ページ コンテンツ

人生を飲み尽くす

人生は美味い

スポンサーリンク

「お客様は神様」をやめよう。

スポンサーリンク

客が店員を怒鳴り散らしている光景を見かけたことありますか?

 

嫌なんですよあれ。

 

ソファで踏ん反り返って「何考えてんだコノヤロー!」って怒鳴っている客と、「申し訳ありませんでした」って懸命にあやまっている店員を見るの。

 

 

しかも

自分の生命や経済に対してさほど影響のない理由で怒っていたりする。

心の狭い客だなぁと思うけど、その反面、そうさせている日本の風潮も絶対にあるんですよね。だから余計に悲しくなる。

 まぁ実際は店員に落ち度がある場合もあるけど。

 

 

日本は昔から、お客様は神様なんて言葉が根付いていて、実際、僕も上司から教えられてきた。

 

 

まず、こんなものはやめた方がいい。今後、上司が部下に教えるのも禁止しよう。

 

こんなことがいつまでも根付いているから

 

サービス提供者〈  消費者

 

って勘違いしてしまう人が増えるんだ。

お金を払っている方が偉いと無意識に思ってしまう。 しまいには「お客様は神様なんだろ!」って店員に怒鳴り散らしちゃう人もいるし。

 

神様はそんな小さなことで怒らないよって心の中でツッコミますけど笑

 

 

海外に行く機会が増えると尚更そう思う。

全ての国に言った訳では無いけど、サービスを提供してやってるんだから金払えよ!ってスタンスの国が多い。強気。

チップ払わないとあっちいけみたいに追い出されることもある笑

 

 

日本の高サービスに慣れていると「マジかよ」って最初は思うけど、その国の雰囲気だしそれがナチュラルだから悪く思わない。

時に、心地いいと感じる自分もいる、

 

なんか上手くサービス提供者と消費者の関係が出来ている感じ。

 

 

本来、サービス提供者と消費者は対等なはず。

お金とサービスを交換するだけ。お金を払ったからってなんでも言っていい事にはならないよね。

 

 

おもてなし精神は日本のいいところだけど、過剰なサービスやサービス提供者の低すぎる姿勢はやめなきゃいけない。

変に丁寧な接客をされると逆に気を使うし、嘘の笑顔は人を幸せにしない。

 

 

理不尽な客が減れば、もっと社会で頑張ってみようかなと、ニートから脱する若者も少なからず増えるかもしれませんね。

 

 

 とりあえず

店員を土下座させて、それを動画で撮るような行為が無くなるのを願うのみです。

 

 

 

 

スポンサーリンク