ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

今すぐ施設職員にタメ語をやめさせないと虐待に発展する

スポンサーリンク

崩した話し方は関係を良好にさせるが…

医療や福祉業界では高齢の方を相手に仕事をすることがとても多い。若い人なんかは自分のおばあちゃんくらい年の離れた方と接することが殆どだろう。この業界は、患者や利用者に対してタメ語で接することが暗黙の了解で許されている。看護師が「おばあちゃん、最近元気?」などと笑顔で話している姿を見るのも日常茶飯事だ。


なぜタメ語で話すかというと、敬語を使うより言葉のコミュニケーションが取りやすく、良好な関係を作ることが出来るからだ。但し、うまく使えばだ。それをサービス提供者とサービスを利用する側の双方がなんとなく理解している。時にはよく思わない利用者もいるだろうけど。


そんなメリットがあるタメ語の使用だが、個人的にはやめさせた方がいいと思っている。


それはなぜかと言うと、虐待に繋がるからだ。大げさかもしれないが可能性は大いにある。敬語を使うことで対等だった関係が、崩した話し方をすることで自分より相手が下だと脳が無意識に判断してしまう。自分が発する言葉は一字一句逃さず耳に届いているから、日常的に使うことで感情が麻痺してしまい、言葉だけでなくて対応も荒くなっていく。タメ語を使っていると、なんだか自分が偉くなった気分になるんだよね。


でも、これは全ての人に言えることじゃない。自我がしっかりしていれば自分の言葉に騙されずに丁寧な対応が出来る人もいる。崩した話し方も使いどころを間違わなければ良好な関係づくりに大いに役に立つ。僕が言いたいのは、自分の感情がコントロール出来ないと感じている人は、敬語を使うことを心がけた方が良いということだ。

タメ語だと強い言い方が出来てしまう

人間って怒ると口調が悪くなって言葉が荒くなる。こんな時こそ敬語を使った方がいい。高ぶった時に敬語を使うことで感情にセーブをかけることが出来る。「何やってんだよ!」「ちゃんとやれよ!」なんて口にしてしまうと歯止めがきかなくなってどんどんエスカレートしていく。そのうち、言葉で罵倒するだけじゃ足りなくなって手が出たりしちゃうんだ。


正直、僕も感情が高まってタメ語を使ってしまった経験がある。自分を解放できて気持ちいいのかもしれないけど、何かが弾けそうな気もした。だから危険なんだ。

一度崩すともう戻れなくなる

タメ語を使い始めると中々敬語に戻すのは難しくなってくる。慣れってのは恐ろしいもんだね。他者に注意されて戻すことが出来ていたのにそのうち注意されても戻せなくなってくる。そうなってしまう前に、最初から敬語を使う癖をつけた方がいい。新人には接遇をビシッと教えてから現場に出させるくらいじゃないといけいないかもしれない。

言葉が荒い人は対応も荒い傾向にある

これは完全に個人的な感想だけど、言葉が荒い人は対応も荒い傾向にあると思う。すごく丁寧な言葉遣いをしている人が患者や利用者の体を引っ張ったりしているのは見たことがない。表立ってはね。なんとなく比例するもんだね。順番からいうと、言葉が荒くなったから対応が荒くなったと思うんだ。将来、加害者にならないように心がけていこう。

まとめ

崩した話し方も、度が過ぎてしまうと危険な方向に向いてしまうと思う。全ての人に限ったことではないけれど、タメ語の使用は暗黙の了解ではいけないんじゃないかな。暗黙の了解になっているからこそ注意も中々できないんだ。施設や病院でも丁寧な言葉遣いを心がけるようにとなっているはずだけど、まだまだ足りないと思う。

スポンサーリンク