html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

現介護士が介護の仕事のやりがいを本気で語ってみる

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20181202113049j:plain

介護はやりがいを感じづらい

22歳から31歳の現在まで介護の仕事続けているごろうです。結論を言っちゃうと、介護の仕事にやりがいはありません。


えーっ!


介護の仕事をしようか悩んでいる人にとってびっくりな発言笑。ただ、これはネットに転がっている意見です。僕はと言うと…


まぁまぁやりがいを持って仕事をしています。←まぁまぁなんかい!笑


でもこれは本音です。残念ながら、介護の仕事はやりがいを感じづらい環境が揃っているとしか言いようがありません。後は企業や個人の意識次第といったところでしょうか。


今回は、介護の仕事にやりがいを感じづらい理由と、どうしたらやりがいを感じながら仕事が出来るのかを書いていこうと思います。

仕事内容が単調

数時間ずっとオムツ交換や体位交換という、いわゆる作業的な仕事内容が非常に多いのが介護。ただの流れ作業とでも言いましょうか。


その仕事内容に価値を感じる事は出来るでしょうが、ワクワクを感じるのは非常に難しい。オムツ交換をするのは「当たり前」ですから、そこに何も生まれないんですよ。


時間内に出来なかったら怒られるだけです。クリエイティブの仕事のように何かを生み出す仕事ではなく、何も生まれないようにするのが介護の仕事です。


要は刺激がないんですよ。オムツ交換をするのが当たり前で何事もなく終えるのが求められる仕事です。そこに価値を感じられる人間は非常に少ないと思います。


利用者が「本当に本当にありがとうっ!」と泣きながら感謝してくれるのなら喜びを感じるかもしれませんが、「ありがとう」の言葉が言えないような介護度の人もいますから見返りがありません。


福祉は見返りを求めてする仕事ではありませんが、人は見返りを求めてしまう生き物です。


全ての仕事がそうだとは限りませんが、ただの作業となってしまうような仕事が介護業界には多すぎるということですね。

忙しくてそれどころじゃない

お年を召した方とのコミュニケーションも一種のやりがいとなりますが、そもそもその時間がありません。


慢性的な人材不足もあり課せられた仕事を終えるのに一杯一杯になってしまうので、いつしかコミュニケーションを取るのも忘れてしまいます。


忙しい環境は人をイライラさせマイナス思考へと誘い「なんでこんなことも出来ないの!?」と、ぶつけようのない怒りをこみ上げさせます。


忙しいのが当たり前となっている施設も多いので感覚が麻痺して壊れていくんですよ。


ってなんか書いていて怖い内容になってきたぞ笑。なんか脅しているみたい。


全ての施設が忙しいとは限りませんが多いのは間違いないです。もしあなたがこれから介護の仕事をしようと思っているのなら、人材不足の施設は避けるにこしたことはないです。


未経験でもいい施設を選ぶことは可能なので、気になる方は下の記事を覗いてみてください。

blog.tsumoriwww.com

当然、忙しい事がやりがいとなる場合もあります。忙しくてどうしようもない状況を打破して退勤した日は気持ちが良いんです。


ただそれは勤務時間内に終わる仕事内容に限ります。時間外、サービス残業が当たり前の介護業界では時間外労働はストレスにしかなりませんから。

結果が表に出ない

皆が同じ仕事内容で同じように出来なければらない介護。結果が数字として現れにくいので人との差別化が難しい現状があります。


いくら頑張って良い支援をしたとしても、相手がお年を召した方で中々意思を伝えられなかったら良い結果だったことすらわかりません


そんな環境は「なんであいつ頑張ってないのに俺と一緒の給料なんだよ」と、職員を批判するような雰囲気も作ってしまいます。


頑張らなくても良いのであればやる意味がありませんよね。僕もこれでだいぶ悩みました。


そんな職場に必要なのは、褒め合うこと。上に立つ人間が率先して「よくやってるね」と声をかけてあげるだけでもだいぶ違います。


結果ではなく行動に対して評価してあげる事が大切になります。人間は誰しも認められたい欲求を持っているのですから。

やりがいを感じるにはどうしたらいい

じゃあどうしたらいいのよ!って感じですよね。個人で出来ることで言うと、福祉マインドを学ぶことでしょうか。


「何言ってんの?」って思った人はスマホやパソコンの前で手をあげて下さい笑。


要は、福祉とは何かを理解し奉仕の気持ちで仕事に取り組めるマインドを持つことです。


介護は誰でも出来る仕事ではないこと、辛い仕事だということ、やりがいを求める仕事ではないことをまず理解する必要があります。


「やる仕事がないから介護にしよう」という気持ちで介護の仕事を始めると絶対に続きません。そういう人は「世話をしてやっている」という気持ちになり、次第に仕事に価値を見出せなくなります。ネット上の書き込みを見てみるとそれがわかると思います。


その覚悟を持つ事がまずスタートラインとなります。その上で介護とは何か、高齢者とは何かを学んでください。


歳を重ねるとこのような傾向が見られるとか、症状が現れやすいとかそんなもので大丈夫です。福祉は奉仕ということを常に忘れないことです。


あとは職場選びですかね。僕の経験上、職場で人生が変わると言っても過言ではないと思っています。上に載せた記事にとか他の記事に職場選びの方法も何となく書いたので、時間がある人はどうぞ。

スポンサーリンク