html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

介護の転職に失敗しても問題ない3つの理由とは?


スポンサードリンク

スポンサーリンク



f:id:yubayashi88:20190213183330p:plain

「転職に失敗したらどうしよう」


仕事を探したことのある人なら必ず感じたことのある気持ちなのではないでしょうか。


失敗を恐れて転職に踏み切れず、今の職場で我慢して働いているという人を僕は何人も知っています。特に今の若い世代の人は「失敗したら終わり」みたいな思考になってしまっている現状がありますね。


かく言う僕も25歳という年齢で2回転職をしましたが、正直失敗するのが怖かったです。今思えば1回目の転職は失敗だったと思いますが。半年で辞めて新たな職場で働くことが出来ています。


今回は自分の経験を踏まえながら、介護業界で転職に失敗しても問題ない、失敗が怖くない理由についてお伝えしていきます。


今は人事、採用の役割も担っているので違う視点からもお伝えできるかと。


この記事で転職に踏み切ってくれる人がいれば嬉しいですね。では行ってみましょう!

介護業界は売り手市場

f:id:yubayashi88:20190202170333p:plain

まずは介護業界の現状について。


介護業界はニュースでも取り上げられている通り慢性的な人手不足状態にあります。これは他の業界を寄せ付けません。


そして少子高齢化により人手不足は今後も加速していくことが予想されます。


現に人手不足を深刻と見た厚生労働省は、2019年に介護職の賃上げを実行することで人手不足解消に繋げようとしています。


言い方は悪くなるのですが、介護業界は転職し放題というのが現状です。


介護事業を運営する側からすれば猫の手も借りたいほど人手が足りないのですから。例え転職に失敗しても、職場を変えること自体他の業界よりも圧倒的に簡単だと言えます。


介護業界は年齢によって受かる受からないは関係ありません。

blog.tsumoriwww.com

転職に失敗したらまた転職すればいいという考え方が出来るのが介護業界の強みです。

転職回数は関係ない

f:id:yubayashi88:20190116141240p:plain

「転職ばかり繰り返していると受からない」という話ってよく聞きますよね。確かにそう言われてみればそうですが、それは昔の話です。


日本は終身雇用が当たり前の時代がありましたが今はそんなことありませんよね。むしろ終身雇用を保証してくれるところなんてあるのかすらわかりません。


ぶっちゃけて言うと、採用する側は経歴や転職の回数はほとんど気にしていません。


先ほど言った通り人を選んでいる場合じゃないという現状もあるのですが、過去を判断する材料にしかならないからですね。


現に僕は面接者と話をする時に経歴は見ますが、一つの会社や施設で働いている人より色んなところで働いてきた人の方が魅力を感じます。


転職を繰り返している人は本人に何らかの理由があるとも言えますが、それなりに色んなところの景色を見てきた経験があるとも取れるからです。


転職が怖かった僕からしてみれば「勇気があって行動力のある人だな」とも思いますしね。


一つの組織でやってきた=考えが凝り固まっている人も多いので、メリットってないことが多いんですよ。


今はユーチューバーなどの色んな働き方があります。企業に就職することだけが全てではありません。


流石に短すぎるのは問題ですが、転職回数の多さが強みになるということも覚えておいてください。

実は転職者ばかり

f:id:yubayashi88:20190202163422p:plain

僕みたいに福祉大学を卒業してまっすぐ介護業界に入ってくる人は稀です。


「介護業界は雇用の受け皿」とも言われている通り、他の職種から転職してくる割合が圧倒的に多いのです。


当然脱サラの人もいますし、バンドマンを目指してつつ介護をやっている人や、この前なんて医学部卒業で医者だった人が介護が好きで転職してきたみたいな話も聞きました。「いや嬉しいけど医者やれよ」って思いましたけどね笑。


一つの職場の勤続年数の平均が約5年と言われている通り、介護職から介護職へ転職する人も数多くいます。


絶対的に多いのが主婦ですね。介護現場は7割が女性の職員ですから。


介護業界は転職するのが当たり前のような気がしています。施設形態も様々ですし、介護以外の障害や精神の分野から飛び込んでくる人もいますからね。


転職者が多い業界なので、転職に失敗してまた転職してきた人も多くいるわけですよ。だからそこまで転職に臆する必要がないと思います。

失敗したくないなら

f:id:yubayashi88:20190121232603p:plain

とは言っても出来れば失敗したくないですよね。時間も使いますし精神的にも辛いですから。


そんな時は転職エージェントサイトを使うと良いと思います。昔はこんなサービスはなかったので今は便利になりましたね。僕が大学在学中にあったらな…笑


転職エージェントサイトっていうのは自分の代わりに専門スタッフが就職先を探してくれるというサービスです。


「こんな職場が合っているのではないでしょうか」的な感じですね。赤の他人が紹介してくれるので抵抗ある人はいると思いますが、無料なので使ってみる価値は十分にあると思います。


特に転職する意思はなかったのですが、興味本位で登録したら電話が掛かってきて営業をされました笑。


転職する気はなかったのですが、結構親身に聞いてくれて自分に合いそうな紹介してくれたので話を聞くだけでも良いのかなと。


僕が最近話を聞いた時に使ったのはケアジョブ。

ケアジョブ


そして今の職場で働くことになった介護のお仕事です。

介護のお仕事


たまたまかもしれませんが、待遇が良くて働きやすい職場に就職できたので、興味が湧いた方はどうぞ。


一つのエージェントサイトだと比較ができないので、複数登録した方がリスクは少ないかと思います。


一応転職した経緯をまとめた記事も貼っておきますね。

blog.tsumoriwww.com

まとめ

いかがだったでしょうか。少しは転職に対するハードルが下がったのではないかと思っています。


介護業界は同じ施設形態でも施設によって雰囲気や利用者の対応が全く異なるので「イメージと違った」となることは多いでしょうね。


それほどまでにサービスの方向性が安定していないということです。


その中で自分の理想の働き方に近づける努力は少なからず必要となりますね。


「失敗してもいっか」という気持ちでいけば案外成功するかもしれませんので、臆せずに挑戦していきましょう!

スポンサーリンク