途中で帰ったり寝ることができますが、仕事は違います。寝たら終了です。


終了っていうのは仕事人生がですよ?笑

blog.tsumoriwww.com

一応僕も夜勤中に眠くならないように対策をしていますがそれでも眠くなる時はありますね。「眠いのは緊張感がないからだ!」という人がいますがそれは違うと思います。


そういう人には是非とも夜勤をやってみてほしいですね笑。


夜勤専従であれば体のサイクルが出来ていて夜勤の負担が軽減できているとは思いますが、交代勤務の介護士や看護士は日中も働くのでサイクルが作りにくいです。


多分そこがつらい原因なんじゃないかなぁと思います。

利用者さんに急変があった時

f:id:yubayashi88:20190218171111p:plain

先ほどの負の連鎖と似たものがありますが、利用者さんが転倒などの事故にあった時や命に関わるようなことが起きた時は大変ですね。


夜勤なので自分ひとり、もしくは組む相手しか頼る人がいない状況で適切な判断を下すのは非常に難しいです。


細かくいうと、利用者さんに異常があった時というか自分が適切な対応を出来なかったと思った時につらいと感じますね。


急変があった時に備えて普段から訓練をしているのですが、実際にその場に出くわしてみると中々力を発揮できなかったりするんですよ。


約7割の職員が緊急対応の経験がないというデータがありますから、経験が少ないんですよね。


最悪、死に繋がる可能性もありますからそこまで行ったら相当つらいと思います。


あとはそれを夜勤明けで申し送りをしなければならない時ですね。適切な対応が出来ていたとしてもその時の状況を細かく説明したり、文章にしたりしないといいけないので結構大変です。


面倒だなと思う人が多いでしょうが、経験値が上がると思えば自然と前向きな気持ちにはなってきます。

夜勤明けで眠れない時

f:id:yubayashi88:20190218173716p:plain

「やっと夜勤が終わったー!」と開放感マックスなのに眠れないっていう。個人的にはこれが一番つらいです。


「勤務中は眠かったのになんで終わったら眠くないんだよ」って感じです笑。次の日が勤務だと眠らなきゃいけないという気持ちから余計に眠くなくなっちゃうんですよね。


一応下の記事のように夜勤明けは自分のベストな過ごし方を探して快適に過ごすことを心がけています。

blog.tsumoriwww.com

まとめ

多分この記事を見たほとんどの人が「夜勤って辛そうだからやめておこう」と思ったはず。


でも基本的に夜勤の仕事量は日中と比べて少ないですし、よほどのトラブルがなかったり眠くならなければ楽に感じると思います。


メリットもたくさんありますから、自分の体と相談しながら夜勤に入るといいでしょうね。


読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク