ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

介護の仕事は誰にでも出来る?転職を考えているあなた、ちょっとまった!

スポンサーリンク

誰にでも出来そうだよね。

人手不足だから雇ってもらえるよね?

おばあちゃんを少し介護したことあるから自信あるよ!

 

こう思って介護への転職を考えている方も多いはず。そんな方は是非読んでみてください。

 

介護職って誰にでも出来るよね?答えは…

 Yesです!結論早っ!

てか誰にでも出来るんかYo!流れ的にNoだろ!って思いませんでした?笑

 

「よっしゃあ!職がなくなったら介護やろうっと」って考えている方すみません、これは半分Noなんです。正確にいうと

「誰にでも出来るように見える」であって「誰にでも続く仕事ではない」のです。

 

 

なぜ誰にでも出来るように見えるのか

 

それは、高齢者や身体障害者、知的障害者など、意思を上手く伝えられない方を相手にしているのが理由の一つです。雑な食事介助、排泄介助、入浴介助などをしても、喋ることの出来ない方ならばクレームを言うことができません。

 

「でも高齢者なら言うことが出来るよね?」

そうです、言うことができます。

 

しかし、クレームを言ったら何かされてしまう、申し訳ないなどの気持ちから、言うのを押さえてしまう利用者がたくさんいるのが現状です。

 

そういった方は現場の職員ではなく相談員に相談するケースが多いですね。僕も相談員でしたがそのようなケースは多々ありました。あとは、認知症状などがあると言えないですよね。

 

 

つまり、介護が上手い方と上手でない方の差が見えにくいんですね。介護は生身の人間を相手に食事や排泄、入浴等の日常生活全般の世話をします。昨日までシステムエンジニアの仕事をしていた人もなんとかこなせてしまうでしょう。(システムエンジニアの方すみません…)

 

ただ、昨日までシステムエンジニアだった人と、ボディメカニクスを習得している人の介護の満足度には雲泥の差が生まれます。この差は経験者であれば分かってしまいます。介護は簡単ではないのです。 

 

 

介護は誰にでも出来る!これは半分がYesで、半分がNoです。Yesの風潮に流され、軽い気持ちで介護職に就いてしまうと大変な思いをするので気をつけてくださいね!

 

 

誰にでも続く仕事ではない理由

毎日、食事や排泄、入浴など、日常生活の繰り返し。変化がない一連の流れに価値を見出せないとただの単純作業になってしまいます。「私は何やってるんだろう」と8時間の労働時間が苦痛に感じてしまいますね。

 

誇りを持ってないと続くものではないですね!ただ、誇りを持ってやっていても続かない職業でもあります。

 

価値を見出せない人の多くは「試しに介護やってみるか」と、目標を持たずに職に就く人です。介護することの楽しみややりがいを感じれず早期退職する結果となってしまいます。

 

また、経験者で日々、やりがいを感じて仕事をしている人も長く続かない場合があります。介護は仕事出来が数字では出ず、先ほど言った通り介護が上手な人とそうでない人の差が見えにくいからです。

 

仕事の出来が判断できないから給料の差も殆どありません。経験年数の多い仕事の出来ない人より、即戦力の新人の方が給料が低い場合も多々ありますね。「真面目にやっても意味ないじゃん」と辞めてしまいますのが現状。

 

そしてやはり、仕事内容自体プラスに捉えにくいのも要因の一つです。利用者は何かに向けて成長していくというより、いかに現状を維持していくかということがメインになります。守りの仕事姿勢はやりがいを感じづらいかもしれません。

 

 

 これから介護職に就こうと考えている方へ

 

つらつらとマイナス面を書いてしまいましたが、とても楽しい仕事ですよ!酒井法子さんのニュースで少し印象が悪くなりましたが。何事も生半可な気持ちではいけないんですね。

 

 

給与面でも見直しがされつつあります。入社一年目から全国の平均年収を超える会社も多くありますよ。

 

これを読んでくれた方は検討してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク