ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

ボディアタックの楽しさを知った僕の体は勝手に引き締まり始めた

スポンサーリンク

楽しく痩せることができるなんて最高だっ!

もっと早くボディアタックに出会いたかったと、本当にそう思う。ジムに通い始めて12年、僕はなんて無駄な時間を過ごしていたんだ!!そう思うくらい楽しい。これで更にジム通いのモチベーションが高まった。


いやはや熱くなってすみません。僕はボディアタックの良さを伝えようとしていたんだった。ハマったらジム通いが楽しくなりますよ!ダイエットに最適で、体がみるみる引き締まります。一石二鳥!いや軽く三鳥はあるかな?

そもそもボディアタックって何だ?

ボディアタックはレスミルズプログラムの一種で、エアロビクスによく似た有酸素運動を中心としたフィットネスです。

ボディアタックは運動強度が非常に高く、定められた時間内に絶えず動き回ります。簡単にいうと、スクワットやプッシュアップなどの筋トレ、ランや踊りにも似た動きをやりまくる運動です。

とはいえ、しっかりとクラス分けされています。15分、30分、45分、60分のクラスがあり自身で選ぶことができますので、初めての方も安心です。



ふむふむわかったわかった。そもそもボディアタックをやることでどんな効果があるんですかね。

脂肪燃焼効果が期待出来る

ボディアタックは有酸素運動です。一定時間以上続けると糖質ではなく脂肪をエネルギーとして使い始めるんです。つまり痩せますね!

その運動を続けると心臓が一度に送り出す血液の量が増えます。それにより善玉コレステロールが増えるので、生活習慣の予防にも役立つんです。

また、ボディアタックには筋トレも含まれています。筋トレによって分解した脂肪は有酸素運動を行うことによって更に燃えやすくなるんですよ。筋トレによる筋肉増加で基礎代謝もUPしますしね!

60分間のボディアタックの消費カロリーは大体500くらいと聞いたことがあります。個人差がありますけどね。

物凄い爽快感と達成感

僕はこれを味わうためにやっているようなものです。僕は体重を増やしたいのでボディアタックは向いてません笑。

なぜやるかって…達成感を味わうためじゃわ!

はっきり言ってボディアタックはクソ辛いです。60分のやつは地獄。最初は意気込んでやるのですが、中盤に差し掛かると「早く終わってくれぇー!」と時間を気にするようになります。

しかし、最後のストレッチを終えると、絶望的な疲労感の中にとてつもない達成感が待ってます。この達成感がたまらない!なんか顔だけ知ってる参加者の方ともハイタッチなんかして、何か皆でやり遂げた感も味わえるしなんじゃこりゃぁ!って感じです。僕は絶望的な疲労感も大好きなんですけどね。なんか生きてるって感じ。

流れている曲もノリノリで良いですよ!知っている曲が流れると思わず口ずさんじゃいます。

運動能力の強化

ボディアタックのレッスンは運動能力の強化に長けています。ブロのバスケットボール選手も練習に組み込んでいるくらいですからね。激しい動きをすることによって瞬発力や持久力が高まるんですね!

僕もバスケットボールをやっているので、ボディアタックをやった後はコンディションがいい気がします。

ジムの中で知り合いが出来る

これはどのレッスンにも言えることですが、頻繁に参加するようになると参加者の人と知り合いになれます。特にボディアタックはキツイですから、苦しみを分かち合った仲みたいな感じで、団結力みたいなのも生まれてきますね。

知り合いが出来ると更にモチベーションが高まってきますよー!

ジムに継続的に通えるようになる

自分のためだけにやる筋トレより、皆で参加するレッスンがあればジムに行く用が出来ますよね!ハマるとボディアタックのために予定を立てるようになってきます。週に一度受けるレッスンがあるだけでモチベーションの維持になりますよ!

どこでレッスンを受けられるの?

レスミルズジャバンと契約しているフィットネスクラブでレッスンが受けられます。入会の時にレッスンがあるか確認すると良いですね。大手のコナミさんが契約を終わらせてしまったのが残念ですが…

ちなみに僕はJOYFITというジムでレッスンを受けています。JOYFITのインストラクターは良くないという話を聞きますが、そんなことはないですね!どこのジムも上手い人とそうでない人はいますから。

JOYFITは全国展開しており、入会すればどの店舗でも利用できるという利点があります。国内旅行の最中も受けられるという事ですね笑。
ということでオススメです!

まとめ

ボディアタックはレッスンの中でもキツめですが、体の引き締め効果とストレス発散には最適です!ダイエットで悩んでいる方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク