html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

【画像あり】楽し過ぎた真冬の草津弾丸一人旅!

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20180215231237j:plain

旅館も決めずに思い付きで草津へ

2月某日「そうだ、草津行こう」と、あるCMのキャッチコピーをパクった言葉が頭をよぎり、急に草津へ行きたくなった。無性に雪化粧した湯畑を見たくなったんですよ笑。


木曜日〜土曜日まで三連休だったので、木金の平日は最高の一人旅曜日。もう完全に旅モードに入ってしまったので、妻に「ちょっと草津に行ってくる」と一言。


安全に一人旅出来るところまでこぎつけたのでいざ出発!装備は一泊分の服のみ。四駆が使えないので、ノーマルタイヤの軽自動車で草津まで向かいます。


積雪している可能性があるので、道路が凍っていたら草津温泉までたどり着けるかわかりません笑。そしたら伊香保あたりで泊まろうって感じ。


いつも通り宿は直前まで取らないスタイル。埼玉から草津まで約160㎞、道中も楽しみたいので下道で向かいますよ!


ちなみに数日前に白根山が噴火?したそうですが、草津は安全との事です。

スーパーカーで出発!

f:id:yubayashi88:20180215232244j:plain

頼りないノーマルタイヤのスーパー軽自動車でいざ草津へ!160㎞という距離なので、ナビではノンストップで5時間で到着する予定とのこと。


11時に出発して16時につく計算ですね。ちょうど日が落ちる前の湯畑も見れる時間に着けそうだ。17号線で熊谷や深谷を通って伊勢崎、沼田、渋川、草津って感じのルート。


やっぱ田舎だから道が空いててスイスイいけちゃいますね!

昼ご飯は伊勢崎市の「日の出食堂」でモツ煮定食を


ちょうど草津まで半分くらいってところで昼ご飯。せっかくだからチェーン店じゃないところで食べたいなって事で、その地ならではの料理を探すぜ!


飲食店探しには大活躍なiPhoneマップを知ってますか?

f:id:yubayashi88:20180215232845j:plain:h600:w500

知ってるよって?すみません笑。これって現在地付近のものを探すのにすごく便利ですよね。マップを開いて食べ物&飲み物をタップすると付近の飲食店が出てくるんです。


伊勢崎市で探してみると出てきたのが「日の出食堂」。調べてみると、モツ煮定食は群馬県のソウルフードらしいじゃない。


しらねー!笑


安定の食べログの評価もかなり高かったので行くことに。ちなみに17号を近くなので行きやすいですよ!


f:id:yubayashi88:20180215233756j:plainf:id:yubayashi88:20180215233823j:plain


頼んだのはモツ煮定食おかず大盛り800円。これが美味い美味い。福岡で食べたもつ鍋くらいにもつが柔らかかったですねー。


一人でテーブル席に通されたんですが、頼んでから1分くらいで出てきました笑。店内は活気があって店員さんも愛想よかったです。この味と量ならガテン系の人達が好んで来るのが納得です。


入店から車に乗るまで15分というあまりにも少ないタイムロスの割に大きな満足感を得て、残り半分を目指します。

ナビより1時間早く草津へ

伊勢崎市からはほとんど渋滞なく、スムーズに車で草津付近までやって来れました。


f:id:yubayashi88:20180215234726j:plainf:id:yubayashi88:20180215234733j:plain


画像は草津温泉から約10㎞ほどのところにある浅間酒造観光センター。色んなお酒があって試飲もできるお店です。いやぁ車じゃなかったら飲んでたのになー。


草津温泉からバスが出ているので簡単に行くことが出来るそうですね。着いたらバスに乗る選択肢も考える必要がありますね。


本日の宿探し

f:id:yubayashi88:20180224184232j:plain

旅の醍醐味は宿ですよね。僕のいつものテーマは、ビジネスホテル以外に泊まること。家に近い系の宿で現地の人の生活に触れるのが大好きなんですよ。わかります?笑まぁ草津温泉付近にはほとんどビジネスホテルはありませんがね笑。


浅間酒造観光センターでじゃらんアプリを起動し宿を探します。料金は安い順で探すと、最低4000円から出てきました。


ボロくて湯畑から近いところを探したところ、「素泊まりの宿 はなみずき」が僕の中でヒット。口コミも結構良いので予約することにしました。宿が取れたことで一安心。

草津の宿へ到着

宿は駐車場付きで湯畑へ徒歩2分という好立地!早速スーパーカーを停めて宿へ向かいますよ!


