ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

合コンを否定する奴は何もわかっちゃいない

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20170720165457j:plain

合コンは社会経験が出来る最高の場

「合コン?そんなとこに来る奴はたかが知れてるよ」
「合コンに行ってまで出会いたいの?」

と、合コンというキーワードを聞いただけで拒絶する人は何か勘違いしている。そもそも合コン会場は最高の社会経験の場であって、異性をいやらしい目で眺める場ではない。合コンとは、同性の仲間と協力して異性を楽しませ、自らも楽しむ場なのだ。


もちろん意気投合した男女は次のステージへ進むことが出来るが、次のステージへ進むことができなかった人も大きな収穫を得ることが出来る。それは社会経験、今でいう人間力のアップに繋がっているからだ。

なぜ人間力のアップに繋がるのか

f:id:yubayashi88:20170720165512j:plain


まず、合コンは幹事以外の参加者はほぼ初対面はず。つまり、どこの馬の骨かもわからないやつと一定時間、一定の場所で過ごさなければならない。これは接待などのサービス業と似ている。異性との交流がない人はもちろん、経験豊富な人も十分にコミュニケーション能力の向上に繋がっていく。


しかしサービス業とは違うのが合コンだ。サービスは大抵一人に対して行なうことが多いが、合コンは集団なのだ。サシで客を落とすが得意な人も、個人プレーをしてばかりでは場の空気を壊してしまう。結果、ゴールを決められないどころかチーム崩壊の危機さえ待っている。個人技はチームプレーの中だから生きてくる。


合コンで出会った異性が自分の好みでなかったとしても、もてなしの心は忘れてはいけない。あからさまに態度に出してしまったら、せっかく集まってくれたメンバー、自分にも勿体無いことをしてしまう。どれだけ楽しい時間を過ごせるか考えて振舞っていれば、「次」の機会が生まれるに違いない。

会話力を養うことが出来る


見知らぬ壇上が席に着いた瞬間に合コンは始まる。席に着く段階で異性の顔を見ては、一瞬で今日の作戦を練らなければいけない。二時間という限られた時間でどんな話を振ったら盛り上がるのか、喜んでくれるのか。相手の性格を探りながら会話を展開できる力が身につく。

頼れる情報はまずは容姿のみ。容姿という情報を頼りに場を盛り上げなければならない。容姿から想像できる年齢、職業、好きな食べ物、趣味、性格。直接聞いた方が早いんじゃね?と年齢を聞くイカレポンチは即レッドカードだ。


年齢一つに関しても、知られて抵抗ある人もいれば抵抗ない人もいる。その見分けははっきり言って難しい。自分が生きて来た上で培った勘に頼るしかない。学生時代に聞いていた曲などを聞けば当てられるかもれない。経験を積んでいけば、直接聞かずに年齢を把握するスキルなどを学ぶことができるはずだ。


ある程度相手のメンバーが同年代の人ばっかりだったり、同じ職場の人だったら会話の難易度は下がるかもしれないが、誰が参加してくるかわからないのが合コンだ。20代の中に40代の人が混じっていたり、全然ジャンルの違う人もいる場合がある。


女性に限っては、仲間内で触れられたくないこともあるから大変。その辺を一瞬で判断して喉から声を出さなければいけない緊張感は仕事以上のものがある。一人の異性ばかりに話を振ってもいけないし、皆と共に同じ話を共有しなければいけない時もある。


場数を踏んでいけばいつの間にか自然と会話が展開できるようになっているかもしれない。

出会いたい人が参加している

f:id:yubayashi88:20170720170704j:plain
合コンに悪いイメージを持っている人も多いだろうが、そんなことはない。数千円のお金を出して決まった時間に決まった場所へ行くのは、社会人にとっては容易ではない。つまり、そこまでして参加するのは、出会いたいと思っているからだ。


合コンに参加してみると「あれ、この人全然喋らないし、料理を食べてばかりだ」と思う女性もいる。でもその人はやる気がないわけじゃない。僕らが楽しませられていないだけなのだ。高い金を出して見知らぬ人と料理を食べるなら、親しい友人と食べているはずだしね。その人も会話を楽しみたいはず。たまに例外もいるけど。


ここまで読んでくれた人は少しわかってもらえただろうか。合コンは異性をいやらしい目で見る場ではなく、酒を交えたセミナーということに。少なからず卑猥な男女のみが参加しているわけではないということだ。

合コンに前向きではない人

f:id:yubayashi88:20170720170630j:plain

合コンに対して消極的な人がいる。そんな人は、参加していい経験ができなかったのではないだろうか。出会いを求めていない相手との合コン続きであれば、さすがに「もういいや」となるかもしれない。ただ、僕の経験上、あまり「もういいや」となったことがない。


いい経験ができない人も、自分から楽しむ心を持って挑めば少し違った結果になるかも知れない。


ただ、ちょっと「外れかな」と思うことが多いのは、年齢層が若い人が集まる時。20代前半の参加者が多いと、ノリに任せてわけがわからない会になってしまうことが多い。反対に、30歳前後の参加者が多いと結構締まった会になることが多い。まぁ、この歳になると真剣になるから当然かもしれない。大人だからふざける場面と真剣に話す場面をしっかり分けられるし。


あと、合コンに対して否定的なのは、合コンに行ってまで出会いたくない、運命の人と出会えるはずがないと思っている人じゃないかな。運命の人とは自然に出会うはずだと信じてやまない人だ。


こういう人に限って「いい出会いないかなぁ」が口癖だったりする。出会いは自分が待っていてもやってくる的な。人生そんな上手く出来てない。今まで街でばったりぶつかってそれからお付き合いしたことありますか?って聞いてみたいですね。自分から出会うもんだ。


おっと、愚痴みたいになってしまった。僕は、合コンで出会うのは偶然、いわゆる運命と言える思う。一億人いる中で出会う数人なんだから。

スポンサーリンク