html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

【両親への結婚報告!】挨拶までの流れや当日の服装、会話のマナーって?

スポンサーリンク

一世一代の結婚報告

f:id:yubayashi88:20180129144242j:plain

両親への結婚挨拶は一度しか経験出来ないものですよね。皆が初心者だから大丈夫。2人の結婚の意思が決まったらまずはお互いの両親への挨拶です。


よく「あんたにうちの娘はやらん!」なんてテレビドラマで見かけますが、当日までしっかりとした段取りをすれば問題ありません。


僕も当日は緊張しすぎて何を言っているかわからなかった記憶がありますが、なんとか乗り切れました。自分の経験談を踏まえて流れやポイントを紹介しようと思います。

挨拶当日までにやること

f:id:yubayashi88:20180129152032j:plain

お互いの結婚する意思が固まったら、まずはお互いが自分の両親への結婚報告をしましょう。これが一番最初です。


やってはいけないのが、自分の両親へ結婚の報告をしないまま結婚の挨拶に行くことです。いきなり「娘さんと結婚させてください」と言ったら「そんなの娘からは聞いとらん!」となる確率が高いです。


両親は自分の娘、息子から結婚の報告を受けることで、結婚することの事実を確かめることが出来るので、ここでワンクッション置くことが出来ます。


ここで結婚相手の情報を伝えておくと理解を示してくれる確率が高くなります。名前や年齢、職業や家族構成など、ざっくりでも伝えておきましょう。


自分たちの両親への報告が終わったら、相手の両親への挨拶の日取りを決めます。間違っても両親への挨拶をせずに入籍をしてはいけません。


順番ですが、最初に女性側の両親へ挨拶に行くのが一般的です。「娘さんを僕にください!」が最初ってことですね。

日時、場所を決める

彼女側の両親への挨拶。彼氏彼女どちらが両親と日程調整しても構いません。僕の場合は彼女にしてもらいました。


多分ないとは思いますが、「明日」等と急な日程調整は絶対にしてはいけません。


短くても2週間後くらい先の日程を提示すると、お互い物理的にも精神的にも余裕を持って挑むことが出来ます。


日程調整は関係性もよるとは思いますが、両親の都合を聞いて指定が無いようであれば、こちらで思い切って指定してしまいましょう。


時間は食事にかからないくらいの14時前後が一般的です。この時も優柔不断な姿は見せないように気をつけて。


次に場所なのですが大抵は彼女側の実家になると思います。最近は外で済ませることも多いようです。


僕の場合は「家にきてもらうのは悪い」と、外が良いと指定されました。2人で昼間からやっている高級居酒屋を予約して来てもらいましたね。


外だとお互いが気にせず話が出来るというメリットもあります。が、基本は家なので彼氏は行く姿勢を見せておきましょう。

手土産の準備

f:id:yubayashi88:20180129152502j:plain

結婚の挨拶には必ず手土産を持っていきますが、押さえておきたいポイントが結構あります。


手土産の相場は3000円前後。あまり高いものを持っていくと「返さなきゃ」とプレッシャーを与えてしまいかねないので、3000円前後で良いでしょう。


相手の両親の近所で購入するのはタブーです。地元が離れているのであれば自分の地元の名産を持っていくのがベスト。


一番大切なのは、相手の両親の好みを聞いておくこと。「うちの地元は煎餅が有名だから持って行こう!」と張り切っても、歯が悪かったりする場合があるので注意が必要です。


あとは、甘いものは食べないとか細かいところですね。量が多くても食べきれない可能性があります。日持ちする土産であれば間違いないですね。


とりあえず相手のことを考えて一生懸命選びました!という思いが伝わるようにすれば大丈夫です。


ちなみにのしは付けるの?と疑問になるかもしれませんが、僕は付けませんでした。


僕の手土産のオススメは洋菓子です。食感も柔らかいので間違いが無いと思います。ご両親が好きだとのことで僕はせんべいを持っていきましたけどね笑。

当日の服装選び

f:id:yubayashi88:20180129194442j:plain

服装によってだいぶ印象は変わります。やはり男性で間違いないのがスーツ。カジュアルな服装でも大丈夫ですが、派手な服装は避けましょう。