はなみずきに着くと美人な若女将が対応してくれます。暖房代500円合わせて4,500円、前払いです。

f:id:yubayashi88:20180224185345j:plainf:id:yubayashi88:20180224185355j:plain

いやぁこの昔っぽい感じがたまらないですね!部屋は二階なんですけど床はギシギシで隣の部屋の音は結構聞こえる感じですが、それがたまらん。完全に秘密基地的ですよ。


と、興奮していないであれだあれ、酒だ。あと、日が落ちる前の湯畑も見ておかないとな。

湯畑で乾杯

f:id:yubayashi88:20180224185000j:plain

この雪が積もった状態の湯畑は良いですね。気温が低いこともあって湯気がガンガン出てますよ。と、セブンでビールを買わないと。


f:id:yubayashi88:20180224185904j:plain
f:id:yubayashi88:20180224190030j:plain

安定の茶色いセブンイレブンでビールを買って近くの焼き鳥屋でつまみを買う。うむ、焼き鳥は15分くらい待った割にはまぁまぁだな笑。

西の河原公園が絶景

ほろ酔いの中、西の河原公園へ。はっきり言ってここまで美しい景色だとは思いませんでした。個人的には湯畑よりこっちの方がオススメです。

f:id:yubayashi88:20180224191008j:plainf:id:yubayashi88:20180224191029j:plain

寒い中足湯に浸かるのはなんとも言えない心地よさですね。少しずつ道をの登っていくと露天風呂があるんですが、そこも良いみたい。うっかりバスタオルとか忘れたので入れませんでしたが。


f:id:yubayashi88:20180224191231j:plainf:id:yubayashi88:20180224191254j:plainf:id:yubayashi88:20180224191307j:plain


これは夜10時くらいにきた西の河原公園ですが、もう景色がグンバツですね!紫のライトアップと水の流れる音がたまらないっす。


この時間にこの場所で告白したら間違いなくオッケーもらえるんじゃないかってくらい雰囲気良しです。ベンチもあるしね。真冬は寒そうですが。

白旗の湯でホットな湯を

f:id:yubayashi88:20180305200420j:plainf:id:yubayashi88:20180305200503j:plain

湯畑横の白旗の湯。写真は昼ですがしっかり夜に入ってきました。ほろ酔いだったのですがもちろんポーカーフェイスで入浴です。


夜の20時くらいで先客は一人。ゆっくりと入れました。ゆっくりって言っても、この類の温泉に入ったことがある人はわかるでしょうが、お湯がマジで熱い!


ほんと火傷するんじゃないかってくらい熱い。ここまで熱い必要ある?的な笑。頑張って首まで浸かることが出来ても動けないんですよ。なぜかって少しでも動くと熱いから笑。


そんな熱いはずねーじゃん!って思った人は入ってみてください。一気にゆでだこですからね。


浴槽近くにバケツがあって冷たい水があるんですが、間違っても浴槽の中にはいれちゃいけないそうです。地元民の顰蹙を買うそうですよ。「この熱さがたまらないんじゃー!」ってね。


そこまで怒られはしませんが、暗黙の了解らしいです。この水は体を冷やすために使うそうですね。マナーはしっかり守らないとね。


と、多分1分も浸かってられずに浴槽から出たのですが、ちょー気持ちいいっす!外はクソ寒いんですが風呂から出た後は半袖で過ごせるくらい。それは言い過ぎか。

f:id:yubayashi88:20180305230055j:plain

余談ですが、いくつかある公衆温泉は町民専用時間があるそうなのですが、町民以外もその時間に入浴してOKらしいです。


昔はスキー帰りにそのまま風呂に入る観光客がいたらしくて、それを防ぐために作ったそうですが、普通の観光客は利用して問題ないってことです。なんかどっかの店の人が言ってました笑。

夕食は天ぷら食べ放題!

