ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

毎日10個の卵を茹でる僕が最強のゆで卵レシピを教えます!

スポンサーリンク

f:id:yubayashi88:20170308191701j:plain

半熟、完熟の作り方!黄身も真ん中です!

毎日10個って茹ですぎじゃないの!?って質問が飛んできそうですが、それは置いておきましょう。それだけ卵は肉体改造やダイエットにピッタシってことなんですね。


ではっ!様々な方法を試した中で僕が一番オススメするレシピを書いていきます。

用意するのは鍋と、Lサイズの卵(何個でも)と、卵が浸るくらいの水


1、 まず、茹でたい卵が全部入る鍋を用意して沸騰させます。そこに卵を入れるのですが、冷やした卵を入れるとひび割れの原因となるのでできれば常温がいいですね。手で入れると底に勢い良く卵が当たってひびが入るので、お玉に乗せてゆっくり沈めます。



2、全て卵を入れ終えたら蓋をせずに3分待ちましょう。入れる卵は(何個でも)と書きましたが、入れる卵が多すぎると沸騰が止まります。沸騰が再開した時点で3分計りましょう。



3、 沸騰している3分間は菜箸やお玉などで卵をコロコロと転がします。こうすることで黄身が真ん中に来るんです。たまーにコロコロするだけで大丈夫ですよ。僕はめんどくさいので一回しかやりませんが笑。これでも真ん中に来てる気がします。



4、 3分経過後に蓋をして待ちます。ここで半熟にしたいか、気持ち半熟にしたいか、完熟にしたいかで待ち時間が変わります。半熟は7分気持ち半熟は10分完熟は18分後に取り出します。



5、それぞれの時間で取り出したら水で冷やして冷蔵庫へ。完成です!やったね!ここで各茹で時間の出来具合を少し書きます。


半熟卵

剥いた時に白身がまだ柔らかい事を確認できるはずです。割ってみると黄身がトロッと落ちて来る感じです。冷蔵庫で冷やしてもトロッとしてる感じは残っているので、料理に崩して入れるのがオススメですね!

気持ち半熟

剥いた時はしっかりとしたゆで卵って感じですが、若干半熟さは残っています。しっかりとした食感を味わいたいけど、モソモソした感じは嫌だよ!っって人にオススメ!

言わずと知れた完熟!

サンドイッチやタルタルソースを作るのに適しています。これぞゆで卵!って感じですね。お子さんのお弁当に入れてあげてください。


SやMサイズの卵は少し早めに取り出してください

レシピの表記はLサイズの卵です。半熟や気持ち半熟の卵を作る時、取り出す時間を1分早めてください。完熟は問題ないです。



f:id:yubayashi88:20170308193539j:plain
僕のオススメは半熟卵。しっかりとしたゆで卵ですが黄身が固くないので食べやすいですね。半熟が一番消化に良いとのことなので、病気の時などに最適だと思います!

スポンサーリンク