html> タイトル ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

介護大好き

何泊がベスト?グアム旅行は3泊4日以上してはいけないたった2つの理由とは!?


スポンサードリンク

スポンサーリンク



f:id:yubayashi88:20171129235350j:plain

「何泊すれば楽しめるのかわからない…」

「一週間じゃ長すぎるよね?」

 

未知な場所への旅行は、どれくらいの時間滞在すれば満足できるのかわからないもの。海外だと土地勘がなく想像も付かないので余計に迷ってしまいますよね。

 

僕自身も最初は何泊するか非常に迷いました。

 

滞在時間は長すぎても飽きて帰りたくなりますし、短すぎても時間に追われて観光やショッピングが十分に楽しめません。

 

  • グアム初心者は3泊4日にすべき2つの理由
  • 4泊5日以上でも楽しめる人とは?
  • グアムへ持って行くべき必需品
 
自身の経験を踏まえて上記3点をまとめました。この記事を読めばあなたが組むべきグアム旅行のプランがわかります。
 
海外旅行はお金と時間が掛かるので後悔したくないですよね。恋人や友人、家族と大切な時間を過ごす為にベストな滞在日数を把握しておきましょう!

 

 グアムは3泊4日で充分すぎるほど楽しめる

f:id:yubayashi88:20190228222513p:plain

初のグアム旅行は3泊4日で組むのがベスト。

といえ、出国日と帰国日のフライト時間によっては滞在時間の差が出ます。2つのプランについて細かく説明します。

  •  悪条件(現地滞在時間が短い)プラン
  午前 午後
1日目 日本 フライト
2日目 自由時間 自由時間
3日目 自由時間 自由時間
4日目 フライト 日本

悪条件プランは、日本を夜に出発し、グアムへ深夜に到着します。帰りはグアムを午前中に出発して日本へ昼に到着するというプランです。

 

1日目と4日目が移動の時間になる為、グアムの滞在時間が短くなります。実質、2日目と3日目の2日間しか遊ぶことが出来ないという解釈で良いでしょう。

 

出発日がゆっくり出来て、帰国した次の日も仕事や予定がある人にはオススメなプラン。

 

このプランはツアーの基本となっています。フライト時間を変更し、現地滞在時間を長くするには追加料金を支払う必要があります。

 

  • 好条件(現地滞在時間が長い)プラン
  午前 午後
1日目 フライト 自由時間
2日目 自由時間 自由時間
3日目 自由時間 自由時間
4日目 自由時間 フライト

好条件プランは、日本を午前に出発してグアムへ昼過ぎに到着。帰りはグアムを夕方に出発して日本へ夜に到着するプラン。

 

悪条件プランに比べて現地で滞在する時間が長くなります。丸々2日間プラスαの滞在時間といったところでしょう。帰国時間が遅いので次の日が仕事だと気が重いですが、休みであれば問題にはならないと思います。

 

先ほど言った通り、このフライトプランにするには追加料金を支払う必要があります。

同じ泊数でも滞在時間を長くすると料金が上がるわけだね

じゃあどっちにすれば良いの?」という疑問が湧くと思うのですが

 

 悪条件プランでOKです。

 

お金と時間に余裕がある人は好条件プランでもOK。しかし、最初は4泊5日以上の滞在はオススメしません。

 

飽きないような工夫を出来る人だったり、いつまでも過ごせる人は問題ないですが、グアム初心者は工夫が出来ずに飽きてしまう可能性が高いです。

 

ではなぜ3泊4日がベストなのか。その理由をたった2つだけにまとめたので一緒に見ていきましょう。

 

理由1、丸々2日あればグアムを制覇できちゃうから

f:id:yubayashi88:20171105175257j:plain

2日間自由に行動できる時間があればグアムを満喫できます。「えっ本当?」って思ったあなた、本当です。

 

グアム島は実は日本の淡路島より少し小さいくらいで、日本の都道府県の大きさには遠く及びません。つまり、1日と掛からずにグアムを周りきれるのです。

 

グアムは。タモン地区とアイランドココス島を楽しめばほぼグアムを満喫できたと言っても過言ではありません。

 

  • 1日目

タモンビーチでのんびりし、午後からトロリーバスに乗ってアウトレットやKマート、マイクロネシアモールを周ってショッピング。ディナーショーの後はglobeという有名クラブへ行く、という観光コースを組めばほぼタモン地区は制覇。

 

  • 2日目

ツアーで透明度抜群なアイランドココス島へ行き、アクティビティを存分に満喫。夜はフリーなのでまたタモン地区での買い物やグルメに時間を当てられます。

 