スーツで行けば間違いはないですが、親によってはスーツのブランドなど細かく見ている人もいるようです。あと、シワが寄っているのはNGですね。


髪型やヒゲなどにも注意が必要です。茶髪でひげを生やしている人でも、流石に挨拶当日だけは黒髪でヒゲは沿っていくのが良いでしょう。


第一印象で結婚出来るか出来ないかが決まると言っても過言ではありません。一世一代の大勝負ですから妥協はせずに。


僕はスーツで行きました。しっかりと前もってクリーニングをかけておきましたね。


女性は大人しめな格好であれば大丈夫です。ワンピースであれば無難ですね。

当日の振る舞い

日時と場所を設定し、スーツを着て手土産を持って自宅へ。さぁ準備は万端です。ここまで来れば大丈夫。緊張もいい味方になってくれます。


結婚の挨拶は自分たちの結婚を両親に認めてもらうことが目的です。両親とは何回か会っていても、初対面のような気持ちで元気に挨拶をし、振る舞いましょう。


まず、自宅へ到着後、両親と顔を合わせたら「今日はお忙しい中お時間をいただき、ありがとうございます」とハキハキと挨拶。


この時点では手土産は渡さず持っていましょう。居間へ通されたら指定されたとろへ座りましょう。そして手土産を渡します。


ここでの一言は「つまらないものですが」ではなく、「地元の名産品を持って来ました」とか、好みのものであれば「お好みだと聞いたので」など、気の利いた言葉を言えるよう準備しましょう。


結婚の挨拶は手土産を渡した後に言うことが多いですね、雰囲気的に。僕はなんて言ったか忘れましたが、「○○さんとの結婚をお許しいただきたく、ご挨拶に参りました」的な感じだったかと。


もう緊張して本当に覚えていません。ただ1つ気をつけたのは、まだ結婚していないことを強調すること。間違って「結婚することになりました」と事後報告にならないように気をつけましたね。


あとは「○○さんをください」と言わないように意識しました。人は物じゃないので。捉え方は人によって本当に様々なので、発言の1つ1つには注意しましょう。自分たちと年代も違うのでやはり捉え方は変わって来ます。

どのような会話をすればいい?

考えるのが、両親と一体何を話したらいいのか?ということですよね。自宅であれば挨拶を済まして少したわいのない話をして「そろそろ失礼します」と切り出すのがスマート。


僕の場合は外での会食だったので、2時間みっちり、お酒を飲みながら話す時間があったんです。今考えると2時間って長かったなぁ。


僕の中で盛り上がった話というか、間違いのない話というのが、彼女の小さかった頃の話ですね。


これに関しては、一般の健全な家庭であれば誰もが話してて楽しい内容です。両親にとっては、中々恥ずかしくて振り返ることのない娘の話をするんですから。「昔はやんちゃだったのよ」等と会話が弾むはずです。


あとは、緊張してても自分から話をすることですね。両親にとっては得体の知れない男なわけですから、娘と結婚する相手がどんな人か知りたいんですよ。


自分の仕事についてのビジョン、趣味、家族構成なんでも良いです。自分はこんな人なんだっていうのを知らせてあげてください。こういうところで今までのコミュニケーション能力が生きて来ます。

大事な話にも触れておく

たわいのない話をして終了というのでも良いですが、触れておいた方がいい話題もあります。

  1. 両家顔合わせについて
  2. 結婚式を予定しているのであれば、いつどこで挙げる予定をしているのか。両親はどこで挙げるのが希望なのか等、結婚式について


1については、お互い長い付き合いになるわけですから、両家で顔合わせをするのは一般的です。「両親からもご挨拶をしたいので両家顔合わせの機会を考えていただけたら」と、一言言っておくといいでしょう。


2についてもこの段階で話を聞いておけるとかなり楽になります。中々面と向かって会う機会がなければ尚更です。お互いの地元が離れているのであればどの場所で挙げるのかとか、話をしておきましょう。
blog.tsumoriwww.com


彼女側の挨拶が終わり、結婚の承諾をもらったら次は彼氏側の両親へ挨拶です。ぶっちゃけ彼女側への挨拶よりは難易度は下がるので、もっと軽くいけるはずです。


流れば変わりませんので、参考にして挨拶をして見てください。

まとめ

体験談も踏まえて書いていきましたが、なんとか僕も大丈夫だったので、これくらい押さえておけばあなたも大丈夫なはず。


書いて来たことは本当にスムーズに行った例です。イレギュラーなことが起きることも覚悟して挑まなければなりませんね。

スポンサーリンク