html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

ボディアタックを受ける時にやってはいけないNG行動3つ!

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20180315141135j:plain

ボディアタックにもやってはいけない行動がある?

ボディアタックって楽しいですよね!今日もガンガン汗かいて体を引き締めましょう!


そんなキツくて楽しいボディアタックですが、レッスンを受ける時にやってはいけない行動があるんです。


えーっ!そんなの知らなかった。もしかしたら無意識にやってたかもしれないし、今度からレッスン受けるのやめよう…


なんて思わないでください笑。普通にレッスンを受ける分にはなんの問題もないですから。


しかも、やってはいけないではなく、控えておいた方がいいという程度です。


やっちゃうと締め出されないけど、周りからよく思われなかったりレッスンの空気を悪くしちゃうって感じですね。


逆にいうと、これをやらなければ皆が皆楽しくレッスンを受けられるということ。


楽しく気持ちよく時間を過ごせるように、今から書くNG行動を少しでも頭に入れていただければと思います。

NG行動1、常に声を出すこと

f:id:yubayashi88:20180124221932j:plain

「声出しちゃダメなの!?」と驚かれた方も多いのではないでしょうか。だってスポーツって声を出して盛り上げていくものですものね。


まず、常に声を出すとはどういうことかと言うと、「エイッ!エイッ!」と、レッスン中に絶え間なく一定間隔で声を出すことです。


個人的には声を出して盛り上げてくれのは好きなタイプなのですが、控えた方がいいかもしれません。


それはなぜかと言うと、ボディアタックには音楽を感じるパートがあるからなんです。


どのレッスンもそうだと思いますが、ボディアタックは特に音楽の選曲に拘っています。レッスン中に「おっこの曲いい曲だな」と感じたことありませんか?


僕はいい曲だなと思うこともあれば、この曲はなんか合わなくね?と思うことがありますけどね笑。


まぁそれは良いとして、ボディアタック は一つ一つの選曲に拘っていると同時にレッスンの構成も拘って考えられています。フィギュアスケートみたいなようなものですよね。


つまり、声を出し続けることによって音楽が聴こえなくなってしまう可能性があるということ。


ボディアタック を受ける人の中には、音楽を楽しみたいと思って参加している人も多いようなんです。僕は直接聞いたことがありませんが。


声を出し続けることで、音楽を楽しみたいと思っている人から反感を買ってしまうことがあるんですよ。しかも特に声を出してはいけないところがあります。先ほど言った「音楽を感じるパート」ですね。


インストラクターが指で「シーッ」とやったり「音楽を感じましょう」と言ったら、そこは音楽を感じて欲しいパートなのです。なのでしっかりインストラクターを見ておくと良いですね。


こういうのは、常連客やいわゆるボディアタックマニアと呼ばれている方ほど敏感な傾向にあります。この前、常連客の人が「なんであの人あそこで声を出すんだろ?」って言ってましたから。あぁ怖い笑。


でも一切声を出しちゃいけない訳ではありません。基本的にピークトラックはOKでしょうし、キツイ時は自然と声を皆で出したりしてます。レッスンをやるインストラクターとジム次第といったところでしょうか。


とまぁつらつらと書きましたが、個人的には「こんな細かいこと気にしてやってらんねぇよ!」とも思います笑。僕もこんなのボディアタック始めて相当経ってから知りましたから。


これはレッスンが始まる前にインストラクターが言えば済むだけの話です。ただ、言っていないってことは、ある一部の人だけが気にしていることなのかもしれません。


あなたが一定のリズムで絶え間なく声を出していたら、ちょっと様子を見ながらレッスンを受けられることをお勧めします。

NG行動2、敢えて皆と異なる動きをする

f:id:yubayashi88:20170403213037j:plain

これはなんとなくわかる気がしませんか笑?ここで言いたいのは、間違って違う動きをしてしまったのではなく「敢えて」やっているところ。


僕なんかリズム感がないのでしょっちゅう動きを間違えるのですが、そういうのではありません。敢えて出来るのはボディアタックに慣れている人、いわゆる上級者に多いですね。完全に流れを把握しているからこそ出来る技です。


皆と違う動きをすることで「俺(私)はスゴイ」というのを見せつけたいのかもしれません。僕は「慣れてるなぁ」と思いますが、ほかのお客さんはそうもいかないみたい。


「なんなの?」とか「調子乗ってるね」とまで言われていました。怖い怖い笑。確かに違う動きをされると場が乱れますからね。


お客さんだけならまだしも、インストラクターにも影響が出ます。「違う動きをされると調子が狂う」と言ってました。まぁそりゃそうだ。


違う動きをするのは軍団が多い印象です。複数人ですね。なんでやるかって言うと、皆でやれば怖くないからじゃなくただ楽しいんですよ、やっている本人たちは。


実際楽しそうなんですが、僕もちょっとやめて欲しいなと思います。うざいとかじゃなくて、こんな動きが出来なきゃいけないのかとか、なんか仲間外れみたいとか自然に思っちゃうんですよ。


例えばですよ、僕以外の全員が違う動きをしていたら、俺だけやばいじゃないですか笑。極端ですけどね。そんなもんですよ。


ということで、敢えて違う動きをするのは控えた方が良いですね。

NG行動3、インストクターよりも先に動く

f:id:yubayashi88:20170402202730j:plain

もうこれはあるあるなのかもしれませんね。「最前列に陣取ってドヤ顔でインストラクターよりコンマ何秒か早く動く人」。


ってなんかすごく酷い言い方しました、すみません笑。最前列じゃなくても毎回インストラクターより早く動いてはいけません、インストラクラーが困るから。


調子こいてNG行動書いてきましたが、この3番目が一番困るらしいですね。調子が狂うんですって。


なんでコンマ何秒か動くかというと、無意識の人もいるでしょうが、大抵は「動きわかってるんだよ俺(私)」と優越感に浸りたいのかもしれませんね。


確かに僕も早く動くことはあります。でも、腕立ての時に少し早く跪くだけですよ?これもやばいかな笑?いややばくないはず笑。


動きがわかっていると早く動きたくなるもんなんですね、気をつけねば。

まとめ

NG行動をあげてきましたが、普通にレッスンを受けていればなんの問題もないかと思います。ジムとインストラクターによって変わるでしょうし、それぞれのジムならではのNG行動もあるかもしれません。


気にしていたら何も出来ませんからね。僕は全く気にせず楽しく自分を追い込むことだけに集中しています。皆さんも楽しいボディアタックを!

スポンサーリンク