html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

求人が来ない?介護施設への応募が増えるホームページの作り方教えます

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20190121232618p:plain

求人募集でホームページの充実は絶対条件

f:id:yubayashi88:20190129212604p:plain

どんなにたくさんの求人を効果的に出してもホームページが充実していなければ応募は来ないと思って良いと思います。


逆を言うと、ホームページさえ充実していれば人手不足に困る確率は非常に低くなるということですね。


それはなぜかというと、紙でもwebでも求人を見た人のほぼ全員がホームページを見にくるからです。求職者が応募に踏み切るかどうかはホームページ次第と言っても過言ではないでしょう。


就職活動の経験がある人はちょっと思い出してみてください。就職したい企業や施設のホームページは必ずチェックしたのではないでしょうか?


「どんな雰囲気の職場なのか」「どんな人が働いているのか」「ここで働くことでどんな良いことがあるのか」という、求人広告には載っていない待遇や給与以外の要素を探しに。


なので「求人が来ない」と悩んでいる人は、一度自社のホームページを見直すことをオススメします。


ホームページを充実させる事で求人募集の他に効果が期待できるのは…

  • 地域の人や施設を知らない人からの認知度が高まる
  • 利用を検討している人の安心材料になる


という2点でしょう。インターネットが発達している世の中で、ホームページは企業や施設の最も効果的な情報発信ツールです。


上手く活用する事で企業や施設を発展させる事が出来るというわけですね。


では、求人募集にはどんなホームページが望ましいのか説明していきますね。

求職者の不安を取り除く内容を載せる

f:id:yubayashi88:20190116141240p:plain

新聞広告やインターネットの求人サイトに広告を出す時は、その求人媒体に沿った内容しか載せられません。


新聞広告は紙なので一面に求人を載せることはできませんから、最低限の情報しか求職者に見えてもらえないんですよね。インターネットサイトも同様に載せられる情報が決まっています。


最低限というのは、施設の場所や職種、学歴や勤務時間、待遇や福利厚生などの機械的な情報です。


例えば、めちゃめちゃ待遇や給与が良かったとしても「給料がやけに高いからこの施設ブラックなんじゃないか」と、普通は不安になります。仕事が大変なんじゃないかって思いますよね。


求職者は「給料が高くてもブラック企業ではない」という情報が本当なのか確かめる為にホームページを見にくるんです。だからその不安を取り除くようなことを載せれば大丈夫というわけですね。


では不安を取り除く内容はどういうものかというと

  • 職員の働いている様子がわかる
  • 先輩の声
  • スタッフブログ


などです。社内情報という言い方がしっくり来るかもしれませんね。


求職者が一番気になる情報というのが「新しい職場でうまくやっていけるのか」ということです。年齢層や経験年数もそうですが、どのような人が働いているのかは気になりますよね。


介護業界は4人に1人が人間関係で退職しています。ぶっちゃけて言うと、変わった人が多い業界です笑。なのでその辺は払拭してあげる必要があるということですね。


blog.tsumoriwww.com

上に挙げた情報は簡単に載せる事ができるので、是非とも取り入れてみてください。

ベネフィットがわかるようにする

f:id:yubayashi88:20190130214432p:plain

ベネフィットはメリットのメリットのメリットみたいなものです。「この職場で働く事でどんないい未来が待っているのか」ということですね。


売れている商品のCMはベネフィットを的確に伝える事が出来ているから売れているんです。


例えば燃費の良い自動車をCMで宣伝する時は「この車は他の車より燃費が良いです」というのはメリットで、ベネフィットは「大切な恋人と気軽に遠出して思い出を作ろう」です。


燃費が良いことで一体どんな未来が待っているかを伝えているんですね。


実際にはCMを観ている人に恋人はいないのかもしれませんし結婚しているのかもしれませんよね。でも想像させることでワクワク感や購入意欲を湧かせ興味を持ってもらえるようになるんです。


これを求人に置き換えてみましょう。


求人広告に載っている年収400万円というはメリットなので、先輩の声やスタッフブログで「この職場に就職してから生活が豊かになり、家族も笑顔が増えました」的なベネフィットを載せてみると良いでしょう。


その情報を見た求職者は「ここに就職すれば幸せになれるのか」という想像が出来ます。これは例えですけどね。


ベネフィットはホームページでしか伝えられない事が多いですから、意識して載せることをオススメします。

職員募集ページを設ける

f:id:yubayashi88:20190129204822p:plain

「求人広告に求人内容や募集内容が乗っているからホームページに載せなくて良い」は間違いです。ホームページを求職者のゴールに設定しましょう。


求人媒体以上にわかりやすい求人内容をホームページに載せる事で、募集して来る人は多くなります。


ホームページは情報を載せられる範囲に限りがありませんから求人媒体以上に細かい情報を載せられますし、求人媒体には書けないような内容も書く事が出来ます。


職員募集ページをホームページのわかりやすい位置に設置することで、「あっ本当に募集しているんだ」という安心感に繋がりまし、誘導が簡単になりますね。

スマホ対応にする

f:id:yubayashi88:20190130100257p:plain

これは結構大切な要素です。これをやっておかないと今まで紹介した内容の効果が十分に発揮できなくなってしまいます。


なんとなく想像できるかと思いますが、パソコンとスマホのどっちでインターネット検索する人が多いかと言うと、圧倒的にスマホです。


なので、ホームページはパソコンとスマホどちらにも対応できるようレスボンシブなデザインにしてみてください。


スマホで見た時にパソコンサイトが出て来るだけで離脱する人が多いですし、何より情報が見にくいからですね。


ズームしなければ見る事が出来ませんから、先ほど書いた職員募集ページも見られる事なく終わってしまう可能性もあります。


レスボンシブなデザインは表示速度が遅い傾向にありますが、それよりも見やすさを重視すべきです。


スマホでパソコンサイトが表示されている人は是非とも検討してみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?


ホームページが殺風景な企業や施設はたくさん存在します。全くもって重要だと思っていないところも多くありますし、小さい規模のところはホームページを持っていなかったりします。


その中で他と差をつける事が出来れば求人募集に簡単になり、宣伝にも大きな力を発揮してくれる事でしょう。


今ではその場所に行かなくても情報を取って来れる時代になってきました。通信回線が5GになったりAIやテクノロジーの発展により、更にインターネットは身近になってきます。


24時間ホームページが営業してくれると考えれば、多少の労力も苦にならないはずです。


「求人を出しても思った以上に集まらない」と感じている人は今一度自社のホームページを見直してみてください。きっと上司や同僚からの評価は上がるはずですから。

スポンサーリンク