html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

介護の仕事で年収アップを狙うなら今すぐ転職を考えるべき理由


スポンサードリンク

スポンサーリンク



f:id:yubayashi88:20190116141240p:plain


介護の仕事が給料が安いことは、介護の仕事をしている人のみならず社会人であれば誰でも知っていることですよね。


「仕事が給料に見合わない」ということはよく聞きますし、現に介護の仕事をしている僕もそう思います。


じゃあこのまま我慢して働き続ければ良いのかというと、そんなことはありません。手っ取り早く給料を上げるには…


転職する


という選択肢があります。


「そう簡単に就職なんて出来ない」「就職出来るとしてもいい給料のところには入れない」という風に思いますよね。でも大丈夫です。


介護業界は他の業界と違って年齢や経験に関わらず高収入の職場へ転職がしやすい傾向にあります。


僕は転職経験が2度ありますが、2社目から3社目に転職した際に給料が大幅にアップしました。


転職に苦労したかと言えば苦労してはないという答えになりますし、待遇や働き方も良くなったと感じています。


介護業界は働く場所を変えるだけで労働環境や待遇が一気に改善する場合が多いです。僕の経験からも給料アップには転職が非常に有効だと断言できます。

  • 介護業界は空前の売り手市場
  • 介護職は昇給が望めない業界
  • 介護職は高収入の職場に転職することが容易


この記事では上の3点を中心に、給料アップには転職が有効な理由をお伝えしていきます。


「今働いている施設で続けても給料は大幅に上がっていかない」


と、介護の仕事している人なら薄々感じている事実を明らかにし、転職という選択肢を入れてもらえるよう書いていきます。


書けるかな?笑


では行ってみましょう!

介護業界は空前の売り手市場

f:id:yubayashi88:20180728165024j:plain

まずは介護の仕事の需要と供給について説明します。


介護業界は空前の売り手市場。


なぜなら

  • 少子高齢化により高齢者が増え続け、需要が供給を上回り続ける
  • 介護職は人気がなく、担い手がいない


この2点が挙げられます。


これはどういう事かというと、どの施設も人で不足であり求職者は働き場所を選び放題であるということです。


それだけではありません。


介護業界はどこが大手だとかどういう傾向の施設がホワイトなのかがあまり知られていません。また、介護業界は就職が容易な為、求職者は介護施設に対するリサーチを十分にしていません。しなくても就職出来るんです。


つまり、求職者は働きやすい施設や給料が高い施設に就職出来ていないので、そのような施設も人手不足であるという事。


例えばですが、年俸何億ももらえるプロ野球選手という職業の知名度が非常に低く、選手を募集しているのと一緒です。

売り手市場は終わる?

