html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

介護職へ就職するには運転免許って必要?現介護士が教えます

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20190120212709p:plain

「介護の仕事って運転免許ないと受からないの?」


介護の仕事に興味を持った人なら一度は考えることなのではないでしょうか?


介護の世界は女性の求職者も多いですから免許を持っていない人も多いですし、持っていてもしばらく乗っていなくて不安という方も多いと思います。


僕は計3社の福祉施設で正社員として働いてきました。その経験をもとに「介護の仕事に就くには運転免許は必要なのか」ということについて書いていきます。

運転免許はあった方がいい

f:id:yubayashi88:20190120213147p:plain

結論から言うと


運転免許はあった方がいいです。


なくても働くことは出来ますがあった方が就職や転職に有利ですし、便利です。


すぐに介護職をやめる人には必要性はありませんが、今後介護職で腰を据えて働くならつもりなら取得する方向に動いた方がいいというアドバイスをさせていただきます。


運転免許があれば

  • 求人を幅広く探すことができる
  • 採用されやすい
  • 就職の幅が広がる
  • 気分転換になる

というメリットがあります。


このメリットを中心に、免許がなくても働くことのできる施設や自動運転による影響などを書いていきますね。


それでは見ていきましょう。

求人を幅広く探すことができる

f:id:yubayashi88:20190121232603p:plain

就職、転職をする際には必ず求人を見ると思います。新聞に入っている広告やインターネットサイト、ハローワークなどですね。


広告を見てみるとわかりますが、応募の条件として運転免許を必須としている事業所や施設はかなり多いです。


僕ば普段福祉のお仕事という求人サイトを使っているのですが、ここで埼玉県の運転免許を必須としている(高齢者施設・介護職)施設を絞り込んでみると…

  • 指定なし・749件
  • 必須  ・215件
  • 不問  ・534件


749件の求人のうち、215件が運転免許必須という結果となりました。つまり、3〜4つの施設のうちの1つは運転免許を必須としていることがわかります。


埼玉県は東京に近い為割と都会なのですが、これが山梨県になると、検索結果の半数以上の事業所や施設が運転免許を必須としている結果が出ました。


運転免許を持っていると、単純に選ぶことの出来る就職先が増えるということですね。


blog.tsumoriwww.com

2018年現在、需要と供給のバランスが取れていない介護業界は完全な売り手市場となっています。今後介護職の人気が出てくればわかりませんが。


年齢、経験にかかわらず労働環境や待遇の良い施設へ就職することが可能なので、求人の絶対数が多いのは有利だと言えます。


また、福祉施設は駅から離れたところに建てられていることが多いです。近くを探してみるとわかると思いますが、福祉施設って自然豊かな場所にあることが多いんですよ。


土地やお金の関係もあり、田舎の方が経営もしやすいんですね。


これはどういうことかと言うと、通勤で車が必要になる場合が多いということです。


僕は今まで3社の福祉施設で働いてきたと言いましたが、3社とも車通勤です。駅からは歩いていける距離ではなくバスを使わないとたどり着くことは難しいです。


今の障害者支援施設はバスが通っていないところにあります笑。車かバイクがないと通勤はかなり厳しいですね。


何が言いたいのかと言うと、運転免許+車がないと通えない福祉施設が数多くあるということ。


このことからも、運転免許を取得しておいた方が求人選びでは有利になるという結論です。

採用されやすくなる

f:id:yubayashi88:20190121232618p:plain

運転免許を持っていなければ運転免許が必須ではない職場を選ぶことになりますよね。


「必須じゃないなら持っていても持っていなくても採用に関係ないよね?」と考えるのが普通です。


しかし、運転免許が必須ではない施設が免許を持っている人と持っていない人のどちらを採用するか言うと、年齢や能力に差がない場合は運転免許を持っている人の方を採用する場合が多いという現実があります。


それは万が一のことを想定してるからです。日常的に送迎などの運転業務はないにしても、利用者や職員の急変や、役所へ出向かなければならならない時などが「あるかもしれない」と経営者は考えます。


