html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

40代で介護職への転職は難しい?現介護士が真相を教えます

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20190303003906p:plain

転職への悩み

  • 介護職の仕事に興味はあるけど、40代でも転職出来るのかな?
  • 他業種からでも大丈夫?主婦で子育てが終わったからやりたいけど平気かな?
  • 体力に不安。給料は低いの?もし転職に失敗したらチャンスはなさそう…。

40代で介護への転職を考えているあなたはこんな不安を抱えているのではないのでしょうか?


40代にもなると家族が出来たり今の会社で積み上げたキャリアがあったりと、若い頃にはなかった複雑な要素が出てきますよね。


介護職に就けるのか、就けたとしても長く働き続けることが出来るのか不安だと思います。僕はまだ30代ですがすぐにアラフォーの世界が待っています。


今回は労働者として、そして雇用者として40代で介護の世界へ転職することは可能なのか、転職出来ても満足に働くことが出来るのかについて解説していきます。

40代で転職は可能なの?

f:id:yubayashi88:20181118140706j:plain

まず最初に40代で介護職につけるのかということですね。結論から言うと、40代で介護職への転職は大いに可能です。


可能というか全く問題ないと言えます。これは性別や職歴、資格の有無、施設形態に関係なくですね。


介護業界は中途採用が8割で常に人手が不足している状況です。働いている人の平均年齢が45歳であり、40代で活躍から仕事を始めても何ら問題はありません。

blog.tsumoriwww.com

転職が可能な理由を書こうと思ったのですが、長くなりそうなので上の記事にまとめました。この記事を読んで自信をつけていただければと。


僕の職場でも40代や50代で転職してくる人が多くいて普通に採用しています。逆に若い20代とかが少ない業界ですね。


具体的な転職の方法については後々触れていきます。続いては40代で転職することのメリット、デメリットを見ていきましょう。

40代で転職することのメリット

f:id:yubayashi88:20181110163823j:plain

メリットなんかあるの?って思うかもしれませんが、あります。


介護で働く人は40代がメインですからね。他の業界に比べてメリットが多くあるのではないでしょうか。

今までの人生経験が生かせる

どんな人生であろうが誰しみもいろんなことを経験してきたはずです。


会社であればコミュニケーションの取り方や先方とのやり取り、PCスキルなど。


主婦であれば子育てという壮絶な戦いをしているはずですし、ママ友とのやりとりを経験していることでしょう。


介護は人を相手にする仕事です。職員同士の人間関係も難しい傾向にある業界ですから、上手く立ち回れる能力が求められます。

合わせて読みたい

blog.tsumoriwww.com

40代は介護業界では中堅です。20代や30代などの若い世代を取りまとめたり、50代以上のベテランも上手く使うことが出来れば昇格も難しいことではありません。


介護は技術よりもやる気、適性が重視される業界です。人間の深みが出てくる40代は介護業界で活躍できる可能性を大いに秘めていることでしょう。

高齢者の気持ちがわかる

40代ともなると、誰しも体に不調をきたした経験ってありますよね?