f:id:yubayashi88:20181228222349j:plain

「介護業界の人手不足が深刻」と考えた厚生労働省は、2019年10月の消費税増税分の中の2,000億円を介護士の処遇改善に充てることとしています。

blog.tsumoriwww.com

介護福祉士の賃上げですね。


この動きは今いる介護職員を離職させないこと、介護職員を目指す人を増やすことが狙いだと言われています。


それほどまでに人手が足りていないということなんですね。


介護業界の給料が上がる動きは今後も出てくるでしょう。給料が上がると介護職の人気が高まることが予想されます。


メディアも取り上げれば人気は一層高まるでしょう。


そうなってくると就職が難しくなってきますよね。


煽るつもりはありませんが、介護業界に人が流れ込んでくる前に転職をしておかないと後悔するかと思います。


転職するなら早いうちにですね。

介護職は昇給が望めない業界

f:id:yubayashi88:20181204103327j:plain

施設で長く働いても給料はあまり上がらない


このことは介護業界で働いている人は身に染みて理解していることだと思います。僕の施設も給料は良いのですが、これからグッと上がることは正直期待できません。


福祉は歴史を辿ると「奉仕」から始まっておりそれは今でも続いています。


事業所を運営するお金のほとんどを国に依存している状態であり、事業所や職員が頑張っても給料が増えることはあまり考えらないのです。


いくら頑張っても営業成績に現れるわけでもなく、職員全員が同じサービスを提供できることが求められる世界です。


会社がめちゃめちゃな利益を出すわけでもないので「業績が良かったからボーナスに反映しておいたぞ」という浮ついた話もありませんよね。


昇給は施設にもよると思いますが5,000円前後が相場で、役職手当や資格手当も高くて数万円といったところでしょうか。ちなみにうちは資格手当はありません笑。


多分、ガツンと給料を上げるには施設長レベルになるか施設を自分で立ち上げるくらいでないと難しいでしょう。


「そこまではやりたくない」という人は毎年の昇給を待つことになると思います。


ジワっと上がっていく感じですね。業績に左右されることがないので給料が下がるということが考えにくいのが介護業界の強みではあります。


なので、不満があっても我慢して仕事を続ければ徐々に給料が増えていくということです。


でも転職をすれば基本給がプラス5万円、10万円も難しくない世界です。5万円は昇給を10年待つのと一緒の金額です。


介護業界の平均勤続年数は5〜6年ですから、昇給を待つのは中々難しい現状があるでしょう。


施設でいくら頑張っても大幅に給料は上がっていかない、介護業界はそのような現状なんですね。

転職が容易

f:id:yubayashi88:20181118140706j:plain

僕が給料アップに転職をオススメする理由は、転職が非常に簡単だからです。


介護業界は本当に他の業界と比べて簡単に転職出来ます。経験や年齢があまり関係のない世界です。


おそらく想像しているよりも遥かに転職のハードルは低いでしょう。

blog.tsumoriwww.com

最初にも触れた通り介護業界は常に人手不足です。


ぶっちゃけて言うと


誰でも良いからとりあえず働いてくれ!


という施設は数多くあります。僕の施設もそのような状況に陥ることは稀にありますので笑。


介護業界の採用基準は人柄と適正なので、介護技術や知識はあまり重要視されません。


技術や知識は後から付ければ良いだけの話なんですよ。虐待が横行している介護業界で必要な人材は「思いやりのある人」です。


これほどまでに売り手市場で転職が容易な業界は他に想像が付きませんね。

ただ、転職は勇気がいる

f:id:yubayashi88:20180826152254j:plain

給料アップには転職がオススメという話をしてきて今更なのですが、転職って勇気がいりますよね。


「失敗したらどうしよう」などという不安は絶対にあるはず。人間は自然とリスクを避ける傾向にあるので「今働いている施設にいた方がいいんじゃないか」という風な思考になりがちです。


無理に転職をする必要はありません。


でも、給料についてかれこれ一年以上悩んでいるのであれば転職をした方がいいというアドバイスをさせていただきます。


それはなぜかと言うと、一年以上悩んでいるのであれば一生悩み続けるからです。


満足出来ない仕事を送り続けることは普段の生活にも悪影響が出ますし、仕事に対しても「仕事が給料に見合っていない」という気持ちが常に心の中にあるので、投げやりになったり利用者さんにきつく当たってしまうことに繋がりかねません。


給料が低いことで利用者さんに八つ当たりをしたという事例は良く聞く話です。


一年以上悩んでいる方、もしくはこれから一年働いてみて不満が尽きないようであれば、転職をした方がいいでしょう。

blog.tsumoriwww.com

上の記事で僕なりに失敗しない転職方法を経験を踏まえて書いてみました。


今のままで「給料が低くても頑張っている自分はすごい」という風に思いたい人にはオススメできませんが、一歩踏み出して世界を変えたい人にはぜひ読んでもらいたいですね。

万が一転職に失敗したら

f:id:yubayashi88:20181125190841j:plain

どんなに最善を尽くしても転職に失敗することはあります。いくら給料が良くても労働環境が悪かったり人間関係が上手くいかなかったりということですね。


そうなった時は転職を繰り返せばいいだけの話です。成功するまでです。


介護職は短期退職した回数が多くても採用の枠には入ることが多いです。僕も人事に携わることが多くなってきたのですが、その人が過去に何があっても関係なく判断しています。


あまり大きくは言えないのですが、とりあえず働いてもらって適性があるかどうかを試用期間終了時に判断するんですよ。


本人とも「これからも働けそうですか?」みたいな会話もします。僕はそれくらい介護の世界で働いてくれる人は重要だと思っているので、そのような対応をしちゃいますね。


昔みたいに「この会社に骨を埋めるつもりで働くんだ!」という風潮はありませんし、むしろ様々な会社や施設を渡り歩いている人の方が、経験豊富という見方をされる時代ですからね。


「失敗したら次に行けばいいや」という軽い気持ちでやることが重要です。


というか、介護業界は年齢やキャリアに関係なく高収入な施設に転職が可能なので転職に失敗はないと言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか?


給料アップには転職が有効なこと、転職が簡単に出来ることは少しは伝えられたのかなと思っています。


転職への気持ちのハードルも下がったのではないでしょうか。


転職は勇気がいることですが、一歩踏み出すことで今までの悩みや不満が吹っ飛ぶ可能性は十分に考えられます。


今までストレスだったお金の問題も解決することで普段の生活に潤いが出てきます。そうなれば仕事にも前向きに取り組むことが出来るでしょう。


「人生はお金じゃない」という言葉は良く聞きますが、お金で解決することが数多くあるのは事実です。


空前の売り手市場にあなたも是非飛び込んでみてくださいね!

スポンサーリンク