html> head> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

禁酒するのに筋トレが効果的な3つの理由

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20180903114645j:plain

筋トレはお酒をやめる為の有効な方法の一つ

「禁酒したいけどお酒がやめられない!」「仕事が終わって家に帰ったら冷蔵庫に手を伸ばしてしまう!」と禁酒出来なくて悩んでいる方は、やめようと思ってもやめられない人。


やめようと思ってすぐにお酒をやめられたのなら、あなたはこの記事にたどり着いていないことでしょう。「禁酒」という言葉もここまで大きくなっていないはずです。


意識の変化だけで禁酒が成り立たない人は、具体的な行動に移さなければ禁酒出来ません。これは絶対です。なので、具体的に行動を移すことが禁酒の絶対条件になります。


この記事で言う具体的な行動というのが筋トレやボディメイクという訳です。


トレーニングをすることで禁酒が出来るのではなく、自分の体が変化していくのを自分の目で確かめることでお酒に対する意識を変え、自然にお酒から遠のいていく事が出来るという原理。


医者から「あなたはお酒をやめないと病気になりますよ」とか、家族に「いい加減にお酒飲むのやめてよね!」と、強制的にお酒をやめさせられることではありません。


もちろん上記の理由でお酒をやめられることもあるでしょう。しかし、納得できない理由でやめることでは後でがぶ飲みして逆に依存してしまう可能性があります。


この記事で紹介する方法は、お酒を辞めるまでには時間が掛かります。徐々にお酒に対する意識を変え、少しずつ飲む量を減らして行き、最終的に禁酒に辿り着く。


ダイエットと同じで、好きなものや習慣となっているものをいきなり辞めるのは体にストレスが掛かりますから、緩かに取り組むというのは効果的でリバウンドも防げます。


僕も毎日の晩酌は当たり前、時には昼から飲むという生活を送っていましたが、筋トレにより自然と禁酒にたどり着く事が出来ました。お酒が大好きだった僕が、今ではお酒を飲む事にマイナスの要素しか感じられていないのですから。


長くなりましたが、筋トレが禁酒に効果的な理由を紹介していきますね。

理由1、筋トレやボディメイクにお酒は邪魔な存在

f:id:yubayashi88:20180728100457j:plain

トレーニングを始めてからある程度経つと、徐々に自分の体が変わっていくのが分かるはずです。お腹周りがスッキリしたり二の腕が細くなったりとか。普段の生活では、体が軽くなったり階段を昇るのが楽になったりとかですね。


体が変わってくると、いつの間にか体の変化が楽しみになっていきます。「もっと頑張ればスタイル良くなるかな?」「もっと絞れば海でカッコ良く見えるかな?」とか。


そうなってくると、トレーニングだけでなく食事にも気を使うようになっていきます。健康的な食生活を送ることによってより理想的な体に近づく事が出来るからですね。


食事に気を使うとこまでくると、必ずぶち当たるのが「お酒は体に良いのか」という事。これはトレーニングをしている人なら必ずぶち当たるでしょう。ぶち当たらないのは自由に飲食する為にトレーニングしている人くらいでしょうか。


そして人に聞いたりネットで検索して調べます、お酒とトレーニングはどういう関係性なのかを。

トレーニングとお酒の関係性

f:id:yubayashi88:20180128211222j:plain

1、筋肉を増やして体脂肪を燃やすテストステロンの分泌量が下がる
2、筋肉を分解してた体脂肪を蓄えるコルチゾルが増える


お酒を飲むと1、2のような影響が出ます。ざっくり言うと筋肉が減って脂肪が増えるというところでしょうか。トレーニングにお酒は邪魔な存在なんです。


理想の体に近付きたいと願う人はこの事実とぶち当たった時に考えるでしょう。「汗水垂らして頑張ってるのに効果がなくなっちゃう!」と。ここでお酒をやめようか真剣に考える事が出来る訳ですね。


この時点で、トレーニングを始めていなかった頃よりもお酒から離れる事が出来やすくなっているはずです。目に見えて体に変化がで始めたという実感は、医者に「お酒をやめないと死にますよ」と言われるくらいのインパクトがあるでしょう。


ここでお酒をやめられるかはあなた次第。やめられなくても「今まで頑張ってきたんだ」と、飲む量を減らしたりすることは出来るはずです。


僕もこの要素を自らで体験したことによってお酒をやめることが出来ました。筋肥大にブレーキをかける上に脂肪が溜まっていくのが実感できましたからね。

理由2、お酒以外に飲むものや食べるものが出来る

f:id:yubayashi88:20180903193159j:plain

トレーニングにハマっていくとお酒以外に飲むべきものが出来ます。トレーニング効果を高めてくれるプロテインや、疲労回復サプリには興味が出てくることでしょう。


サプリメント以外にも、タンパク質が豊富な牛乳やヨーグルトなど、健康に良い物を摂ろうとする意識が必ず芽生えてくるはずです。


そうなると必然的にお酒は後回しになってきます。「プロテイン飲んだらお酒飲めなくなった」という風に。


もちろんプロテインやサプリは高価なものもありますから、お酒に回すお金がなくなってきますね。トレーニングが優先になると「体に悪いしお金もかかるお酒をやめよう」となる訳ですね。


また、細かな数字で減量をしている人にとってはお酒のカロリーは邪魔になります。一食に何Cal摂るかしっかりと決めている人にとっては、お酒以外で栄養を補いますから、必然的にお酒が食卓へ並ぶ優先順位は下がっていくんです。

理由3、ストレス発散になる

f:id:yubayashi88:20180722003202j:plain

トレーニングは体に良い影響を与えてくれます。今まで仕事の疲れをお酒で発散していた人が、汗をかくことにより発散できるようになればお酒の必要性が薄まるのは当然のこと。


また、トレーニングにより食生活や睡眠習慣が改善されることで、お酒で眠気を誘うという必要性もなくなってきます。トレーニングすることで血流がよくなり程よい疲労は心地いい眠気を誘ってくれます。


トレーニングをすることでお酒の必要性が薄まることは間違いありません。

まとめ

お酒をやめたいけど具体的な方法がわからない、という方は、トレーニングを始めてみることをオススメします。


本格的にやる必要性はありません、家で簡単に出来る運動から始めれば大丈夫です。体の変化に気づくことが出来た頃にはお酒の必要性が感じられなくなっていることでしょう。

スポンサーリンク