ということで、2日もあればグアムの主要観光地を周る事が出来てしまうのです。他にもハガニアやチャモロなどマニアックな場所もありますが、リゾート気分とショッピングを楽しむのであれば充分です。

 

 理由2、グルメに飽き始めるから

     f:id:yubayashi88:20171012121725j:plain

 これはマジです。飽きがこないような店選びが出来る方や、ホテルで自炊する方は当てはまらないかもしれません。

 

僕の場合ですが2日目からグアムの食に飽き始めました。最初はどこに何があるかわからないですし、「とりあえずハンバーガーとかステーキでしょ」みたいなノリで行きますからね。

 

「ジャンクフード好きだから飽きない!」と自信満々な人もダメですよ。日本と違って味付けが違いますから。

 

砂糖バッシャー!のケチャップどっさー!なのでマジで飽きます!

 

やっと日本食が!って思っても、アメリカンチックな味付けなんですよね。もう出汁の効いた味噌汁が恋しくなるんですよ。

 

 もう3日目くらいから「もうあっさりしたものでいいや」となる可能性が高いんです。マクドナルドやラーメンなどのジャンクフードが大好きな僕ですらそうですからね。

 

食に飽きると日本に帰りたいモードになってくるんですよ。なんなんでしょうかねあれって。ふと歩いていると、醤油と砂糖とみりんと出汁の効いた食事が食べたくなるんです。

 

百歩譲って現地の食事に我慢できるのが3泊4日程度なんです。早い人は1日目で飽きてしまうかもしれませんね。

 

店の選び方などを知っていれば別ですが、最初は中々上手くいかないもの。グアム旅行2回目くらいから良い店を探せるようになりますよ。

 

4泊5日以上でも楽しめる人とは?

f:id:yubayashi88:20190313190959p:plain

時間やお金に余裕がある人なら長く滞在したいと思うはず。グアム初心者は3泊4日で十分ですが、その中で長期滞在が可能な人の特徴を挙げてみました。

POINT
  • 海やビーチが好きな人
  • 観光やショッピングではなくのんびりしたい人
  • 観光地以外も巡りたい人
  • 自炊できる人
  • 蒸し暑さに耐えられる人

海やプールが好きでのんびりしたい人であれば大丈夫かと思います。しかし、食事選びや自炊がうまくできないと帰りたい気持ちが優ってしまうかもしれません。

 

また、サングラスや日傘が手放せず、露出のない服しか着る事のできない人も難しいかなと。 

blog.tsumoriwww.com

↑の記事に当てはまらない人は3泊4日以上にチャレンジしてみても良いでしょう。ちなみに僕のベストな滞在日数は4泊5日です。

 グアム旅行の必需品はクレジットカード

f:id:yubayashi88:20190301114831p:plain

グアム旅行で欠かせないのがクレジットカード。

 

なぜ欠かせないかというと、カード社会であるグアムはクレジットカードがないと困るからです。

 

ホテルのチェックインやレンタカーを借りる際に提示を求められることがあり、クレジットカードを持っていないと高額のデポジットを徴収される可能性があります。


また、グアムはクレジットカードが社会的な信用を表す身分証となるので、所持していないことで不利益を被る可能性がります。更に、クレジットカードは現金よりもリスクが少ない上、以下のようなメリットがあります。

メリット
  • ポイントが貯まる
  • 現金にはない盗難保険がある
  • 飲食店の10%前後の割引
  • 買い物、食事の支払いが楽
  • 現金が足りなくなったらキャッシングが使える

  「クレジットカードを持っていくのは怖い」と思うかもしれませんが、実は逆なんです。現金をなくした時は泣き寝入りをするしかありませんが、クレジットカードは全てのカードに保険が付いているので、万が一紛失や盗難にあった時の被害はほぼゼロに近いでしょう。

 

その他、支払いが楽になったり割引サービスが受けられるという特典があります。現金よりもクレジットカードを持っていた方が安心。グアム初心者ほどクレジットカードは旅の助けとなってくれることと思います。

 

 グアムに特化したクレジットカード3選の記事を貼りますので、グアム旅行初心者はチェックしておきましょう。

blog.tsumoriwww.com

クレジットカードは大切な恋人や家族を守り、旅行をより満足したものにすることが出来る重要なアイテムです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

グアムは2泊3日でもイケる!という情報がありますが、バタバタしてしまうので最初は3泊4日の方が無難だと思います。料金もさほど変わらないので時間のある人は3泊4日がオススメです。

blog.tsumoriwww.com

2回目からは楽しく観光できるかと思います。「楽しかった、また来ようね!」という会話になるよう楽しんできてくださいね!

スポンサーリンク