ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

マンネリも必要だという事

スポンサーリンク

僕はダウン症の方と接する機会が多々あります。

 

その人は『8時だヨ!全員集合』のDVDが家で流れると、何かの途中でも、テレビの前にやって来るんです。

 

もうこのDVDは何千何万回と見たはずなんですよ。何回も見てると笑いが起きるタイミングもわかるし、つまらないはずなんですよね。

 少なからず僕はそう思いました。

 

 

でも、その人は違うんです。

 逆なんです。

 

 

 

何が起きるかわかっている方が安心するんです。

何分何秒にこの人がこのセリフを言うのが楽しみだとか、全て把握していますし、それが楽しみなんだとか。

 

 

 何が起きるかわからないワクワク感より
何が起きるかわかっている安心感を優先するんですね。
だから新しい映画も見ません。

 

 

僕は「うーん」と思いました。新しいことしようよって。

 

でも、実際、無意識に当たり前の行動に安心している自分がいる事に後々気付きました。

 

 

これは、当たり前に生きていると忘れがちな感情ですね。

 

 

 

 

マンネリしないためには!と世間で言われていますが、マンネリでいいこともたくさんあるんですね。

 

 

 

 

去年、ダウンタウンの松本人志さんが、和田アキ子さんの落選などで世代交代の進んだ紅白歌合戦について発言していました。

「マンネリをやめてしまったら、紅白の良さが何一つない」と。

 

 

なるほど。

 

先日の『ダウンタウンのはしご酒』という番組で和田アキ子さんと共演した際も、同じような発言をしていたんです。

 

当たり前のことを楽しんでいるという感情はどうも忘れがちになります、無意識に。

 

僕も小林幸子さんが出ていた紅白が好きでしたから笑

 

 

世の中は秒単位で変わっていきます。その流れに追いつこうとして色んなものを変えてしまうと、取り戻せなくなってしまうものもあるんですね。

 

スポンサーリンク