人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

パソコン素人の僕でもプロフィールムービー作れたので、是非とも自作することをオススメします!

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20170409195113j:plain

自作の決め手は費用削減とオリジナリティを求めたから

結婚式の打ち合わせで避けて通れないのが、プロフィールムービーを作るかどうかということ。業者に頼むと「なんでこんなに高いの?」って思いますよね…僕の場合は5万円以上だった記憶があります。多分、エンディングムービーと合わせれば10万くらいはしたでしょう。


僕たちは費用削減の為に自作することに決めました。業者に頼んでもよかったのですが、自分たちの要望がどこまで通るかとか、失敗した時に後悔すると思ったんですね。ただ、自作するって張り切ったのははいいものの、動画なんて一度も製作したことない


でもまぁ大丈夫っしょ!って思ってました。

まずは写真集め

f:id:yubayashi88:20170409195238j:plain

動画を作成する上で必ず必要となるのが写真ですよね。でもね、昔の写真が少ない少ない!親に聞いてみても「小さい写真なんか少ないよ」とバッサリ。僕が小さい頃はインスタントカメラ?だったので、現像してあるものだけでした。


プロフィールムービーは生い立ちが重要なので、小さい頃の写真は重要ですね。だからこれから子どもが生まれる予定の方は沢山写真を撮っておいた方がいいですよ!後々「なんで小さい頃に写真撮ってくれなかったの!?」って子どもに言われちゃいますから。


最近の写真はスマホやデジカメで保存していたので、量は沢山ありました。動画を作成していくと実感すると思いますが、写真は沢山あった方がいいです。案外、使えそうにないなって思うものでも当てはまったりしますからね。友達にも聞いて沢山集めちゃいましょう。

制作を始めたのは納品の2週間前

f:id:yubayashi88:20170409195254j:plain

おいおい納品の2週間前から制作始めるってどんだけのんびりなんだよ!って感じですよね。しかも動画作ったことないのにですよ?プランナーには「初めてで2週間前から作り始めたのに、あのクオリティーなのはスゴイです」って褒められました。プランナーは本当に間に合うのかヒヤヒヤだったそう。


編集ソフトは使わずにMacのiMovie で製作しました。Windowsだとムービーメーカーですかね。パソコン持っていない人は買っちゃうことをオススメします。業者に頼んで5万円以上かかるなら、パソコン買って自作した方が得じゃないですか?笑


しかし、張り切ったのはいいものの最初は全く使い方がわかりませんでしたね。画像すら入れられない有様。ただですね、今はネットで調べればなんでもわかる時代なんです。サクッとググればすぐに作成方法がわかりますから。


動画の入れ方や見せ方、次の写真に映らせる時間など操作方法がわかった途端にめっちゃ凝っちゃいました。「いや、ここはの長さで最後は自分の顔が映るように」とか「ここの間にこの写真入れた方がいいよな」とか、すごく夢中になっちゃいました。


その辺の編集などは今度違う記事に書きたいと思います。

1週間で作成終了

f:id:yubayashi88:20170409195735j:plain

結構凝った割に1週間で5分間のプロフィールムービーが完成しました。結構時間がかかるという話を聞いていたので思いの外早かったですね。適当に画像と音楽入れるだけなら一日で終わったかと思います。


感想としては、自作してよかったなぁって素直に感じましたし、幼い頃の写真を振り返りながら妻と二人で作れていい思い出になったと思います。業者に頼むと見せたい写真も映らなかったかもしれませんしね。動画作成の方法も身につけることができ、費用削減にもなって一石二鳥でした。


実際に結婚披露宴にて上映しましたが「あれ業者に頼んだでしょ?いくらかかったの?」と、自作したことはバレませんでした。結構凝ったのでクオリティーは高かったのかもしれませんね。かかった費用は、動画を焼くために購入したDVD代の数百円のみです。

まとめ

「プロフィールムービーは作りたいけど費用は抑えたい」って方は思い切って自作することをオススメします!素人の僕でも業者に頼んだと間違われるくらいのクオリティーが作れたので大丈夫。長い時間で有料ソフト使えばもっといいものが出来たのかなと、若干の後悔はありますけど。


自分たちで納得したものが上映されるという気持ち良さも味わえるので、打ち合わせで悩んでいる方は自作することを決めちゃいましょう!

スポンサーリンク