html> head> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

自動車税が一括で払えない時に試したい3つのこと

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20180506134126j:plain

納期限までに現金が用意出来ない!そんな時は…


いやぁ春だゴールデンウィークだ!たくさん遊んでお金使ったぞ!


ん?そういやなんか5月って嫌な予感がするな。5月病か?いや仕事のやる気は無くなってない。なんだっけな…


そうだ、自動車税の支払いを忘れてたー!やばい、納付書届いてるよな。


39,500円どーん!


まじでやばいどうしよう。5月31日までの納期限までにお金が用意出来ない。親に借りるか?キャッシングか?


なんて経験はありませんか?自動車税は年に一回とはいえ支払う額は少なくありませんから焦ったことのある人も多いと多いでしょう。


そんな時に思うのが「軽自動車にしておけば良かった!」って事。僕も年に一回は必ずこう思います笑。だって普通車と数万円は違いますからね。そりゃ軽自動車売れる訳ですよ。


とまぁ話が脱線しましたが、自動車税が期限までに払えない場合でも焦る必要はありません。①分割払い、②クレジットカード払い、③納期限を過ぎて納付という選択肢がありますから。


最後の納期限を過ぎて納付というのは最終手段ですので、まずは分割払い、クレジットカード払いを検討してみてください。

①分割払いにする

f:id:yubayashi88:20180513152841j:plain

自動車税務署に電話することで自動車税は簡単に分割払いへ変更することができます。ただ、分割できる回数は各都道府県によって異なりますので、電話して確認してみるといいでしょう。


まず、電話する際には自動車税の納付書を手元に用意しておくことで手続きがスムーズになります。

分割で払う理由について

用意しておいた方がいいのは分割で支払う理由について。自動車税は原則として一括で支払うことになっていますから、正当な理由がなければ分割払いを認めてもらえません。


つまり「ちょっと今月お金がなくって」という適当な理由では分割での支払いに応じてくれない可能性もあるわけですね。なので、以下のような理由を用意しておくといいでしょう。

・急な病気でまとまった収入がない
・失業した
・親の介護の為

など、止むを得ないという事情を話してみるといいでしょう。

支払い回数について

支払い回数の相談をすることになります。都道府県によっては支払い回数が決まっていたり回数の上限が決まってたりするので、ここは要相談です。


「毎月5,000円ずつなら支払えるのですが」と相談してみてください。


ちなみに、5月31日を過ぎてから分割払いの電話をしても断られる場合がありますので、5月中に電話することを忘れないでください。


支払い回数が決まり手続きが無事に終了すると、後日分割の納付書が届きますので納付しましょう。

分割払いでは延滞金が発生する


分割払いでも5月31日以降を過ぎた時点で延滞金が発生します。例えばですが、分割100回払いにした場合はかなりの延滞金が発生することになります。分割でも支払い期限を過ぎた時点から延滞金の計算は始まってきます。


ただ、すぐに延滞金が発生するわけではありません。1,000円未満については切り捨てになる計算になります。ここでは排気量2000ccの車で計算してみましょう。


大体ですが、延滞5ヶ月目の10月あたりから延滞金が発生すると思っていいでしょう。つまり、分割払いは4回までに押さえておけば延滞金は発生しない計算になります。


これは2018年度の延滞金率で計算したものですから、来年以降はまた違った計算になりますね。ちなみに計算の仕方は、滞納税額 × 延滞日数 × 延滞金率 ÷ 365になります。


気になる方は計算してみてくださいね。

②クレジットカードで支払う

f:id:yubayashi88:20180513161207j:plain

クレジットカードで支払うことにより、支払いの猶予期間が生まれます。5月にクレジットカードで支払い手続きをすれば翌月の支払いになるわけですから。


「6月にはボーナスが入るのにはなぁ」なんて方にはクレジットカードでの支払いがオススメ。先ほどの分割払いよりも猶予期間が長くなる可能性があるんです。

どうやって支払うのか

残念ながら納税書を県税事務所や金融機関、コンビニエンスストアへ持っていって「クレジットカードで支払いをお願いします」と言っても決済は出来ないんです。


クレジットカードで支払うには、パソコンやスマホなどのインターネットを使ってサイトから手続きをする必要があります。


ここで紹介するのは「Yahoo!公金支払い」での決済方法です。これは一般的なので是非検索してみてください。ちなみに僕がこれを知ったのは納付書に同封されている「知っとく情報」というチラシ?ですね。


インターネットで「Yahoo!公金支払い」と検索してサイトに入り、自動車税という項目をクリックして先に進みます。


ここでは納付書の納付番号と確認番号、場合によっては納付区分の入力が必要になります。また、クレジットカード情報も必要となるので、納付書とクレジットカードを手元に置いておくとスムーズになります。


必要項目を入力し終えると手続きは完了します。コンビニや金融機関が自宅から遠い方や、足の悪い方にとっては嬉しい支払い方法ですね。

デメリットもある

クレジットカードで支払うことでのデメリットもあるので注意しましょう。


まず手数料が掛かります。各都道府県によって異なりますが、ほとんどが324円と設定しているようです。これが高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですね。


また、納付証明書が発行されません。「証明書なんていらなくね?」と思っている方も多いと思いますが、車検を通す時に必要になります。


現在は各運輸支局、自動車検査登録事務所で自動車税の納付状況を確認できるようになった為、車検時の納税証明書の提示は原則として省略出来るようになりました


ただ、納付後間もない場合や新規登録後一年以内に登録番号を変更した車両などは電子確認が取れない場合があります。


納付してからすぐに車検を受ける方は、金融機関やコンビニなどで納付をして自動車納税証明書を受け取る必要が出てくるんです。


いつ電子確認が取れるのかという細かいところはわかりませんので、5月前後に車検を控えている方はクレジットカード払いは控えた方がいいかもしれませんね。

③支払い期限を過ぎてから納付する

f:id:yubayashi88:20180513171340j:plain

①に書いた通り、延滞金が発生するのは大体の車が数ヶ月後ですので、それを狙った支払い方法となります。また「別に延滞金発生してもいいや」という人が取る手段です。


平成30年度の自動車税が39,500円の場合、10月から延滞金が発生すると書きました。つまり9月までに支払いを済ませれば何事もなしということになります。


ただ、先ほどの分割払いと異なることは、延滞期間が長いと財産を差し押さえられる可能性があるということ。分割払いは支払いを開始していますから差し押さえられる心配はありません。


法律上では納期限から1ヶ月で差し押さえが可能なようです。つまり6月に支払いを済ませなければ財産を差し押さえられる可能性があるってことですね、おお怖い。


でも世の中には1ヶ月滞納している人は山ほどいると思いますから、1ヶ月の滞納で差し押さえられる可能性は低いでしょうね。


なんとなく僕の感覚なのですが、9月くらいまでには支払いを済ませておきたいなって感じですね笑。

まとめ

うっかり支払いを忘れがちになる自動車税ですが、早めに手続きを踏んでおけば5月中に支払いをしなくてもいいことがわかりましたね。


多分「③の支払い期限を過ぎてから納付する」が一番楽なのが現状なんでしょうが、差し押さえの心配や支払っていないという現実が嫌ですよね。


よほどの排気量でない限り延滞金は数ヶ月は発生しませんから、分割払いやクレジットカードでの支払い手続きを済ませておくのをオススメします。

スポンサーリンク