疲れが取れにくくなったり筋力の衰えを感じたり、風邪を引きやすくなったりと。


身を以て体験していることが利用者にも起きてるので、単純に気持ちを理解しやすくなるんです。


「この人は身体機能が低下しているから体が動きづらいんだな」とか「物忘れしやすいのは当然だよな」とか。


この理解があると利用者に優しく出来ますし「なんでこんなことも出来ないの?」と自分がイライラすることもありません。


高齢者の気持ちになって仕事が出来るという強みが40代にはありますね。


20代、30代にはわからないかもしれないことかもしれません。


あとは単純に利用者と歳が近いから受け入れてくれやすいというメリットもあります。

世代が近い職員が多い

先ほども触れましたが、介護業界で働く人の平均年齢は45歳です。


20代と60代しか働いていなくても平均が45歳になる可能性もあるのですが、それでも同年代が働いている確率は高いです。


同年代で且つ未経験の40代であれば状況は一緒ですよね。これは物凄く心強いことだと思います。


初めて入る業界で同じような気持ちで働いている人がいるっていうのは励みになりますし、不安も取り除いてくれます。


仕事をする上でも、年齢が近いことで分かり合えたりすることも多くなってくることでしょう。

40代で転職することのデメリット

f:id:yubayashi88:20180806230130j:plain

当然、40代での転職にデメリットはあります。


でも思いつくのは給料や体力くらいでしょうかね。

給料が低い

これは深刻な問題で、転職を悩んでいる人の多くが給料でためらっているのではないでしょうか。


まず、今まで他の業界で働いていた人はキャリアが一からになるわけですから、給料が低くなるのは容易に想像できること。


更に介護業界は給料が少ないことでよく知られています。平均年収としては全産業より100万円ほど低いというデータがあります。


恐らく40代で入社しても手取りで20万円いかないということはザラにあるでしょう。


これは独身であればまだしも家庭を持っている人にとっては致命的なことですよね。


しかし、介護業界は給料が高い事業所や施設に人が集まっていないことは珍しくありません。


その理由について書いた記事を載せます。避けた方がいい施設についてもわかるので参考にして見てください。

合わせて読みたい

blog.tsumoriwww.com

介護は本当に色々な施設があります。給与体系や施設で働いている人、仕事内容など様々です。


「転職先が働きやすくて給料がいい」という人もいれば「休みもなくて人間関係も最悪」と、転職に関する経験談はたくさんあります。


20代のように若くないですから転職は成功させたいもの。後者のようにならないためにも適切な転職方法は絶対に抑えておくべきでしょう。

体力に不安

介護は力仕事と言われるように完全に肉体労働です。食事、排泄、入浴などの身の回りの支援はもちろん、人一人を持ち上げるような場面も多々出てきます。


また、勤務的にも不規則で、夜勤は精神的にも肉体的にも消耗します。2交代の施設であれば夜勤で16時間を勤務するわけですから、それなりに体力は必要でしょう。


個人的には、不規則勤務や仕事内容は慣れてしまえば40代でも問題ないかなと思いますが、それ以上に重要なのは体の使い方です。


介護業界は慢性的な腰痛に悩まされる人が多くいます。腰痛により退職した人を何人も目にしてきました。


介護の世界で生きていくために大切なのは腰を壊さないことです。40代で腰を壊してしまうとまた転職せざるを得ません。


そのためにはボディメカニクスを体得することが必須です。ボディメカニクスは最小限の力で人を動かす技術のことです。


これは働きながらでも十分に体得することの出来る技術です。定年まで働こうと思っているのであればしっかりと学ぶことをお勧めします。

一生介護で働く覚悟が必要

40代で介護の世界へ入ったら定年まで働く覚悟が必要だと思います。


介護は40代、50代でも転職できる業界ですが、他の職種はそうとも限りません。「やっぱり介護は合っていないな」と思っても、他の仕事への転職は厳しいでしょう。


逆に考えれば、定年まで十数年なので将来設計は簡単だという見方も出来ます。介護の世界でスペシャリストになれば、定年を超えても働くことは大いに可能です。


管理者、運転手、雑務などの力仕事以外の仕事内容もありますから、体を労わりながら仕事を続けていくことが出来るんですね。


同じ業界での転職のハードルは低いですから、一生介護の世界で働きたいと思っている人にとってこの業界は合っていると思います。

どうやって転職する?

f:id:yubayashi88:20190206202025p:plain

メリットとデメリットがわかったところで「どうやって転職すれば良い?」という疑問が湧いてくるはずですよね。


介護は売り手市場であり転職に失敗しても何回でも挑戦できるのが特徴ですが、出来れば一回で成功させたいもの。


資格は取っておいた方がいい?とか、どの方法で求人を探す?などは知ってきたいと思うので、個人的にオススメする転職方法を紹介していきます。


細かく知りたい方はカテゴリーの転職欄から飛んでみてくださいね。

資格は働いてからでも遅くない

「資格は取っておいた方がいい」という意見が多いと思いますが、個人的には働いてから資格を取得するという方法を推します。

介護の仕事をする上で最初にとるべき資格として挙がるのが、介護職員初任者研修という資格。

介護職員初任者研修の資格取得に「ちょっと待った!」 - 人生を飲み尽くす

取っておいた方がいいという情報を流しているのは資格を取ってもらうことで利益の出る業者です。


実は介護職員初任者研修は、持っていなくても働くことの出来る施設が多くある上に、さほど介護技術を得られる内容のものではありません。


それよりも大切なのは、自分が介護の仕事に向いているのかということです。資格を取ったものはいいものの合わずに辞めて資格が無駄になったという人は大勢いるので、無理して取らなくてもいいです。


むしろ、現場で働いてみて「続きそうだな」と感じてからでも遅くはないです。求人の数としても無資格で募集しているところは多いですし、何よりも採用の基準は人柄や適性です。一回働いてみてからでも問題ないでしょう。

介護ができるのは高齢者施設だけではない

一つ認識として入れおいていただきたいのが、介護できるのは何も高齢者の施設だけではないということです。


福祉、介護=高齢者施設というイメージが先行しているのですが、他の障害分野や精神分野でも介護は可能です。


この2つの分野は高齢者施設より介護度が低い為、介護の入りとしてはオススメです。


僕は2回の転職を経て障害者支援施設で働いているのですが、体の負担が少ないので40代の人には合っているという認識です。

僕が介護施設ではなく障害者支援施設で働き続ける理由 - 人生を飲み尽くす

最初は介護度の低い施設で働き、最終的に高齢者施設で働くという手段は考えておいてもいいと思いますね。

どの方法で転職する?

転職の方法

  • 求人媒体(紙、web)を見て自分で応募する
  • 転職エージェントサイトを利用する

介護業界の転職方法は大きく分けて上の2つです。


個人的には、40代で初心者であればエージェントサイトを利用後、自分で見つけて応募するという流れがいいと思います。


当然、エージェントサイトで決まればいいのですが、情報を得るという手段に留めておいた方が良いかと。


エージェントサイトは介護の専門家が求職者と施設を結ぶ役割を担います。利益のみを追求している業者もいますし、初心者は業者の思うままに誘導されてしまう恐れがあります。


そのような危険もありますが、介護について様々な情報を持っているので、自分がどんな施設に合っているのかを含め、自分の適性を知ることが出来たり裏情報などを得ることが出来ます。


無料なのでとりあえず2つくらい登録してみて話を聞いてみると良いでしょう。


その中でも、40代は給料が高い施設がいいと思うので、高給与の案件を持っているエージェントサイトがいいでしょう。

blog.tsumoriwww.com

転職祝い金を採用していて高給与の案件を持っている業者をピックアップしたので、この機会に利用してみてください。


ちなみに僕は介護のお仕事というサイトで転職に至りました。


たまたまかもしれませんが、日本の正社員の平均年収を超える給料をいただいているので、興味が湧いた方はぜひ。

40代で介護への転職は可能?まとめ

40代での転職は可能なのか、メリットやデメリットはあるのかを紹介してきました。


デメリットは当然ありますが、それを補うほどのメリットがありますね。本当に重要なのは就職する施設です。


介護業界で楽しく働くためにも就職活動だけは慎重に進めることをお勧めします。

スポンサーリンク