html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

介護の仕事は人気がないと言われる4つの理由と解決方法


スポンサードリンク

スポンサーリンク



f:id:yubayashi88:20180802214424j:plain

介護職は人気がない?

介護の仕事は人気がないっ!


これは誰もが納得する事実なのではないでしょうか。僕も介護士ですが、悲しいことに認めざるを得ません。


子どもの「なりたい職業ランキング」でも上位に入っていることは見たことがないですよね。


現に、しょうがなく介護の仕事に就くしかなかったという人が数多くいる業界です。



どうして介護の仕事は人気がないのでしょうか。



今回は介護の仕事に人気がない理由とそれを解決する方法を紹介したいと思います。

仕事内容がつまらない

f:id:yubayashi88:20181206180429j:plain

現に介護の仕事をやっていますが、つまらないものが多いのは正直なところです。


つまらないというか内容が単調でやりがいが感じづらいと言った方が正確でしょうか。


高齢者の食事、排泄、入浴介助の中で何も起こらないようにしていくのが仕事ですから、何かを成し遂げる達成感が味わいにくいんですね。


世間にはそのイメージとして染み付いています。


「仕事じゃなくても出来る」というのは事実ですし。「誰にでも出来る」と言われれば納得せざるを得ません。


仕事内容に光が見えないのが介護の仕事に人気がない理由の一つでしょう。

給料が低い

f:id:yubayashi88:20181127220821j:plain

介護職の給与が低いことは誰もが知っていることですかね。給与が低いと人気が出ないのは当然です。


給与が低い=仕事に価値がないということが言えますから、目指そうと思う人が少ないのは当たり前でしょう。


介護職は月給で言えば全産業の平均より約10万円低いと言われています。


福祉の世界は元々利益を出すことが目的ではなく奉仕で活動をしていました。財源も国次第といったところですから、各事業所はどうしようもない側面があるのは事実です。


仕事の成果によって大幅に給与が上がることはありませんし、入職する前から将来の給与がどれくらいになるか見えてしまうというのは夢がありませんよね。


でも最近は給与の見直しが急ピッチで行なわれています。


離職率の低下を狙うのが目的ですが、介護業界にスポットが当たることで人気は高まるでしょう。

社会的地位が低い

f:id:yubayashi88:20180901190949j:plain

「介護職は底辺」



こんな言葉をどこかで耳にしたり目にしたりした人は多いのではないでしょうか。


誰にでも出来て給与も低いとあれば、そう言われても仕方がないのかもしれません。


実際に現場でも看護師や理学療法士、医師に比べると地位が低いのは事実ですし命令されて動くことが多いですからね。


世間はそれがわかっていますから、わざわざ社会的地位の低い介護士になるメリットがないのです。

仕事している人が楽しそうじゃない

f:id:yubayashi88:20180315205302j:plain

なんとなく介護の仕事をしている人って大変そうで希望を持っていないイメージありませんか?


僕の中では、単純に不満を持っている絶対数が多いです。


上に挙げた理由もありますししょうがなく入職する人が多い世界ですからね。


メディアは介護の辛い現状を取り上げますので、マイナスのイメージを植えつけられがちです。


インターネットでも「辛い」「大変」「報われない」などの書き込みが多く見られます。


このような現状を見せられたら人気がなくなるは当然でしょう。

どうしたら人気が出るのか

f:id:yubayashi88:20181125190841j:plain

どうしたら介護の人気がないという問題が解決するのでしょうか。


僕の中では介護の人気を高める方法が2つ浮かんでいます。

blog.tsumoriwww.com

上の記事では1つと書いていますが、それは介護士が出来ることです。


2つとは、給与を上げること、不満言わないことです。


記事を読んでもらえればわかるとは思いますが、少し内容を紹介します。

  • 給料を上げる

給料が上がることで単純に就職したいと思う人が増えますよね。これは直接的です。


また、社会的地位が向上するので人気が出ることに繋がります。では、給料は上がるのか。


上がる可能性が高いです。


厚生労働省は2019年10月の消費税増税のタイミングで、介護福祉士へ8万円の賃上げをすることが決まっています。


対象範囲は介護福祉士以外に広げることは今検討中ですが、ほぼ決定ではないのでしょうか。


少子高齢化で介護の需要が高まることは確実ですから、介護の仕事に就いてくれる人を増やしたいわけですね。


直接給料が上がるわけでないですが、このような動きは今後も活発になるでしょうから、介護の人気は高まることが予想されます。

  • 不満を言わない

これは介護士のみが出来ることです。


不満が出るような待遇であるのは仕方がありませんが、マイナスの表現ばかりでは人が集まってくれません。


僕ら介護士が未来を語ることによって、絶対に人気は出てきます。


インターネットという誰しもが情報を目にすることが出来る場所でこそプラスの発言をしていかなければいけないですね。


ただ待遇が変わらなければ難しい現状でもあります。


上に挙げたように給料が徐々に上がって行くことは容易に想像できますから、自然と不満は減っていくでしょう。

まとめ

介護の仕事は人気がありませんが、そのイメージは僕らが作り出しも同然です。


介護の人気を高めるのはメディアの影響も大きいですが、現場の介護士が夢を語らなければ絶対に改善はされないことでしょう。

スポンサーリンク