html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

介護職って本当にきついの?現介護士が仕事について徹底的に教えます。

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20181110163823j:plain

この記事を見ている人は


1、介護の仕事に就きたい。だから仕事がきついのか知りたい
2、今介護の仕事をしていてきつい。同じ悩みを共有したり解決してほしい。


この2つのどちらかではないでしょうか。僕はこの2つでこの記事に訪れた人に向けて書いていく(ちょっと1寄りかもしれません)のでそれ以外の理由で来た人は読まないでください。

覚悟、誇りを持って仕事が出来てない人には辛く感じる仕事

f:id:yubayashi88:20180806230130j:plain

これがこの記事の答えです。


僕の経験上、覚悟や誇り、信念を持っている人はきついという理由で退職していきません。「きつい、報われない」と言って辞めていくのは仕事に対して覚悟や誇りを持たず入職した人です。


「きつい、報われない」と言ってやめていくのはなぜか、それは想像していた仕事と違うからということが挙げられます。


ネットで「汚物処理が大変」「暴言を浴びた」などという書き込みがあるのですが、そんなのは当たり前のことです。ちょっと言葉が悪くなるのですが、そんなのも知らないで働いているの?というレベル。


歴史を辿るとわかるのですが、福祉は奉仕をする仕事です。それを理解せず仕事に取り組んでいる人が非常に多い。


でも決してその人が悪い訳ではありません。福祉や介護への理解がなくても参入できる、参入せざるを得ない福祉業界が悪いのです。


慢性的な人手不足により介護業界は雇用の受け皿となっています。一般企業に受からなかったり会社をリストラされたら介護業界に行けばいいという風潮が間違いなくあります。


「誰にでも出来るのか」と、仕事内容や辛さ、やりがいなどを知らないまま、そして簡単に採用されることで責任感も沸かなければ「想像と違う!」となるのは当然のこと。


これは「ネットで簡単に10万円稼げます!」という広告と同じです。それを鵜呑みにして軽い気持ちで入っていった人は「稼げないじゃん!」ってなりますよね。


介護業界がきついと言われる原因は、なんの覚悟もない、仕事への理解のない人たちが他の職種より多く働いているだけのことなんです。

本当はきついだけじゃない

f:id:yubayashi88:20180728171348j:plain

ここで、「介護はきつくないですよ」とは言いません。きついと思うときもあるし早く帰りたいと思うときだってあります。でもそれってどんな仕事も一緒ですよね。


結局介護業界がきついと言われる理由って仕事に価値を見出せないからなんですよ。きつさを上回る価値を見出す術を知らないとでも言いましょうか。


ちょっと自分の話になりますがいいですか?ダメって言われても話しますが笑。


僕は福祉大学に入って福祉の勉強をしてきました。いわゆる福祉を目指してきた人間な訳です。「若いのに偉いね」なんて言われますが自分では全く偉いと思っていません。


福祉の歴史、人とは何か、高齢者への理解、専門的な知識など色々勉強してきた結果、福祉を愛する気持ちが生まれたんです。


愛っていう言葉を使うのは恥ずかしいですが、パッと出てきました。許すとか、受け入れる気持ちが無意識に生まれたんだと思います。


暴言などを浴びても「なんだこの野郎!」ともなりませんし、この人がなぜこういう身体状態なのか、なぜそのような事を考えているのかが考えられるようになりました。理解できなくとも理解しようとしますね。


心に余裕が生まれると仕事に楽しさを感じられるようになります。人によっては食事介助、入浴介助、排泄介助は機械的な流れ作業かもしれませんが、そこに価値が見い出せるようになるんです。


つまり、福祉へのある程度の知識や理解があれば辛さ以上のものを味わうことが出来るということ。それがないからただ辛い仕事になる訳なんです。

低収入と人間関係の悪さがきついと思う心を助長させている

f:id:yubayashi88:20180802214424j:plain

給料が低く人間関係が最悪な職場で仕事の価値が見出せなければ「やってらんねーよ」となるのは当然ですよね笑。


介護業界は特に人間関係が悪いと言われています。離職する理由の4人に1人が人間関係で辞めているというデータがありますからね。


なので、給料と人間関係が良い職場であれば仕事への満足度は高くなるでしょう。


介護業界の平均年収が1,000万円で人間関係がいい職場が普通であれば、ここまできついと言われないでしょうから。


今は未経験で無資格でも世間の平均年収を上回る給料をもらえる職場もたくさんありますし、人間関係や労働環境の悪くない職場を探すことも容易になってきました。


僕もある方法でいい待遇の施設へ就職できたので、それについて書いた記事を貼っておきます。

blog.tsumoriwww.com

昔よりは確実に介護職の給料は上がっていますが、施設によって振り幅は大きいです。介護は人間関係が悪くなるようなシステムというか環境が揃っているので、その辺の記事はまた後日書こうかと思います。

まとめ

介護業界は本当にきついの?ということについて書いてきました。肉体的や精神的に辛いのは確かですが、辛いだけじゃないのは確かです。


介護業界に初めて参入する人は、実技や座学などの勉強をし福祉や介護への理解を深めることが重要になってきます。


今働いていてきついと思う人は、仕事の中で楽しさを見つける努力が必要です。給料や人間関係で悩んでいるのであれば、思い切って転職してみるといいでしょう。

スポンサーリンク