はっきり言って万が一というのはほとんど起こることはないのですが、不安要素は消しておきたいと考えるのですね。


特に従業員が少ない職場では一人がマルチに業務をこなさなければいけないことが多いのでそんな傾向にあります。


また、入所施設で夜間に利用者が急変して職員の応援を頼みたい時、電車通勤の人は応援に呼ぶことができないですよね。


僕が働いていた特別養護老人ホームでは運転免許を必須としていませんでしたが、夜間に応援が必要なことが結構ありました。


採用に悩んだ時は運転免許の有無が判断材料になることがあるので、持っておいたほうが就職や転職に有利だと言えます。


あと、運転免許は社会的信用になると考えている経営者は少なからずいます。「なんだ運転免許も持っていないのか」とバッサリ切られてしまう事例も少なくないです。


運転免許は身分証明にはなりますが、社会的信用とは関係ないですよね。でも運転免許の有無で人を判断する人もいるということは覚えておいたほうがいいかもしれません。

就職の幅が広がる

f:id:yubayashi88:20190116141240p:plain

運転免許が必須ではない事業所や施設へ就職できたとしても、何らかの理由で今の職場を離れることになった時に運転免許があると便利です。


実際に働いてみると「こんな仕事もあるのか」と違う職種への興味を持ったり、「もっと上を目指したい」とキャリアアップを考えることがあるでしょう。


もしくは待遇や給与、労働環境への不満などで「辞めたい」という気持ちになるかと思います。そんな時に運転免許があると便利なんです。


例えば、介護職をやっていて生活相談員の仕事に興味を持ったとしても、相談員は送迎があるから出来ないですよね。


僕の経験では、役職についたり会社を立ち上げる立場の人ほど車を使う機会が増えると感じています。


介護業界は勤続年数の平均が約5年というデータがあります。1年未満で辞めてしまう人の数も多いので、転職を考える回数が必然的に多くなります。


運転免許があれば求人数が多くなりますし、キャリアアップの際も便利になるんですね。介護、福祉業界で長く働こうと思う人は運転免許は取っておいた方がいいでしょう。

運転が気分転換になる

f:id:yubayashi88:20190121232951p:plain

就職とは関係ありませんが、運転免許を持っていると気分転換に繋がる可能性があるというお話です。


介護業界は利用者の生活支援が主な業務ですから、勤務時間のほとんどを施設で過ごすこととなるでしょう。


そんな中で運転で外に出ることが出来ればいい気分転換になるんですよ。


お世辞にも施設はいい匂いとは言えませんし、日々の業務もマンネリ化することもあるでしょう。嫌な職員と勤務が一緒だったら1日が憂鬱な気分になります。


そんな時、施設形態にもよりますが、運転免許があれば車を使っての送迎や外出、役所への手続きなどで外へ出られる機会を得ることが出来ます。


これが結構な気分転換になるんですよ。


一人で運転する時は本当に良い気分です。「寄り道してちょっとサボろうかな」なんていう気持ちになっちゃいます笑。


利用者さんもそうですが、職員も外に出ないとストレスを発散できないんですよ。


運転免許があれば車を使う機会を得られますので、個人的には「運転免許取っておいて良かった!」とつくづく感じる次第です。

免許がなくても働ける施設は?

f:id:yubayashi88:20190116142546p:plain

特別養護老人ホームは運転免許を必須としていない場合が多いです。


基本的に運転手や相談員が送迎しますし、夜間も自分のフロアで急患の利用者さんがいても、人員配置が多いので他の人が運転してくれたりすることが多いですね。


規模が大きいところであれば尚更良いでしょう。


デイサービスは運転手がいますが、送迎する機会はないとは言えません。


運転手はアルバイトであることが多く、欠勤したり突然退職となる場合があるのでその際は緊急的に相談員や介護職員が送迎をすることになります。


大規模な施設であったり特養と併設されているところであれば送迎の機会は少なくなるので、免許がなくても働きやすいです。


小規模の施設では人員が少ない為、免許がないと厳しい傾向にあるかもしれませんね。


求人を見る際には施設形態や規模、職員の人数などを確認してから応募する必要があるでしょう。

自動運転による影響は?

f:id:yubayashi88:20190122000005p:plain

「そのうち自動運転で免許が必要なくなるんじゃないの?」なんていう意見も最近では出始めています。


免許を持っていない人にとっては自動運転が待ち遠しいですよね。


しかし、日本で自動運転がレベル5になるまでは早くても5年、10年かかると言われています。


「じゃあ5年〜10年待ってみよう」こんな風に思うかもしれませんね。


でも自動運転になったとしても免許が必要なくなるという話は国土交通省からも警察庁からもまだ出ていないです。


自動運転により免許が必要ないということになったとしても、介護施設が自動運転の車両を配備するかどうかもまだわかりません。


つまり、自動運転で免許が必要なくなるのを待つにはまだ早いということですね。

まとめ

個人的には、運転免許があった方がいいという結論になります。


ただ、介護業界が初めての人に関しては就職してから運転免許を取得するかどうか決めた方がいいと思います。


働いてみて「長く続けられそうな業界だな」と思ってから取得しても全く遅くはないですね。


現に運転免許を必須としている施設でも「働き始めてから取得すれば採用する」というところも数多くありますし。


張り切って運転免許を取得したのはいいものの、すぐに辞めてしまうというパターンが一番痛いです。


運転免許の取得費用も安くはないですから、就職してから考えてみることをオススメします。

スポンサーリンク