html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

グアム旅行をオススメ出来ないのはこんな人6選!

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20181109142639j:plain:h600:w700

グアム旅行で後悔しないために

日本からのフライト時間は3時間弱で、旅費は安も時差も1時間しかないことから、手軽に行きやすいビーチリゾートとしてグアムは候補に上がりますよね。


ただ、その手軽さだけで選んでしまうと「来なきゃよかった」と後悔する羽目になる可能性があります。


年に一度ほどグアムに行く僕が、「こんな人にはグアムはオススメできないな」というものを挙げてみました。多く当てはまる人は旅行先の候補から外した方がいいかもしれないので、初めてのグアム旅行を考えている人は読んでみてください。

ジャンクフードが得意ではない人

f:id:yubayashi88:20181108230547j:plain

グアムはアメリカ合衆国の準州、つまりアメリカです。アメリカのグルメと言って思い浮かぶのは、そう、ジャンクフード。


ハンバーガー、ステーキ、ピザ、パンケーキ、ハンバーガー…あれ、ハンバーガー2回出てきた。2回出てくるくらいジャンクなものばかりです。


まず、このような食事が得意ではない方はグアムは合わないでしょう。もちろんジャンクフード以外のグルメも食べる事が出来ますが、グアムに始めて行く人は美味しい食事を見つけるのに一苦労します。


野菜は高価で味付けも日本と違うんです。行って食べると分かりますが味が濃いのなんのって。砂糖バッシャーのケチャップどっさーですから笑。


ジャンクフードが得意な僕でさえ、3日目くらいで「もういいかな」ってなりましたからね。ジャンクフードが得意じゃない人は一層感じる事でしょう。

沢山ショッピングがしたい人

f:id:yubayashi88:20181108232839j:plain

グアムにはブランド店や現地でしか購入出来ないものを売っている店はありますが、数はさほど多くありません。


タモン地区に店舗が集中しており、少し離れたところにアウトレットやマイクロネシアモールというショッピングモールがある程度で、頑張れば1日も使わずに回れてしまうほど。


個人的には狙った店舗があったりブランド物が非常に安く売っていたりするので、グアムでのショッピングは満足なのですが、ほとんどの人が物足りないと感じる事でしょう。


ハワイのような規模を想像してしまうとガッカリするかもしれません。

蒸し暑さが苦手な人

f:id:yubayashi88:20181109000453j:plain

グアムの年間平均気温は約27度。数字だけ見ると過ごしやすいように感じますが、湿度の高さと日差しの強さで予想以上の暑さになります。


湿度は雨季(6月から10月)であれば60%超えは普通。晴れてもムシムシしますから、外を数分歩くだけで汗ビショビショになります。


日本も最近は40度越えなんて珍しくありませんが、個人的にはグアムで気温30度の方が不快に感じます。暑いのは日本の40度ですが、不快なのはグアム。蒸し暑さがハンパないです。


できるだけカラッとした暑さを体感したい人は乾季(11月から5月)を選んで旅行した方がいいでしょう。

長期間滞在したい人

ネットで色々調べてみると「グアムは4日くらいで十分」という書き込みがありますが、グアム好きの僕でもそれは同感せざるを得ません。

blog.tsumoriwww.com

上の記事に細かく書いてますが、グアムは日本の淡路島と同じくらいの面積で車があれば1日も掛からずに島を一周できてしまいます。


さほど大きくない上に観光やショッピングの場所も限られているので、行きたいところに行ってやりたいことをやるには3日4日で十分なんです。


むしろそれ以上の滞在は「もう行くところがない」「食べ物に飽きた」という状況に成りかねません。ちょうどいいくらいで旅を終える事が出来る滞在日数が3泊4日という事。


「やっと日本に帰れる」より「もうちょっと過ごしたかったなぁ」と感じながら帰国した方が旅の満足度は高いですし、また来ようと思うはずです。


僕はのんびりビーチにいたいから余裕で一週間過ごせますし、グアムに何回も来てて自炊で食の工夫が出来るリピーターであれば一週間、それ以上の滞在でも楽しく過ごせると思います。


グアムでの過ごし方に慣れてない人や初めて行く人には長期滞在をオススメ出来ません。長期滞在したいのであれば、その他ビーチリゾートやハワイがいいでしょう。

ビーチやプールを利用しない人

f:id:yubayashi88:20181108225502j:plain

ビーチやプール、特にビーチを利用しない人には本当にグアムはオススメ出来ません。利用しないというか、水着にならずビーチを眺めて終わりっていう人ですね。

f:id:yubayashi88:20181109143334j:plain

中心街にあるタモンビーチでさえ上の画像のように抜群の透明度で、遠浅で波もなく過ごしやすいです。それを歩いて5分で終了というのは非常に勿体無い。


グアムの売りは広大な自然と綺麗な海ですから、それを楽しまない選択肢はないです。ショッピングや観光も多くありませんから、ビーチでのんびりしない人は一体何をしているんだろうといつも思っています。


ビーチやマリンアクティビティ、ウォータープールに全く興味がない人は、グアムの楽しみの半分を捨てて旅行していると言っても過言ではないでしょう。

現実逃避したい人

f:id:yubayashi88:20180722003202j:plain

現実逃避するために海外旅行!なんて台詞は当たり前な世の中ですが、そんな人にはグアムはオススメ出来ないかもしれません。


日本にはない匂いと綺麗な海は非現実的だし、携帯電話を切っておけば会社からの電車も掛かってきません。しかし、その非現実的さを壊す要素が一つあります。それは…


現地にいる観光客の約80%がアジア人だということ。


この数字は年や時期にもよりますが、大体はこんな感じです。全体の3割が日本人で、5割が韓国人です。


ブランド物を見ていてもアジア人がいて、ビーチにもアジア人。周りを見ればアジア人。「仕事が辛くてやってられないよ」なんて台詞を聞いた時には、一気に現実に引き戻されます。


日本語を話せる現地の人も沢山いますから、グアムにいても日本語で会話。看板も日本語表記のものが多くあります。グアムは現実と非現実の間を味わえるっていう表現がしっくりきますね。

まとめ

グアムをオススメ出来ない人を紹介してきましたがどうでしたか?流石に全ての項目に当てはまる人は旅行を控えた方がいいかもしれません笑。


ただ一度行ってみるのはアリです。旅費は安いしフライト時間も短いし、時差はないという点で後悔の程度は大きくないはず。


広大な自然と綺麗な海を見ただけで全てが吹っ飛ぶかもしれませんしね。読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク