html> head> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

スウェーデンハウスはエアコンなしで夏を乗り切れるのか!?

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20180901115815j:plain:w700:h500

流石にエアコンを付けないと乗り切れない

スウェーデンハウスに住んでから初めての夏を迎えました!というかもう終わりますね笑。


冬に強いスウェーデンハウスですが、夏はどうだったのかというと、他の家よりは涼しいかなって感じ。実家がすぐ隣にあるのですが実家よりは快適でしたね。


というか今年のこの猛暑日続swではエアコン付けないと死にます笑。実際に死者も出ていますし最高気温38℃なんて日もありましたから。外出て1分で汗が吹き出してくるっていう。


そんな暑い日が続いたにも関わらず、家の中は割と涼しかったかなっていう感想ですね。


では実際にどういう風にエアコンを付けていたのか、電気代はどうだったかなどを書いていきましょう。

夏はエアコン付けっぱなしにしてた

f:id:yubayashi88:20180901121418j:plain

うちは35坪に計3台のエアコンを設置。二階は主寝室とファミリールーム、一階はリビングに設置しました。そのうち、ファミリールームのエアコンは基本24時間付けっぱなしにしました。


夫婦二人とも働いて外に出る時間が多いにも関わらず付けっぱなしです。なぜかと言うと、付けたり消したりすると電気代が余計にかかると思ったし、仕事から帰ってきて蒸し風呂になっているのが嫌だったんですね。


二階のファミリールームを付けっぱなしにした理由は、冷気が家全体に回ると思ったから。冷気は下へ下へと行きますから一階にも冷気が回って行くというのを狙いました。


f:id:yubayashi88:20180901122322j:plain:w700:h700
f:id:yubayashi88:20180901122352j:plain:w700:h700

上の画像がファミリールームのエアコンで、下が階段部分の吹き抜けです。階段部分だけでも吹き抜けにしたことで冷気が下に行きやすくなるのを狙いました(結果論ですが)


でも38℃という猛暑日では二階のエアコンのみでは冷え切りません。いくら冷気が下に行くと言っても、家庭用エアコンでは限界があります。なので猛暑日には一階のエアコンも入れないと過ごせない状況。


というか、一階はすぐに冷えて行くのですが、屋根からの熱気がすごくて二階は暑すぎます。三ヶ月点検の際に屋根裏に顔を出してみましたが、熱気がやばかったですね。夏はしょうがないらしいです。


夏は日中エアコンのあるファミリールームや一階のリビングで過ごす時間が多くなりましたね。エアコンのない部屋にも冷気は行くのですが、ちょっと蒸し暑いかなぁって感じ。


夜は寝室のドアをちょっと開けてファミリールームのエアコンの冷気を取り込めば乗り切れる程度でした。扇風機などをうまく使えばもっと快適に過ごせるでしょう。

エアコンの設定温度について

除湿や冷房など切り替えに試行錯誤しました。なんせ日本は湿度が高いのですから。

f:id:yubayashi88:20180901122932j:plain

室温は二階のエアコンのみでガツっと下がってくるのですが、湿度が下がりません。除湿マックスにしても60%から下は中々行きませんでした。


冬は乾燥しまくりなスウェーデンハウスですが、梅雨と夏は湿度が高いのはさすが日本というところ。というか日付と時刻が合っていません、まぁ良いや笑。


人間が暑さを感じるのは湿度らしいので、湿度を十分に下げることが出来れば快適に過ごせるでしょう。ただ、エアコンの除湿では十分に下がりきらなかったので、来季は除湿器を入れてみようかと思います。

電気代について

最大3台のエアコンを使いまくった7月の電気代は14,000円でした。オール電化でガンガン風呂も沸かしたし、何の制限もかけず使った割に安いと感じています。


8月は7月に比べ気温が下がったので、それに比例して電気代も下がってくれることを祈っています。

まとめ


スウェーデンハウスはエアコンなしで夏を乗り切れるのか!?という疑問を抱いてみましたが、この記録的な暑さの前では無理でしたね。


ただ、最高気温が30℃程度であれば湿度の調整のみで過ごすことが出来そうです。皆さんもエアコンを上手に使って夏を快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク