html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

洗濯物を干す場所(外干し、室内干し)を二階にするべき3つの理由

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20180504173236j:plain

実は二階の方がラク

新築一戸建ての計画で必ず話題になるのが「洗濯物をどこに干すか」という事。外干しする時の物干し竿は一階と二階どっちに置くのがいいのか悩むんですよ。


多分、単純に考えたら答えは一階になると思います。僕も「一階でいいんじゃね?」って思いました。だって洗濯機から出してすぐに干せるじゃん笑。


水回りは大抵一階に固められるので、必然的に洗濯機を置く場所は一階になります。洗濯機で洗い終わって重たくなった衣類を二階に運ぶ意味がわからなかったんです。


しかし、設計士は「二階の方がよろしいかと」という提案をしてきました。それで説明を聞いて納得、ってかなんも考えてなかったと恥ずかしくなりました笑。


結果、物干し竿を設置できるのは二階のベランダとファミリールームのみとなりました。つまり、一階では洗濯物を干せない環境になった訳です。工夫すれば干せますけどね。


実際に新築の家に住み始めてからは、洗濯物を干す場所を二階にしてよかったとしみじみ思ってます。設計士の方ありがとう泣。


という事で、干す場所を二階にすべき理由を書いていきますね。

来客の目に触れることがなくなる

f:id:yubayashi88:20180504222541j:plain

これは外干しと部屋干し両方に言えることです。三階建や二世帯住宅は例外かもしれませんが、大抵の家ではリビングを一階に設置しているはず。


部屋干しをする時はどこに干しますか?というアンケートの第一位がリビング


この通りに行くと、雨の日に部屋干ししている時に来客があった場合は洗濯物を見られるということ。もちろん急いで片付けるとは思うのですが、面倒だし時間が掛かってしまいますよね。


玄関からリビングが見える間取りである場合、宅急便などで玄関まで入られると洗濯物が見えてしまう可能性も。外干しの時も同様で、リビングや他の部屋から見えてしまうことが考えられます。


二階を完全に家族のみの空間にしているのであれば、二階に洗濯物を干せる環境を作った方が安心です。

ニオイが混ざらない

f:id:yubayashi88:20180504222642j:plain

部屋干しで避けて通れないのがニオイ。どんなに上手く干しても少なからず発生してしまう嫌なやつ。


個室で部屋干しするならまだしも、リビングで干すとキッチンや料理のニオイと混ざることになりかねません。リビングの近くにはキッチンがありますからね。


せっかくの美味しい料理も部屋干しの雑菌のニオイと混ざってしまうのは絶対に避けたいところ。部屋干しは出来るだけキッチンから遠い場所や二階がオススメになります。


それともう1つ。僕も一時リビングで洗濯物を干していたことがあるんですが、ゆっくりとしたい場所で洗濯物を見るのは落ち着かない!


たとえ同じ家に住んでいるとはいえ、家族の洗濯物がある場所でテレビを見るのは落ち着かないものですよ笑。洗濯物って結構場所を取るから狭くなるし、干したり畳んだりの作業が邪魔になりますしね。

盗難の心配が減る

f:id:yubayashi88:20180504230750j:plain

これは誰もが想像できることかもしれませんが、一階と二階に外干しするのであれば二階の方が盗難の確率は低くなるでしょう。


男の僕が言うのもあれなんですが、二階のベランダに干していた方が安心します。盗られるっていう不安よりも見られる恥ずかしさがね。


通りががりの人になんか掛けられるんじゃないかっていう風に思いませんか?笑。二階に干してればそんな心配もせずに済むんですよね。

出来れば部屋干し専用の部屋を作るべし


新築の家に住んで痛烈に感じたのが、洗濯物を干す専用の部屋を作った方が便利だということ。そんな贅沢言ってられないなんて思うかもしれませんが、あれば非常に便利ですよ。


日本はただでさえ降水量が多い上に湿度が高く、おまけに梅雨というジメジメした季節があります。室内干しをせざるを得ない状況が多いんですよね。


あれこれ考えて風呂場や脱衣場で干すと思いますが、量が多いと干しきれない場合があります。あとは、邪魔でうっとおしいのが事実です。


風通しがよく自然の木を使った部屋を作ればニオイもさほど気にならずすぐに乾いてしまいます、実際、僕の家も自然の木が水分を吸い取ってくれています。


外干しはカラッと乾いてくれるので気持ちがいいのですが、強風や急な雨、花粉やホコリの付着、盗難の心配を考えれば、一年を通して室内干しという選択肢もありです。


中々新築の家で室内干し専用の部屋を作るという余裕はないと思いますが、頭に入れておくといいと思います。

まとめ

洗濯物干し場を二階にすべき理由をまとめました。家の間取りにもよるかとは思いますが、一階が共用スペース、二階がそれぞれの部屋である家であれば二階に設定した方が無難でしょう。

スポンサーリンク