html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

ブレーカーが落ちTIGER(タイガー)の炊飯器が壊れて修理した話


スポンサードリンク

スポンサーリンク



炊飯中にブレーカーが落ちた…

12月の寒い日、いつも通りお米を炊飯していたら「ガシャン!」と強い音とともにブレーカーが落ちて全ての家電が停止し、家中が真っ暗に。


そういや炊飯器とトースターとエアコンと電気ストーブとケトル同時に使ってたんだった!


「やっちまった」と思いつつもブレーカーが落ちることには慣れていたので、真っ暗闇の中でもブレーカーの復旧作業をすぐに終えました。


電気が点きケトルが再起動する中、エアコンと電気ストーブは消しておこう、と再度ブレーカーが落ちないようにしている最中にある違和感が…。炊飯器が再起動しない!


いつもはブレーカーが復旧した後もすぐに再起動して炊飯してくれるのに「ウィーン」という心地よい音が全く聞こえず沈黙の炊飯器くん。

故障したのか確認

f:id:yubayashi88:20180107121651j:plain


マジかまだ4年しか使ってないのに。5万くらいしたのにこんなドジで壊れるなんて…と絶望。一年保証切れてるから無料ではやってくれないなぁ。


ひとまず本当に故障したのかネットで調べてみると、次の二つの確認作業が出来てきました。ちなみに、タイガー魔法瓶炊きたてのJPB-G100-KLという、今は生産終了している品番の炊飯器です。


1、しばらく時間を置いてから電源コードを抜き差しする
2、取消と予約のボタンを長押しする


このくらいすぐに復活するっしょ!と淡い希望を持って時間を置いてからコードを抜き差し!してみましたが、中央の画面の電気が点かずに沈黙。


いやいやリセットってゲームとかの機械でも良くあるから大丈夫っしょ!と。取消と予約のボタンを同時押し!…沈黙。


壊れたー!ブレーカーが落ちただけで壊れたー!ネットでもブレーカーが落ちて壊れた話なんて聞いたことないのに。まぁでも何回かブレーカー落としてるから炊飯器の方が我慢できなくなったのかな?と変な理由で自分を納得させてみる。


いや待てよ、メーカーに問い合わせれば必殺の直し方を知っているかもしれない!電話してみよう。


そんな必殺技はないと内心思いつつもメーカーへ問い合わせしてみた

メーカーへ電話、そして修理へ

ドラクエ6のサブタイトルみたいな見出しになっちまった。まぁとりあえず電話してみることに。すぐに繋がったので、品番を伝えた後に症状を話すと「故障しているため、修理が必要になります」とのこと。


やっぱりかーと思っていると、値段は税込6262円になる予定で、それより代金が高くなるようだったらもう一度僕に確認してくれるとのこと。安くて良かった。


6262円だったらすぐに修理してくれるらしい。修理までの流れは、運送会社が代替の炊飯器を持ってきてくれるから、その際に壊れた炊飯器を渡すという流れ。修理し終わった炊飯器を持って来る際に代替の炊飯器と交換らしい。


つまり、修理中でも美味しいご飯が食べられるわけだ。それだったらひとまず安心。

代替の炊飯器と修理後の炊飯器

運送会社が代替の炊飯器を持ってきてくれたので、ダンボールに入れ替えます。


f:id:yubayashi88:20180107124013j:plain


これが代替の炊飯器。思いっきり貸出用って書いてありますね。早速炊いてみると「あれ?こっちの方が美味い」。修理している炊飯器を忘れるくらい美味い。


年末とはいえ電話がかかってこないということは、最低限の料金で修理出来ているんですね。年明けに修理された炊飯器が発送されてきて、貸出用のものとはおさらば。


修理された炊飯器はピッカピカの状態で送られてきました。一瞬新品かと思うくらいにね。

まとめ

今回感じたのは、ブレーカーが落ちることで電化製品が壊れる可能性があることですね。今回は炊飯器でしたが、賃貸している部屋のエアコンとかだったらもっと高くついていたかもしれません。


なぜか僕ってブレーカー落とすときは炊飯器使ってるんですよね。気をつけないと。

スポンサーリンク