html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

障害者支援施設は社会福祉士の資格を活かせるのか

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20181110161204j:plain

社会福祉士の配置義務はない

障害者支援施設が日中に生活介護、夜間は施設入所支援サービスを提供する施設です。


障害者支援施設に必ず配置しなければいけないのが、管理者、看護職員、サービス管理責任者、生活支援員のみ。


必要であれば医師、理学療法士や作業療法士を配置してもいいことになっています。


つまり、社会福祉士の国家資格を持っている職員の設置義務はないということですね。

資格手当を支給している施設もある

f:id:yubayashi88:20181127220821j:plain

社会福祉士の資格を持っている人に対し資格手当を支給する施設もあります。社会福祉士という専門性があってのことでしょう。


僕の経験では月に1,0000円前後ですが、年間で考えれば大きな額です。

資格を活かせる施設なのか

f:id:yubayashi88:20181123191424j:plain

基本、社会福祉士を生かせない福祉施設はありません。障害者支援施設は社会福祉士の配置義務はないですが、大いに活かせる職場でしょう。


僕は社会福祉士で障害者支援施設に勤めていますが、国家資格を取る為に勉強したことが活かされている場面が多々あります。


専門的な知識はもちろんですが、福祉や障害者への理解が少なからずあると仕事が凄く楽で楽しく感じるんですよ。


なぜその行動を取るのかわからない利用者がいても、専門的な知識で理解できたり、理解できなくても理解しようとする習慣が付いているので「なんでそんなことしてるの!?」と思うことが少ないです。


「あまり話したことのない職員の支援や対応に疑問を持っていたけど、話してみたら理由とか根拠が分かって納得した」っていう経験ありませんか?」それと似たようなことです。


人間は行動や言動の根拠がわかると安心する生き物。社会福祉士という資格を持っていると行動や言動の根拠を理解できる可能性が高まります。それは利用者にとっても自分にとってもプラスのことですから。


国家資格を持っていなければ出来ない仕事に就かなければ資格を活かせないという訳ではありません。あなたの行動や言動は、国家資格を得るために過ごした時間によって作られたもの。


つまり、福祉の世界にいる時点で、無意識に社会福祉士という国家資格が活かされているということなんです。それを自覚出来ると働き方の幅が広がります。


話がずれてしまいすみません。障害者支援施設にはケアプラン作成や相談支援専門員といった仕事もあります。


利用者の入所調整もありますから、必ずしも現場に出て働かなくてはいけないわけでもないんですよ。


社会福祉士の得意分野である相談業務をしたい方には障害者支援施設も就職の選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク