html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

介護の仕事をするのにパソコンスキルって必要?現介護士が教えます


スポンサードリンク

スポンサーリンク



f:id:yubayashi88:20190302210924p:plain

「パソコンのスキルってどれくらい必要なのかな?」「ブラインドタッチ出来ないけど大丈夫?」


介護の仕事をする上でこのように考える人も数多くいると思います。


介護職の平均年齢は45歳と他の業界よりも高い傾向にあるので、パソコンが苦手な人も多いのが現状です。

POINT

  • 介護職ではパソコンスキルがどの程度求められるのか
  • 苦手な人の対応策

今回はこの2つを中心に書いていきます。


パソコン業務について心配な方は参考にしていただければと。では行ってみましょう!

介護業界のパソコン事情

f:id:yubayashi88:20190116142428p:plain

介護の現場では利用者さんの記録や日誌、イベントの計画書を作るという作業があります。


昔は手書きで書いている事業所が多かったのですが、今はパソコンで打つところが多くなってきていますね。


なぜパソコンを使う事業所が増えているかというと、記録の修正が簡単に出来る上に過去の記録も遡って確認することが出来るから、という理由です。


手で書いた紙は保管するスペースが必要になりますし、いざ見たくなった時にスムーズではありませんよね。間違えたら修正が出来ないのもデメリットです。


パソコンを導入するのにはコストや手間が掛かりますが、それ以上に便利さが上回っているので使うところが多いんですね。


でも、手書きからパソコンが主流になって便利になった反面、困る人も出てきました。4、50代の人の中にはパソコンを触ったことのない人が多く、速く作業が出来ないのです。


パソコン業務が辛くて退職された方も何人か知っています。時代の流れといえばしょうがないのですがちょっと悲しいですよね。


そんな介護の現場事情を踏まえた上で、どの程度のパソコンスキルが求められるのかを説明していきますね。

キーボードが使える程度でOK

f:id:yubayashi88:20190213221449p:plain

福祉施設3社で働いてきた経験では、キーボードがある程度の速さで打つことが出来れば問題ないという結論です。


ブラインドタッチという10本の指を全て使って入力するほどのスキルでなくても、1本指でひとまず文字が入力できる程度であれば大丈夫です。


ちょっと安心しましたか?笑


でもこれは介護職員の場合なので、相談員やケアマネ、役職に就くなどスキルアップを目指す場合はブラインドタッチは必須かなと思います。


「介護の現場で介護職としてしばらく働きたい」と考えている人はとりあえずキーボードを使うことが出来れば問題ないでしょう。スキルアップを目指すのなら在職中に練習すれば良いだけのことですから。


WordやExcelも使えた方がいいでしょうが入社した後でも習得できますし、コピー&ペーストで完結できてしまうことが多いのでそこまで必要ではないと思います。


先ほども言った通り平均年齢が高い介護職にパソコンスキルを求める施設は多くはないので、心配しないで大丈夫ですよ。

苦手な人はどうする?

f:id:yubayashi88:20190203191101p:plain

パソコンに全く触ったことのない人や自信のない方は、就職する前に練習しておくことをオススメします。


その理由を説明していきます。

  • 面接で聞かれる場合がある

採用の人が「どのくらいパソコンスキルがありますか?」と面接で尋ねてくる場合があります。全く触ったことのない人に教えるのは時間が掛かりますし、習得するまで長いので出来れば採用したくないからですね。


同じような年齢、介護技術の人が二人いたとしたらパソコンが苦手な人より得意な人を採用することは容易に想像が出来ます。


採用率に直結してきますので、面接前にある程度習得しておいた方がいいでしょう。

  • 残業することになる

就職出来たとしても、ブラインドタッチが出来る人と全く文字を打てない人とでは作業時間にかなりの差が出ます。


ある程度パソコンが扱えるという前提で記録の時間を設定しているので、作業が遅いと残る羽目になってしまうことが多くなるということですね。


パソコンが出来ないと「あの人遅いなぁ」と思う方もいるでしょうし、パソコンが出来ない=全ての仕事が遅いみたいな捉え方をする人もいます。


そのようなマイナスイメージを与えないためにも、指一本でもスラスラと打てるくらいまで練習しておくといいでしょう。

どうやって練習する?

f:id:yubayashi88:20190122222746p:plain

キーボードを速く打てるようになるにはどうしたらいいか。それは、キーボードに慣れていくしかありません。避けては通れない道ですね。


でも「今からパソコンを覚えられる気がしないんだけど」という方は本当に多いですし、年齢が高い人ほど覚えにくくなるのは事実です。


だからこそ、いかに辛さを感じずに楽しく練習できるかがカギになります。


この記事を読んでいるほとんどの方がキーボードを打つ作業に苦手意識を持っているのではないでしょうか。だからまず苦手意識を取り除くことから始めましょう。


下の記事がブラインドタッチ に最適だと思うので載せておきます。多分、ほかのどの記事よりもわかりやすく上達までが速くなりますね。

atarimae.biz

体で覚えるまでに時間は掛かりますが、逆を言えば覚えてしまえば抜けることはないということです。頭で覚えたことは抜ける可能性がありますが。体は忘れません。

まとめ

いかがだったでしょうか。練習し始めてしまえば「案外簡単だな」と感じると思います。昔とは違っていい練習方法がありますからね。


介護業界も他の業界もどんどん手書きのものは少なくなっていきます。年賀状もパソコンで打つ時代になりましたからね。


介護の仕事につかないとしても、ブラインドタッチは覚えておいて損はないと言えますね。


指でスラスラ打てるくらいになったらいざ面接へ笑!

スポンサーリンク