待ちに待った夕食。もちろん宿に夕食は付いていないので自分で探しやす。湯畑付近の居酒屋に入るかなーと思いつつも、なんか今日はそんな気分じゃないなぁ的な。

f:id:yubayashi88:20180305230702j:plainf:id:yubayashi88:20180305230710j:plain

迷った挙句、湯畑付近を歩いていてちょいちょい目に入っていた「銀の鈴」へ。


新鮮な野菜を使った天ぷらがあるから結構楽しみ。ただ、入れたのがラストオーダー30分前。しょうがないと思いつつ入店。


雰囲気良しでカップル率100%。一体俺は一人で何をやってるんだと思いつつも店員のお姉さんに案内される。


なにやら地酒飲み比べセットなるものがあるらしいので、草津のおすすめ三種的なものをオーダー。蕎麦とか頼むと天ぷら食べ放題になるから蕎麦もオーダーしました。


f:id:yubayashi88:20180305231132j:plainf:id:yubayashi88:20180305231200j:plain


地酒と蕎麦が来る間に天ぷらバイキングに行くと、玉ねぎやちくわ、人参や舞茸などが並んでいたので全部取りました。


これが美味い。特に舞茸が抜群に美味い。もう舞茸オンリーでいいくらいな美味さ。


喉良いところで地酒登場。結構アルコールがキッツイけど美味い。天ぷらと合うねー。でもキツイ笑。クソ熱い温泉入った後に飲む酒は染みるねー。


ほろ酔いの中で蕎麦が登場。天ぷらと蕎麦と地酒のコンビネーションに勝てるものはある?ってくらい合うね。カップルの中で一人で楽しむ俺も凄いわ。


地酒を飲み終えたけど、飲み足りないのでビール大ジョッキをオーダー笑。やっぱりビールだね!天ぷらと蕎麦をシャクシャク、ビールをグビグビ飲みました。


f:id:yubayashi88:20180305231845j:plain


皆で食べる方が美味いって言う人がいるけど俺は一人で食べてる方が美味い。寂しい奴だなーって思うやつは勝手に思いやがれ!笑


でもこの店で思ったことが一つある。天ぷらは無限に食えない。最強の舞茸さんも油にまみれたらそう何個も食えないっす。


三十路でまだまだ食い盛りですが、先に胸焼けが来ちゃいました。予想以上に食えないっすね。ご飯とカレーでシメて退散でヤンす。


いやぁ満族満足。来て正解でしたよ。4,000円という中々の値段に「やっちまった」と思いつつもそれ以上に満足した感あり!今度は飲放題やってみよう。

宿でしっぽり。そして就寝

大満足で帰路につく俺は近くのローソンで晩酌用の酒を買います。コタツでテレビを見ながらゆっくり飲むんだ!

f:id:yubayashi88:20180307214934j:plain

天然の冷蔵庫で冷やしたビールは美味い!

せっかくだから風呂も入ることにしました。

f:id:yubayashi88:20180307215553j:plainf:id:yubayashi88:20180307215605j:plain

女将のお子さんの遊び道具があちらこちらにありました。なんか半分くらい家族になったみたい笑。洗濯機使用の紙もかなり年季が入ってましたね。


風呂は評判通り最高。木の浴槽で3人くらい余裕で入れる広さ。この宿は大当たりだな。


風呂を上がり、コタツに入って訳のわからんテレビを観ながら残りのビールをグビグビ。いやぁもう最高過ぎますね。Wi-Fiもしっかり使えました!
f:id:yubayashi88:20180307220347j:plain


この後寝るんですが、暖房つけないとめちゃ寒っすねー。2日目はなぜか二日酔いになったので直帰しました笑。

感想

冬の草津は初めてでしたが今までで一番の景色でした!来年もまた行きたい。


風呂と温泉という最強の組み合わせとイルミネーションなので、なんとも言えない幻想的な世界でした。


高速使わずに下道のみでしたが、渋滞する道でもないので案外速く到着することがわかりました。関東ではかなりおすすめな観光スポットですね。


僕は一人でどこへでもいけちゃいますが、一人旅に慣れていない方でもオススメできます。集団のお客さんが多いですがあんまり気になりませんでしたし。


旅の費用ですが、ガソリン代2,000円、宿代4,500円、食費5,000円くらい。食事を贅沢にしちゃったので結構掛かりましたが、余裕で1万円以内で楽しめると思います。


いやぁ草津最高!

スポンサーリンク