ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

注文住宅で値引きはしないほうがいい

スポンサーリンク

値引きはしたほうがいいんじゃないの?

大きな買い物をする時は値引きを期待しますよね。値引きの割合が大きくなると「やったー」って思いますし。ただ、注文住宅では必ずしもいい方向に向かうとは限らないと思うんですよ。

f:id:yubayashi88:20170505124032j:plain



値引きは家の質を下げることに繋がりかねない

f:id:yubayashi88:20170505124200j:plain

建売の場合は値段を下げても家自体の質は下がることはありません。それは既に家が建っているからです。値段を下げることで質の悪い機材を使用することはありませんからね。


ただ、注文住宅となると訳が違ってきます。値段が下がれば下請け業者である大工にしわ寄せがくるだけなんです。本来、100万円で請け負う工事を50万円でやってくれと言われれば手抜きしますよね。


人間ですから、割に合わない仕事であれば「適当にやってしまおう」と考えるが普通です。これが欠陥住宅に繋がる要因なんです。もちろん、機材も本来のより悪いものを使わざるを得ない場合もでてきますしね。

営業マンも頭に来る

f:id:yubayashi88:20170505124330j:plain

何度も値引きを交渉されたら営業マンだって頭にきます。値段で決めるような人ならこっちから願い下げだ!と考える企業も沢山ありますからね。今後の対応も適当にされてしまう場合も出てくるので気をつけたほうが良いです。

「値段だけで決めるようなお客様には値引きはしなくていい」と考える会社もあります。名前は言えませんが。

家は建ててからの方が長い

打ち合わせ中はこのことを忘れがちになりますよね。建てるまでは1年かからないかもしれませんが、建ててからは数え切れないほどの年月を住む訳です。営業マンとの関係が悪くなったとしてもそれは変わりませんから、なるべくお互いが気持ちよく契約した方がいいんです。


僕の妻は関西人で買い物の時は値引き交渉していましたが、家づくりの最中は一度も交渉しませんでした。これは、値引き交渉することで夫婦にメリットはないと感じていたからです。もちろん、今後来ることもないような店で会ったらガンガン値引きしていたでしょうが、相手とは一生付き合う関係になるので、目先のことだけを求めても仕方がないと踏んだのでしょう。


目先の快楽で後々の対応やメンテナンスが雑になっても困りますからね。

まとめ

友人たちとの会話でも「いくら値引きしてもらった?」なんかの会話にもなりますし、大きな値引きしてもらった俺すごい!みたいな話も聞きます。正直、羨ましい反面、気にしてもしょうがないなって思うようになりました。買い物の価値は値引きの額だけではないと思いますから。

スポンサーリンク