html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

介護ブログを書いてきて良かったこと6つ!


スポンサードリンク

スポンサーリンク



f:id:yubayashi88:20190201074910p:plain

ブログをやってみてわかった価値

ブログを開始したのが2017年1月なのでちょうど2年経ちました。とは言っても最初は書く事がなかったので雑記ブログだったんですよ。


2018年11月に「俺って介護の仕事やってるよな」と当たり前のことに気付き、介護、福祉に特化した特化型ブログにしたんです。


介護業界の転職事情を中心に運営してきた中で「やってて良かった」と思う事が多くあったので、それを記事にしたいと思います。


一言で感想を言うと「これだけローコストなのに得られるものはたくさんあった」って感じですね。


ブログって有名人や芸能人がちょこちょこっと書いて名前を売ったりお金を稼いだりするツールだと思っていましたが、違いましたね。得られるものがたくさんあります。


今回は僕が介護ブログを書いてきてよかったことを挙げてみます。お金以外に得られるものがたくさんあるので迷っている人は是非ともやってみてください。


では行ってみましょう!

介護業界に詳しくなった

f:id:yubayashi88:20190116142811p:plain

これは当然といえば当然かもしれませんね。


僕はネタ探しや情報を得るために本やインターネットを見たり、時には同業者に話を聞いたりしてました。


Googleで「このキーワードでの検索上位のサイトはどんなんだろう?」って調べまくる時もあるので、嫌でも介護に詳しくなるんですよ。


当然ながらネットには間違った情報もありますよね。でも間違った情報や適当な情報って不思議とわかってくるものなんです。直感で。


僕もブログを書いている側ですから、構成とか文章の流れとかで「この人詳しくないな」とか「他の人のをパクったな」とかなんとなくわかるんです。


だから情報の識別能力も多少は備わってきたんじゃないかなぁと。この力はネット社会ではかなり役立つでしょう。


あと、ブログを書くとキーボードを打つ行為が記憶に繋がることにびっくり。勉強で言う「書いて覚える」みたいなものです。


さっき本から得た知識をパソコンのキーボードで打つことによって暗記するんです。凄いですよね。


ブログ=勉強にもなるので、勉強嫌いな僕でもこれなら続けられそう笑。でも頭でっかちにはならないように気をつけないといけないです。

自分の思いに気付かされた

f:id:yubayashi88:20190201185009p:plain

ブログを書いている時や書き終わった後に見直していると「あれ、自分ってこんなこと思ってたんだ」という事がよくあります。


感情的に書いていると介護に対する自分の思いに気づかされるんですよ。普段思っているようなことを再確認出来たり、うちに秘めた思いも垣間目えてきます。


情報集めやネタ集めで本やネットを見ていると「これは違うだろう」とか「確かにそうだ」と、自分の思考や好き嫌いにも気付きます。


なんか自信が付いた感はありますね。ただ自分の思いに気付けたからと言ってそれを人に押し付けることのないようにしなければなりません。


人に発信していく内容と、心に秘めておいておいた方がいい内容はしっかりと分けようと思います。

社会情勢について学べた

f:id:yubayashi88:20190201185044p:plain

どの業界もそうだと思いますが時代の流れによって色々とビジネスのやり方は変わってきます。


介護業界は2019年10月に職員の賃上げするとかAIロボットがどういう風に参入してくるとかは調べていると自然と学ぶ事ができますし、社会の動きやお金の動きも自然と勉強できるんですよね。

blog.tsumoriwww.com

介護のニュースを見ていると他のニュースも入ってくるみたいな。社会情勢や他の業界のことも知っていると介護ブログがより書きやすくなります。


「ブログの為!」と思っていなくても自然と勉強する気になるんです笑。ほんと不思議ですね。

好きなことは書ける

f:id:yubayashi88:20190116141240p:plain

雑記ブログの時は本当にネタ探しに困ってたんですよ。ネタがないんじゃなくてネタがあり過ぎてどれを書けばいいかわからないみたいな。


書き始めてもなんか打つ手が進まないんですよ。知らない分野だと余計ですよね。


それに比べて介護に特化させた方がネタもたくさんあるし好きなことだし知識もあるしで書きやすいことに気付きました。


ジャンルを一つに絞ったことで内部リンクを貼って説明を簡潔に出来るし、記事と記事を繋げられるのが便利。


一つに特化させた方がネタは尽きやすいと思っていたのは間違いでした。やっぱり好きなことじゃないと続けられないですね笑。


いい気付きでした。

本業の仕事に活かせる

f:id:yubayashi88:20190116142546p:plain

これは大きいですね。ブログを書くことで得られる知識はたくさんありますから本業で活かすことが可能です。


知識があることで支援の幅が広がったり説得力や信頼の担保にもなります。机上で得た介護技術も、現場で試すことで身体に染み込ませる事ができます。


良いことしかないですね。


ただ先程も言ったように、知識や技術を他の人に押し付けたり自分以外の人のことを信じないようになってはダメでしょうね。


「本業に活かせる!」とか言っておいて、ブログを頑張りすぎて本業に影響がないようにしないといけないですね。

牛丼が食べられる

f:id:yubayashi88:20190201185514p:plain

これはどういうことかと言うと、介護ブログを書くことで牛丼が食べられるくらいの収入が発生したということです。


とは言っても牛丼なので収入と言っていいのかわかりませんが笑。


記事を見てもらえるとわかると思いますが僕はグーグルアドセンス広告は貼っていません。貼っていたら多分牛丼が何十杯か食べられるほどの収入は得られると思います。


でも邪魔だから貼りません、とりあえず笑。


だって読んでいたら邪魔ですよね。


今のところ広告は僕がオススメするものしか張っていません。介護の記事ではエージェントサイトくらいですかね。


今はそれを使ってくれる人がいたら嬉しいなぁくらいです。

まとめ

すごい殴り書きで感情的な文章になってしまいましたが、自分の感想だしこの方が感情が入っているので良しとします笑。


とりあえず、介護に特化したブログにして良かったということと、お金以外に得られるものが本当にたくさんあったというが感想ですね。


最初はブログにのめり込むなんて思ってもみませんでしたが、やっぱりやってみないとわからないものですね。


趣味がない人や「なんかいいことないかなぁ」と思っている人はブログやってみると良いです。コストもかからないし多分良いことしかないですから。


やらないと好きか嫌いかわかりませんし合っているかもわかりません。これはブログ以外にも言えることでしょう。


何か趣味を見つけたい人はなんでもやってみると良いです。ブログであれば牛丼は食べられるくらいには余裕でなれますから。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク