html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

車の買取業者と話していたら勝手に査定金額が上がった話

スポンサーリンク

買取金額を期待していなかっただけに…

f:id:yubayashi88:20170221180215j:plain

・車名    アルトラパン
・グレード  アニバーサリーリミテッド
・購入金額  110万円 新車 禁煙
・年式    平成24年登録
・車色    茶
・走行距離  48,000㎞
・修復歴   無 前後に擦り傷あり
・装備    純正ナビ ETC


車内はさほど綺麗ではありません。家具とかを運ぶ時にぶつけてたしドリンクホルダーなども壊れていました笑。


僕の場合は高く売りたいというより、早く引き取って欲しいって感じだったので交渉はほとんどしない予定でしたね。


2年前に買取査定をしてもらった時に45万円だったので金額的には「30万円くらいかなぁ」と踏んでいました。むしろ30万円なら嬉しいよ!的なね。


実際に買取業者と話した結果、53万円で売却することになったんです。もしかしたら交渉次第でもっと上に行けたと感じましたが話すのが面倒なので止めました笑。


今回わかったのは、買取業者の言われるがままにしていると絶対に損をするということ。悪い言い方ですが買取業者は嘘つきです。


買取金額が53万円になるまでの経緯を書きますので、これから売却する予定の方は参考程度に見てもらえればと思います。

ネットでラパンを一括査定申し込み

f:id:yubayashi88:20180302191525j:plain

定番中の定番、一括査定サイトで査定を申し込み。必要事項を入力すると鬼のように電話がかかって来ますよね。一発目にかかってきたのはビッグモーター。速い。


甲高い声の女性が出張査定をセールスしてきて、勢いにやられて明日に出張査定をお願いしちゃいました。ビッグモーターは大手っぽいし、査定金額を見てもらうだけでもいっか的な感じでOKしたんですよね。


一括査定に申し込んだのはいいものの、鳴り響く電話に嫌気がさしたのでその後の電話はスルー。なんか友達と遊ぶ約束した瞬間にやる気なくなるみたいな笑。


スルーしつつ気まぐれで出てみると大手ガリバーでした。適当に明日のビッグモーターの前後に査定入れて電話を切ろうと思っていましたが、何やら電話で査定してくれるとのこと。

電話での査定結果は…

f:id:yubayashi88:20180305144955j:plain

電話での査定なんてあり?と思いつつも、今すぐ金額が出るならやってみようと思い、営業の人に電話越しで車検証や車の状態を伝えていきました。


10分後くらいに「頑張って45万円出します」との返答。45万円ってちょうど2年前に査定してもらった金額やないか!ってか「頑張って」ってことはこれ以上は頑張れませんってことか。


でも車を実際に見ていないのに金額を出せるって色んな意味ですごい。僕が電話越しに車の状態とか嘘ついてたらどうするんだろ笑。


なので「45万円は最低でも出せるってことですよね?」って聞いたんです。そしたら「はい、そうです」とのこと。この時点で、僕がどんな嘘を付いていようが45万円はもらえるわけです、なるほど。


ここで即決しても良かったのですが、明日新しい車を見にいくから下取りの金額も知りたいし、ビッグモーターの査定もあるから保留にして電話を切りました。

ディーラーでの下取り査定

f:id:yubayashi88:20180305152342j:plain

次の日、新しい車を購入するため、あるディーラーへ。15分そこらの査定で40万円との結果が出ました。


多分僕がゴネればもうちょい上がるとは思ったのですがやめました。やっぱり買取より下取りの方が安いんですね。

ビッグモーターの出張査定

夕方にビッグモーターの査定マンが来ました。めんどくさいからここで決めようという思いの中、ここで1つ査定マンに嘘を付いちゃいました。


最低で45万円、頑張って55万円出すって昨日言われました」と。前半は間違っていないですが、後半は間違っています笑。


なんかポンと出た言葉でしたね。査定マンは「いやぁその金額は出るかわかりませんねぇ」と、内心どう思っているかわからない顔で言ってましたね。


「いくらであれば即決していただけますか?と、聞かれたので「60万円です」と強気に即答。多分そんな金額出ないですけどね。


そして査定開始。査定は15分くらいで終わったのですが、上の者に報告するということで、査定終了から20分くらい電話していました。


多分これって「いやぁ上に相談して見ましたがこの金額が限界です」っていう為の布石ですよね。そして電話が終わると「お待たせしました、出せても51万円が限界です」とのこと。


まぁそうだよな、俺が55万円って嘘ついたんだもんな忘れてた笑。でも51万円も出せるんだと思いましたね。最高で55万円ってフレーズ出さなかったら46万円くらいで止まってましたかね?


いやぁ言ってみるもんですねー。51万円出してくれるなら売っちゃおうと思い「妻に確認して後で電話しますね」と査定マンを帰らせました。

ガリバーから保留の件で電話


妻に電話が繋がらずぼーっとしている時にガリバーからの電話。保留していた件の確認電話でした。


僕は「いやぁ他に所で51万円出してくれるっていうから決めようかと思ってます」と言うと「ちょっと待ってください、上司と相談しますから」と焦った様子。


もう51万円でいいよーと思っていたら「53万円出すので譲ってください」と言って来ました。


頑張って45万円ってのは嘘じゃねぇか笑。8万円も上がっているぞ。譲って欲しい理由は、軽自動車で人気車種だかららしい。


ここで他のところで競わせればもっと金額上がるんじゃないかと思いましたが、なんか嫌だったのでガリバーで売却することに決めました。個人的にはビッグモーターの査定マンがいい人だったんで、そっちに売りたかったんですけどね。


後でビッグモーターに電話して「なんか電話かかって来て53万円で売ってくれるって言うから決めちゃました」って言ったら、「絶妙な金額ですね。私たちはこれ以上は出せません」との事。


それ以上の金額で買っても利益が出ないと踏んだのでしょうか。この発言で、最低限の金額では売却出来たのかなという確信は持てましたね。

まとめ

テキトーに話していただけで結果的に買取金額が8万円上がりました。時間をかけて交渉すればもっと上がったかもしれませんけどね。


交渉がめんどくさいってよりも、消費者としてグダグダごねるみたいなのが好きじゃないんですよね。ぼったくられないような金額であれば満足です。


あなたも今後買取業者に査定を依頼するときは、必ず複数の業者に査定してもらうことをお勧めします。

スポンサーリンク